« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月 2日 (月)

三度目のミラクル。

前回までのあらすじ:
 大変、双方にとって残念なことだが、
 黒羊男爵は神様を信じていない。あの世も信じていない。
 だが、そんな男爵でも祈りたいときはあり、
 (激甚災害発生時や新年など)
 そういう時には、「オーナー」のところへいくことにしている。
 オーナーとは、男爵の最寄りの氏神様であり、
 まあ、つまり、名実ともに、男爵の「オーナー」なのである。

あけちまって、めでたくないです。
はい、今年は毎年恒例の年末のフライング年越し宣言もできませんでした。
熱が38度超えてな……でもインフルじゃないっていうミラクルてな……。
年越しの時、執事が寝室にあいさつに来たらしいのだが、
熱のせいで、覚えていない。まったく覚えていない。
今も、まだ熱は下がりきっておらず、
眩暈がします。
でもこれくらいなら、いつものことなので、平常運転です。

さて、そんな体調の中、
「でも行かないわけにはいかないでしょ」と年始恒例の
オーナーへの挨拶に行ってきました。
もうフラッフラになりながら、行ってきました。
そしたら、「ここは千葉にあるのに東京とつくランドか?!」と
怒鳴りたくなるような、参拝客の行列。
寒空の下、余裕で2時間待ち。
無理です。体調悪いのに、そんなん無理です。
オーナーのところへ這うように行っただけでも勲章物なのに、
待つなんて無理。
だから、境内で手を洗い、口をすすぎ、
「オーナー、今度の平日にもう一度来るから!」と念じて、
厄除けお守りとくじを購入しました。
そうなんです、つまり、参拝していないんです。
裏口から入って、
もらいたいもんだけもらってくるという山賊のような暴挙。
これ、とっても失礼なんで、絶対マネしないでくださいね。
オーナーと男爵の親しい関係(一時期毎週通ってた)だから
許される行為なんで。

で、問題のくじなんですけど。
そうなんです、厄除けお守りはもういいんですよ。
オーナーが全力で厄払いしててこの状況なんで、
もう300円のお守りとしては、十分もとを貰ってるので。
問題は、1回100円でひけるくじのほうなんです。
神社って、場所によっては「オーナー不在!」のお社もあるらしいんですけど、
わたしのオーナーのところは、ちゃんとオーナーがいて、
くじを引く毎回、
「ちゃんとおまえを見てるぜ!」というサインを送ってくるんです。
え、意味がわからないって?
じゃあ、下記の日記をご覧ください。
去年のオレが体験したミラクルが記載されています。
 http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2016/01/post-34e2.html

そんなわけで、
オーナーにはくじで
「一番の大吉」をもらったこともあるし、
「おとしだま付き」をもらったこともあるし、
まあ、今年もなんかあるのかな、とは思ってました。
でももう、ネタが尽きたでしょ。
さすがにおとしだま以上のミラクルがあるとは思えない。
そう思って、今年も、執事とくじを引きました。
そしたら。
オレ:「はあ、今年は「吉」かあ。まあまあだな」
執事:「わたくしも「吉」でございますね。
    ええと書いてある祝詞は――」
オレ:「?!」
執事:「どうかなさいましたか?」
オレ:「ええええっ?!」
執事:「なんでございますか?」
オレ:「オ、オレのくじの祝詞と、いまお前が読んだ祝詞、
    同じなんだけど……」
執事:「はい?」
オレ:「一言一句同じなんだけど! ちょっとおまえのくじ見せろ」
執事:「おっしゃられている意味がわかりませんが。
    はい、わたしくは、38番の吉 でございますよ」
オレ:「……オレも、38番の吉 なんだけど……」
執事:「はいい?!」

なんと、並んだ二つのくじの箱から、
それぞれ別人がひとつずつくじを引いて、
「おんなじもの!」を引き当てたのでした!

こんなことって、ありえるの?!
だって、メッチャ一杯くじ入ってるのに、
念入りにかき回して、「てや!」って一個引いたのに、
隣の人間と同じくじひくなんて、
確率的にどうなの?!
38番の吉 ってことは、少なくとも、
一つの箱に38個は入ってるってことでしょ。
そしたら、二つの箱からおんなじものを引く確率は、
ええと、38×38で、1,444分の1なんだけど!
少なく見積もっても!

……オーナーは見てました。
俺が山賊のよーに、欲しいもんだけもらって、
挨拶しないでそそくさと帰るのを、
全部 見てました。
間違いない。
だって、このオーナーのところで、くじでミラクルすんの、
三回目だよ?!
いっくら、神を信じない俺でも、さすがに、
「見られてる……」って思うでしょ!
それとも、オレってチョロイひとなの?
実は、こういう体験、みんなもしてて、
ごく当たり前のことなのかな?!
教えて、偉いひと!


以上、ホラ0.2パーセント程度で。
ええええ、くじの確率よりも多いじゃん!
あのね、みんな、神社ではちゃんと参拝しようね。
オーナーたちはちゃんと見てるよ。
ちゃんと、「こいつはきちんと礼儀を尽くした」
「この野郎は山賊だな」「こいつは適当だな」って把握してるよ。
あんなに大勢の人間の中で!
ちゃんと個別認識して、個別対応してるんです。
大みそかから三が日まで徹夜で! 何千年も!
凄いね、さすがに、今回は、
「オーナー……すげえ」と思いました。
ブログランキング参加中にて、
「ごく普通の体験だよー、わたしもあるわー」って方、
「え、これって普通に奇跡じゃない?」ってオーナーを信じそうになった方、
「いやいや、偶然だから、絶対ただの偶然だから」とオーナーを否定する方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
いや、俺はいまでも、神様は信じてませんよ?
でも、オーナーのことは信じてますね。
今年も厄除けお守り買いました。
ちゃんと参拝しなくて済みません。
風邪が治ったら、出直して参拝するので、
赦してください、オーナー!

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »