« 2018年2月 | トップページ

2019年1月

2019年1月13日 (日)

あんた、いっぺんさあ。

おはようございます。
仕事が詰まっているあまり、
逃避として真夜中にブログを更新している黒羊男爵です。
え、大丈夫なのかって?
大丈夫なわけないじゃないですか。
締め切りは明後日ですよ?
……「まだ何もしていない」という名の白色の広大な原野。
(→jun様、こんな状態なので、コメント返しができず、申し訳ありません(土下座))

まあ、そんな感じで、自分の「生きてる価値」を
自問自答しがちな毎日ですが、
先日、第三者からも言われてしまいました。

「あんたさあ、いっぺんさあ、
死んだほうがいいんじゃないのかい、ははは」

……これ、字面だけ見ると酷いな……。
ええと、場面的にはそこまで酷くはなかったです。
週末の、天気のいい日の昼下がりの公園で、
光合成中のニコニコしてるおじいさんに
のんびり言われただけなので。

以下、そのときのやりとり。
「俺、いろいろありまして、ここんところ、
自分の価値とか、生きる意味とか、見失いがちなんですよね」
「そりゃあ、大変だあ」
「生きる意味ってなんでしょうね……。
とりあえず、足の爪とか見てみるんですけど、
なんか、生きる意味が見いだせなくて」
「ははは、あんた、変なところで見出そうとするねえ」
「え、そうなんですか、みなさん、足の爪 見ませんか?」
「見ないねえ、俺は少なくとも見ないねえ」
「では、どこを見るんですか?」
「俺は、額かなあ。最近、めっきり薄くなってるからねえ」
「あー、それは切実かもしれませんね」
「切実だあ。眼に見えるからなあ」
「はあ」
「お棺に入る時に、いい男でいたいからなあ」
「えっと、その後、燃えちゃうんですよね?」
「まあなあ、みんな、灰になるなあ」
「その際、あるかどうかはどうでもいのでは?」
「どうでもよくねえだろう、生きる意味だあ」
「そうなんですか」
「そうだあ」
「はあ。足の爪とあんまり変わらないような気もしますが」
「大違いだあ。
あんたさあ、いっぺんさあ、
死んだほうがいいんじゃないのかい、ははは」

「へ?!」
「俺は事故で死んだんだけども、
あんとき、やっぱり、大事だと思ったけどなあ。
まあ、死ねばわかるわ」
「……ちょっと待ってくださいよ」

ここまで来て、俺はとてつもないことに気付きました。
この光合成中のおじいさん。
本当に光合成中なのか?
確かに俺は妖怪が見えるけれども、
このおじいさんも、もしかして。

「えっと、すみません、現在進行形で人類の方ですよね?」
「昔は人類だったなあ」
「ええと……今は?」

「けぶらし、って呼ばれてるなあ」

「あああああ! 人類じゃない!」
俺は発作的に立ち上がり、叫びましたが、
通りかかった親子連れは俺だけを見て、
「眼を合わせちゃ駄目よ」とか言って
足早に去ります。
親子連れは、にこにこと大きく手を振ってる
おじいさん(風の存在)はガン無視です。

「見えてないのか……」
「俺が見えるなんて、あんたは稀な人だあ」
「――それはよく言われますけど。
珍しいって言われますけど。
変わってるって言われますけど。
一応、俺はまだ人類です(のはずだ)」
がっくりと、俺はベンチに座りなおしました。
またかよ。
また、妖怪に人として生きる道を説かれてしまったよ。
(以前 座敷童にもダイエットしろとか言われてる)

「まあ、あれだあ、やっぱり死ぬと、
生きてるっていいなあって、思うもんだ」
「……そうなんですか」
「お日様があったかいとか、風が澄んでるとか、
あの猫かわいいとか、お茶がおいしいとか、
そういうの、わかるのは、生きてるからだあ」
「死ぬとわかりませんか」
「まあなあ、死ぬと、乾いて、冷たいからなあ」
「はあ。今も乾いてるんですか」
「死ぬのをやめて、けぶらしになってからは、
そんなことはねえなあ」
「よかったですね」
「ああ、よかっただあ。
あんたもけぶらしになるかい?」
「遠慮します」
「生きてるうちはな。そのほうがいい」
「はあ」

「今日はいい天気だあ」
「はい」
「それだけでいいんじゃないかい」
「そうですかね」
「お日様が笑ってる。
それだけでいいんじゃないかい」
「……そうかも、しれないですね」
おじいさん(風の妖怪)はやっぱりニコニコと笑いました。
俺は、なんだか泣きそうになり、
それから自販機へ行き、あったかい、
「どうぞ」
缶入り汁粉を購入して、けぶらしに渡しました。
けぶらしは、
「やっぱりあんたは、いいひとだあ」
と言って、汁粉を嬉しそうに飲みました。

