« 若きU君の悩み。その2。 | トップページ | ブログの途中ですが、ここで個人的な速報です。 »

2016年8月14日 (日)

若きU君の悩み。その3。

前回までのあらすじ:
 彼女欲しいよ! 結婚したいよ! でもゲット方法がわからないよ!
 と、わりかしマジに悩んでいた黒羊男爵の友人・U君(仮名)。
 悩んだ挙句、解決方法として、「男爵に頼むよ!」「よし、頼まれた」となりました。
 で、戦略分析の結果、具体的なアクションとして、
 「料理が上手で笑いどころが同じ、フォロー上手」な女性を求めて、
 U君と男爵は料理教室へ通うことに。
 果たして、料理教室で好みの彼女をゲットはできるのか……?!

「まず最初に言っておきたいのだが、
心得として、「料理は女性の仕事」という考えは捨てろ」
料理教室への電車の中で、わたしは厳しく言いました。
「イマドキは男子も料理するし、子育てだって参加する。
これから君は「料理上手な人を求めて参加」ではなく、
「自分が料理上手になって、いいひと見つけたい」という
前向きな志望理由で、料理教室に通うのだ」
「俺が? 本気で料理するの?」
「当たり前だ。
ていうか、自分で料理できないって、どういうことだ?
どこの世界にシマウマが獲れないライオンがいる?
自分のご飯くらい、自分で作れなくてどうするのだ。
かく言うわたしは、自己流だが、料理はできる。
炊き込みご飯から、から揚げ、パスタ、等
一通りはできる。
というわけで、
わたしは「すでに料理はできるけど付き添い」という立場で参加する。
メインは君にならないといけないからな。
君は、一生懸命、料理上手を目指せ。
それが、遠回りなようでゲットへの近道」
「そうなの? そういうもんなの?」
「わたしに任せたんだから、信じろ」
「わかったよ」
「ところで、先生のブログは読んできたか?」
「うん、全部 読んできた」
と、仕込みは万全です。

わたしたちが通うのは、U君の住まいの沿線にある
「エリコの週末限定・お料理大好き! 教室」です。
週末のみに個人宅で開催されるこじんまりとした料理教室で、
すでに社会人になっている女性が多い可能性大。
さらに言えば、
エリコ先生のブログがおもしろくて、ファンがいるっぽいので、
お笑い好きな人が多い可能性も大。
沿線なので、近場の話題にも乗れそうな可能性大。
わたしがネットでググりまくって選びました。
さすが、わたし。なかなかいいポイントです。
さっそく、エリコ先生宅に到着し、エプロン姿になるわたしとU君。
「今日は、かぼちゃの南蛮煮と鶏のから揚げを作ります~
からっと作ってね、から揚げだけに。おっと、オヤジが出ちゃいました~
こういうときは~ひっこめ、オヤジ! って大声を上げてね~」
エリコ先生のギャグで「ひっこめ、オヤジ!」と声が上がり、
笑いが湧きます。
「男性って、少ないんですね」
まずはわたしから、隣にいた和風美人に話しかけます。
和風美人は「そうですね」とうなずき、
「今月は男爵さんとUさんだけみたいですね。
先月までは違う方もいらしてたんですけど、
ご結婚されて、転居されたみたいで」
と言いました。
おお、ライバルが一人減ってる! これは幸先が良い。
「具体的に計画がある人はいいですねー」
と言って、U君に視線を振るわたし。
いいか、次に君に話題を移すぞ。
「U君もわたしもなかなか、ご縁がなくて。
ただ、U君はやっぱり将来を考えて、
料理ができるようになりたいって言いましてね。
ひとりじゃなんだし、わたしも一緒にこちらへ通うことに」
「あら、Uさんも男爵さんもフリーなんですか?」
「U君はひとりの人を大切に思うタイプなんで、
なかなかたくさんのひとを行き来するような付き合いができないんですよ。
真面目なんです」
「……ははっ、真面目というより不器用なんです」
U君は汗をダラダラかきながら言いました。
いいぞ、棒読みだったけど、内容的にはいいぞ。
そこですかさず、かぼちゃを切そこねて、浅く指を切るU君。
「いたっ!」
「ね、不器用でしょ」
「本当に」
和風美人がくすくすと笑い、教室のメンバーがみな
「なに、どうしたの?」
「彼、不器用なんだって」
「あー、最初はみんなそうよ」などと会話します。
うむ、いい流れだ。無理なく話題の中心になれている。
「では~かぼちゃを下ごしらえします~
おっと、その前に、鶏肉に下味をつけておきましょうね~」
エリコ先生のレシピはどんどん進んでいきます。
わたしは手早く、絆創膏を巻いてもらったU君はおっかなびっくり、
作業を進めます。
ここらで、なにか会話が欲しいな。
U君、ほら、話せ。視線で促します。
U君がぎこちなく、
「け、けっこう楽しいですね」
和風美人に言うと、美人はニコニコっと笑って、
「楽しい先生でしょ?
お教室も明るくて、お料理もおいしいの。
先生のブログ、面白いんですよ」と言いました。
グッドチャンス! いまだ、いけ、U君!
「じ、実は、ぼくも先生のブログ読んだんです」
仕込み通り、わたしの思惑通り、会話が進みます。
「犬の話は笑いました」
「ああ、ブチ犬の話! わたしもあれ、大好きなんですよ」
「犬が可愛いですよね」
「でしょ、プチ君って言うんですよ。大型犬なのに」
「名前とのギャップが」
「楽しいですよね」
おお、U君が、女性と会話できている!
でかした! 今日はもうこれでいいくらいのデキだ!
わたしは陰でグッと拳を握ります。
クラ●が立ったのを見たハ●ジの気分はこんな感じか。
立てるのね、ク●ラ!

「お疲れ様でした」
教室が終わると、和風美人は手を振ってさよならをしてくれました。
「どうだ、U君、今日の感触は。
なかなかよかったんじゃないか」
「うん、思ってたより話せた感じ。
やっぱり男爵のススメ通り、ブログを読んでおいてよかったよ」
「好み的には、和風美人はどうなの?
U君的にありなの?」
「ありもなにも、あんな美人とこんなに長く、楽しく話したの、
初めてだよ! 楽しかったなあ」
「ふむふむ」
わたしはニヤリと笑い、
「今日で君、不器用キャラを確立したよな」と言いました。
「あー、それね……。
ちょっと格好悪いかなあと思った」
U君はしょげました。
「いや、あれでいいんだよ」
わたしは作戦の順調さにほくそ笑みます。
「本当の勝負は来週だからな!」
「? 今週はもういいの?」
「今週は十分 成果が出せた。
これから一週間で君に宿題を出す。
それをこなせたら、来週もいただきだ!」
ハーハハハッ、ハーハハハッ!
順調だぜ!



以上、ホラ九割程度で。珍しく順調な感じで。
何事も、事前の準備が大事です。
先生のブログ読んで、同じ沿線で、一緒に笑えて、
和風美人にとってU君はかなりいいひとの印象でした。
ブログランキング参加中にて、
「へええ、こんなにうまくいくもんかあ」と俺に騙されて感心した方、
「やっぱり、料理教室ってメモっとこ」とやめた方がいいことをしそうになった方、
「いやいや、これは更なる惨劇の序幕でしょ」とネガティブな方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
さて、来週はどうなりますかね?
U君は真面目だから、必ず宿題をこなしてくるでしょう。
そしたら、まあ、もうひとりくらい、いい感じのひとをゲットできるでしょう。
そういうことですよ。

« 若きU君の悩み。その2。 | トップページ | ブログの途中ですが、ここで個人的な速報です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/64049154

この記事へのトラックバック一覧です: 若きU君の悩み。その3。:

« 若きU君の悩み。その2。 | トップページ | ブログの途中ですが、ここで個人的な速報です。 »