« お宝物語。 | トップページ

2017年8月 6日 (日)

締めておこう、財布の紐と社会の窓。

こんにちは、昨日 執事に
「今年の夏の我が家のレジャーはなんだ? 夏らしく冒険したいな!」と言ったところ、
「三国志がよろしいですか? ワンピースがよろしいですか?
お好きなほうを全巻 借りてきます」と言われた黒羊男爵です。
え、ウチのレジャーってインドアなの?
ていうか、買ってくれるんじゃないんだ?
借りてくるんだ?
レンタルなんだ……。

今日は一部方面にご好評につき、
初代黒羊男爵、つまりじいさまの話をまたしたいと思います。
話題はズバリ、

「なんでじいさまはホラを吹き始めたのか」です。
そうです、そもそもじいさまがホラを吹き始めなかったら、
オレのメンタリティも存在していないわけで、
けっこう重要な話、かもしれませんね。

その昔、じいさまがまだ若かった頃、
日本は戦後の焼け野原でした。
東京でも家はまばらで、
仮設の自分ちの敷地がどこまでかもわからないような状態で
じいさまは日々暮らしていました。
その頃、じいさまは留学した際のツテもあって、
アメリカ軍から来る物資を売りさばいて
細々と生きていました。
毎日、生きるのが精いっぱいの生活の中で、
「なんかこう、楽しいこと、ないかな」と思いながら、
その日を送っておりました。

そんなある日、じいさまは物資の中に
画用紙とクレヨンを発見します。
いつものように売りに行こうと思いましたが、
ふと
「そうだ、子供たちにあげたらいいんじゃないか」と思い付きました。
その頃、じいさま自身、生きるのが大変でしたが、
それ以上に、親を亡くした子供たちは生きるのが大変でした。
病気になる子供もたくさんいました。
元気がない、苦しむ子供もたくさんいました。
だから、じいさまは自分が「楽しいことないかな」と思うように、
子供たちに楽しいことをあげたらいいんじゃないかと思い、
公園にたむろしている路上生活の子供たちに、
画用紙とクレヨンを届けることにしたのです。

子供たちの中には、クレヨンを生まれて初めて見る子もいました。
「好きな色で好きなものを描くんだよ」
「描いていいんだよ」
言われて、子供たちははじめ、びっくりして動きませんでしたが、
じいさまはあいまいな記憶をたどりながら、
子供たちの前で地面に画用紙を広げて、
動物を描いて見せました。

すると何人かの子供たちがクレヨンに手を伸ばし、
やがて全員が画用紙に向かって
力いっぱい絵を描き始めました。
伝聞では、食べ物の絵が多かったそうです。
あと、怖い絵。
火事の絵や人が死んでしまう絵や、大きな渦のような絵。
それは、子供たちの心の鏡でした。

やがて、じいさまは画用紙とクレヨンが手にはいる都度、
子供たちに届けるようになりました。
子供たちもクレヨンを握っている間は空腹を忘れ、
一心に絵を描きました。
その中に、言葉が不自由な子供がいました。
お母さんを亡くしたショックで声が出なくなってしまったのです。
その子は、いつも黒や赤で塗りつぶしたような絵を描いていましたが、
ある日、空色のクレヨンを握り、動物の絵らしきものを描きました。
「なに描いたの?」
他の子供たちは興味をそそられて、動物の名前を尋ねました。
それは、空色の鼻の長い、ゾウに似た、でも牙のない動物でした。
その子は首を振ります。
名前が出てこないのです。
涙が一滴、その子の頬を伝いました。
そのとき、じいさまは発作的に言いました。
「これはあれだよ」
「え、なあに?」
「あれだ、ほら、妖怪だよ」
「妖怪?」
「そう。涙の重さを食べる妖怪だよ」
露流し、とじいさまは言いました。
「そんな妖怪いるの? 聞いたことない」
「いるよ。悲しい涙の重さを食べてくれる、いい妖怪なんだ」
じいさまは子供たちに向かって露流しについて話し始めました。
露流しは、甘いお菓子が大好きで、
子供が大好きで、
泣いている子供の涙の重さを食べてくれて、
少しだけ楽にしてくれる。
ゾウに似てるけど、ゾウじゃない。
でも長い鼻で水を吹き上げて、噴水を作ることもできるよ。
じいさまは、もう思いつくがままに、その妖怪について話しました。
時には笑い話を交えて、
時には悲しい話を交えて、
その子がその動物を描くたびに、
描いた妖怪について語ったのです。

それから、じいさまは画用紙とクレヨンがなくても、
公園へ行くようになりました。
行く都度、じいさまは子供たちが驚くような話をしました。
日本海の海底を歩いて中国へ渡った話。
月の表面にあるお菓子の話。(月は白い甘いお菓子でできているんだよ)
春になると目覚める花の精の話。
地面の下に住んでいる太鼓をたたく小人の話。
そして、たくさんの妖怪の話。
じいさまは画用紙とクレヨンの代わりに、
ホラを吹いて吹いて吹きまくりました。
食に事欠く子供たちに、
ホラとユーモアと心のゆとりを贈り続けました。

こうして、とあるホラ吹きの家系が始まりました。
その家系は
だいたい人としてはロクデナシで、
常に金銭と縁がなくて貧乏で、
どうでもいいことで大騒ぎし、
なんでもないことで大ホラを吹き、
フィクションと現実の見分けがつかず、
ちょっと天然が入っていました。
ですが、初代から伝わった心意気だけは守られていました。
「忘れない、ホラとユーモアと心のゆとり」
そうです、それだけは我が家の誇りです。
最初のホラは、自分の為ではなく、他人の為のホラでした。
ですから、最上のホラとは、自分の為ではなく、
誰かのためのホラです。
誰かを、くすっと笑わせるホラです。
まだまだオレはその域に達していません。
人生修行あるのみ、ですね。


以上、ホラ九割程度で。
え、この感動秘話は九割がホラ?!
ですから、言ったじゃないですか、ウチはロクデナシの家系だって。
そこんとこはホラじゃないですよ、大丈夫です。
え、だいじょばない(By Perfume)って?
まあまあ、あんまり細かいことは気にしないでください。
ホラとユーモアと心のゆとり。
忘れないでいきましょう。
ブログランキング参加中にて、
「……騙された」と思ったピュアな方、
「こんなことだと思ってた」と予想してた常連の方、
「平常心だから、これくらい大丈夫」とストロングハートの方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
じいさまから伝わった、本当の口伝は、
「締めておこう、財布の紐と社会の窓」です。
この血が滲むよーな口伝から察するに、
いろいろ事件があったんだな、じいさま(のズボン)にも。

« お宝物語。 | トップページ

じいさま物語(初代黒羊男爵の話)」カテゴリの記事

妖怪話」カテゴリの記事

コメント

今日も人のためのホラ(9割)、ありがとうございました。
露流しの始まりも分かり、楽しく読ませていただきました。
そして、財布の紐と社会の窓は、ぜひとも締めておいてくださいね。

jun様、こんにちは。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。
口伝に背いて、財布の紐は緩みがちですが、大丈夫です。
何も入っていないので!
(もはや財布の意味がない。ただの空の巾着袋)
私生活が凄まじく混乱しているため、なかなかブログに着手できませんが、
できるときに、ポツポツとエントリーを上げていきたいと思います。
またぜひ遊びにいらしてください。
コメントありがとうございます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/65627723

この記事へのトラックバック一覧です: 締めておこう、財布の紐と社会の窓。:

« お宝物語。 | トップページ