「最後にひとつ聞いていいですか」
「なんだあ?」
「けぶらし、ってあんまり聞いたことないんですけど、
どういう意味ですか? 誰がつけたんですか?」
「一番大事にしてるもんだ。俺が自分でつけた」
「はい?」
「毛とブラシだあ」
「――身も蓋もねえ!」


以上、ホラ九割程度で。
天気のいい日に暗い顔で公園のベンチに座ってると、
けぶらしがやってきて、頭髪の重要性を教えてれます。
え、生きる意味を教えてくれるんじゃないの?
けぶらしにとっては、生きる意味=毛とブラシ です。
生きる意味って、人それぞれだよね。
俺にガンガン仕事の催促の電話してきてる人も
意味があって、生きてるよな。
ブログランキング参加中にて、
「あー、それは着信拒否したいねえ」と俺に同情的な方、
「あー、それは重要だよねえ」とけぶらしに同情的な方、
「あー、それは大変だよねえ」と催促している人に同情的な方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
でもさあ、思うんだけど、別に意味がなくてもよくない?
生きてればそれでよくない?
有意義だったり、偉かったりすることなくてもさ、
こうして俺のブログ読んでくれるだけで、
あなたがいてくれて嬉しい、俺はそう思います。

2019年1月 5日 (土)

嫌われたのかもね。

どうもこんばんは、
広告の「ルンバ売ります」を「ルパン売ります」と読み、
「へー、さすが新年、怪盗を売るのかあ」と感心していた
眼と頭のどちらか、もしくは両方が可哀想な黒羊男爵です。

え? 年に一回しか更新しない人が、もうまた更新してるって?
つまり二年分ってことじゃないですかね?

今回も神様ネタです。
ていうか、一回の初もうでで ネタがいくつもある状況を
どうにかしたいよ!

ええとですね、俺のオーナー(最寄りの氏神様)は
そこそこ大きな神社でして、
境内に小さな神社がいくつもあるんです。

で、俺は今年 オーナーへの祈願で「やっちまい」まして
(祈願を「やっちまった」ブログ:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2019/01/post-034a.html
「お願いします、みなさん、オーナーにフォローをお願いします!」
と、小さな神社全部にお賽銭を投げ入れて、
自分のミスをどうにかリカバリーしようとしたのです。

したらね。
ある神社の前でお賽銭を入れて、さあ、祈願、というときに。
「きょ、拒否されてるー!!」
こんなことってあるの?!

証拠の画像:(ブレブレですみません)
K0120097

お賽銭がお賽銭箱で止まってる!
いわば、祈願の着信拒否!
もはや、金も要らねえ、おまえは帰れ、的な。

えええ、俺の今年ってどうなっちゃうの……。

これでも一生懸命 生きてきたのよ、それなりに。
(それなりに、というところが正直者で人でなし)
もうちょっと、話くらい聞いてくれてもいいじゃないのよ!



以上、ホラ一割程度で。いや、真実九割って痛いな……。
神様にも着信拒否されるって、
俺ってどんだけダメな人なの……。
まあ、いいけど。それでも気にせず生きるけど。
(「めげない・反省しない→ダメな人」の無限ループ)
ブログランキング参加中にて、
「うわあ、神様に正月に断られる人、初めて見た!」と感心した方、
「まあね、神様だって選ぶ権利があるよね」とシビアな方、
「偶然、偶然だよ! 強く生きていこうよ!」と根拠なく適当な方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
まあ、確かに、神様にも選ぶ権利はありまするね。
忙しいお正月、ろくでなしよりも、いいひとに祝福をと思うのは、仕方ないよね。
みなさまもよいお正月をお過ごしください。

2019年1月 4日 (金)

何事もないからと言って、何も起きないわけではない。

あけましておめでとうございます。
とてもとてもお久しぶりです、
祖父の代からの由緒正しいホラ吹き・黒羊男爵です。

そうなんです、最後のブログ更新から約一年。
俺は一体何をしていたのでしょうか。
ねー、こんなに時間があったんなら、
ロボットの一体や二十体作って、
世界征服やってても不思議はないよね?

しかし、驚愕の正解は。
……――働いてました。一年、働いてました。

え、みんなも働いていたって?
普通、生きていくために働くでしょ、って?

違います、物量が「普通」とは違います。

たとえて言えば、
「ビッグマ〇ク」と「ハンバ〇ガー」は、同じ、
「ハンバーガ〇」族です。
ですが、サイズが違います。
「ビ〇グマック三個食べた」と「ハ〇バーガー三個食べた」では
偉人度が違います。

そもそもの発端は、
去年の正月の初もうでにて、
「オーナー、仕事運(=金運の意味のつもりだった)をあげてください!」
(パンパン)としたことでした。
 ※ オーナーってのは、最寄りの氏神様のことです。
はい、俺は神様は一切信じていませんが、
過去のいきさつから、オーナーだけは信じています。
(無神論者の男爵の過去に何があったのか、
 興味がある方は「オーナーと男爵」カテゴリーの過去ログを見てね)

オーナーはね、
俺のオーナーは一言で言うなら、
「とても仕事きっちり!」なんです。
言ったことはやる・頼まれたことはやる・礼儀は守れ、みたいな。
だから、オーナーは去年、あの正月の人の渦の中から、
ちゃんと俺のお願いを聞き届けて、きっちり叶えてくれました。

……ええ、おかげで、俺は、過労死ラインを見ましたよ!
去年はゴールデンウイークも夏休みも、
クリスマスだってありませんでしたよ!
睡眠時間4時間が一週間続いたときは、
さすがに「俺はこのまま死ぬのかもしれない」と思いました。
え、いま世間はお盆で帰省ラッシュ?
俺は栄養ドリンクを傍らにキーボードを乱打してますが、なにか?
え、いま世間はクリスマス?
俺は糊と紙にまみれて、発送作業をしていますが、なにか?
こんな忌まわしい記憶の一年でした……。
いや、忙しすぎて、肝心のその記憶も、
ところどころしかないが……。

ブログ更新されていない=男爵の人生に何事も起きていない
(だからきっと)
=何も起きていない、わけではありません。
むしろ逆。
いやだああ、こんな働いてばかりの人生、いやだああ!

狂乱した俺は、今年の初もうでを、
もう去年の九月くらいから待ってました。
あの忌まわしい「仕事運」祈願を上書きできる機会を。
そうです、今度こそ、間違えません。
オーナーには「仕事=お金が欲しい」場合は、
「(日本人的な婉曲的な表現で)仕事が欲しい」と
言ってはいけないのです。
そりゃもう、
青竹を日本刀で二つに割ったみたいな真っ直ぐな人(?)ですから。

だから、お金が欲しい場合、うちのオーナーには、
「働かないで手に入るお金が欲しいです!
 犯罪に関係ない・誰も死なない・綺麗なお金が欲しいです!
 可及的速やかに日本円でお願いします!」と言うべきなのです。

で。
やってきました、今年の一月一日。
俺は人ごみの中、小金を投げて、オーナーに直訴しました。
「お金、感謝、働く、ない!」

はい。
これから一年を決める祈願だという緊張のあまり、
俺の脳内日本語は崩壊してしまいました。
これだけ読むと。
「お金に感謝します。働くことはないことを願います」。
=無職宣言じゃねえかよ!!
不労所得依頼じゃねえよ!!
……今年はどうなってしまうのでしょうか……。

オーナーは、俺の祈願の意図をどこまで読んでくれたかな?
すみません、俺、過重労働はやめてほしいけど、
無職というのもやめてほしいと思います。
収入がないと、死ぬんで。
いまからもう、今年が怖いよ!
今年ってまだ、4日目だけど!
あと360日以上あるけど!
今年、早く終わって! そして、また初もうでに行かせてください!


こんな感じで、また心からの叫びになって、
今回は終わりです。
ホラは八割程度です。
つまり、祈願部分はノンフィクションってことですね。
その他の部分はどこまでホラかは内緒です。

ブログランキング参加中にて、
「あー、まー、神様もさあ、
 お金欲しいはよく聞く願いだから大丈夫じゃない」と肩ポンしてくれる方、
「いちいち願いなんて聞いてないでしょ、
 そんなに神様に相手にしてもらってないから」と適当な方、
「あー、やっちまったね、うん、今年はもう終わりだね」と情け容赦ない方は、
下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

ちなみに、祈願以上に緊張する毎年恒例の「くじ引き」ですが、
初詣前にお風呂に入り、鳥居の下で一礼し、
出来る限りの礼を尽くした結果、
「吉」(普通に一本だけ引いた・番号も執事と違った)でした。
でも、くじの件がなくても、祈願の件があるし、
オーナーと俺って、なにかしら、起きてしまうよな……。

« 2018年2月 | トップページ

たわごと

  • 黒羊男爵の書評
  • たわごと
フォト
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