« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月26日 (火)

劇的添削のススメ。

どうもこんにちは、黒羊男爵です。
ええもう、夏風邪にやられまくって、寝込んでました。
どうにもこうにも、身体が弱くて駄目ですね。
日曜日にブログを見に来てくださった方には、
ご迷惑をかけて申し訳ないです。

実は今朝、家に回覧板が回ってきました。
今日はそのお話をしたいと思います。

回覧板自体はまあ、普通の回覧板なのですが、
「ボランティアを募集しているそうでございますよ」
執事が言いました。
わたしは紅茶を飲みながら、うわの空で訊き返しました。
「ボランティア? なんの?」
「近所の子供の夏休みの宿題の面倒を見る家庭教師です」
「だるい。俺はパス」
「どの家庭も、必ず一人は面倒を見るように、だそうです」
「うちは温かな家庭ではないから、パス」
「もう担当する子供を割り当てられています」
「選択権すらないのかよ?! 最近の町内会はどうなってるんだ?」
「我が家は町内会に参加してしていなかったので、
拒否権などもないようですね」
「拒否権なし? マジか」

わたしと執事がやいのやいの会話していると、
メイドさんがやってきました。
「あのう、ご主人様」
「なにかな? 今ちょっと取り込み中なんだけど」
「町内会からの紹介だと言って、
小学生が玄関に来ているんですけれど」
「はあ?! もう来たの?! どんだけ暇な小学生なの?」
「なんでも、どうしても見てもらいたい宿題があるということで」
「夏休みの宿題なんか、八月二十九日くらいに始めればいいんだよ。
なんで七月から宿題やってんの?」
「ヒマワリが咲いたから、だそうです」
「ヒマワリ?」
わたしと執事は顔を見合わせました。
なにがどうなってるんだか、まったく把握できない。
仕方がないから、
「……じゃあ、その暇なガキ、もとい、勉学に熱心な小学生に会ってみようか」
ということになりました。

「そんで、ぼく、お名前は?」
小学三年生だと言う少年を前に、
わたしは尋ねました。
すると、
「他人の名前を聞く前に自分が自己紹介しなさいって
お母さんが言ってた」
と、答えやがりました。
わたしの額に青筋が浮かびます。
「わたしは黒羊男爵だ。で、君の名前は?」
「あだ名は、キーボターボです」
「え、あだ名?
最近の小学生は自己紹介でいきなりあだ名を言うの?」
「本名を言いたくないから。
個人情報が漏れたら大変だって、お母さんが言ってた」
「――キミのお母さんはなかなか大した人物のようだね」
なんなんだ、このガキ、全然可愛くない。

「じゃあもういいや、キーボで。これからキーボって君のこと呼ぶからね」
「キーボターボです」
「で、キーボ君、きみが俺に見てもらいたい宿題は何なの?」
「絵日記ポスター」
「絵日記ポスター?」
絵日記はわかります。夏休みの宿題の鉄板です。
ポスターもわかります。小学生の頃はよく描かされました。
でも絵日記ポスターって、一体なんなの?
疑問顔で見つめていたら、キーボ君が説明しました。
「絵日記は毎日つけてるけど、
その夏の中で特別な日はポスターにして、展示するんだって、先生が言ってた」
「ああー、そういうこと」
イベント的な日は絵日記からポスターに格上げされるってことね。
まあ、なかなか楽しそうじゃないの。
「で、それがなんなの? なんか問題なの?」
家庭教師なんかやりたくないわたしは露骨に興味なさげに言いました。
キーボ君は持ってきた画用紙をがさがさと漁り、
「なんだかうまく描けない」
と言って、一枚のポスターを差し出してきました。

それは中央に巨大なヒマワリが描かれたポスターでした。
ヒマワリの絵の下に
「今日 大きなヒマワリが咲いて、嬉しいです」と書いてありました。
うん、なんつーか、フツー。
見たまんまである。
キーボ君は言います。
「絵日記ポスターは校長先生に選ばれると
学校で飾ってもらえるけど、
なんだか選ばれる気がしない」
「うんまあ、選ばれないだろうね」
わたしは頷きました。
だってキーボ君のポスター、面白くもなんともないもん、
七秒くらいで描いたようなやつなんだもん、
選ばれないでしょ。
「お母さんが喜ぶから、選ばれたい。
どうしたらいいの?」
問われて、わたしは初めて、
「ああー、そうか、俺が家庭教師として、これをなんとかせにゃならんのか!」と
気づきました。

「まず何というか、絵はいいと思うんだよね」
批評家の視線で、絵日記ポスターを眺めます。
ヒマワリの絵は、勢いがあって、デカくて、まあまあインパクトある。
「下の文章が駄目なんだろうな」
「どうしたらいいの?」
「うーん、なんかこう、ひっかかるものが欲しいよね。
エッジのきいたやつが。
たとえば、夏休みの自由研究っぽく科学的な掘り下げ方をしてみるとか」
「え、どういうの?」
「一例としてあげると、
今日、ヒマワリが咲きました。ヒマワリウムがキレイに発色して、
とても黄色く咲きました。
とか」
「ヒマワリウムってなに?」
「知らないの? ヒマワリウムはヒマワリの黄色の元になってる色素だよ。
なんというか、こう、知らない単語とかが入ってると、
お! なんだろ? って思うでしょ。
そういうのを入れてみたら?」
「知らない言葉を入れてみる……」
キーボ君はのたくる文字で、ヒマワリウム、とメモしました。

「あとはやっぱり、聴衆が求めているものを提供できるかだよね」
わたしはとくとくとキーボ君に意見を言います。
「聴衆ってなに?」
「見る人のことだよ。この絵日記ポスターを見る人が、
どんなのを見たいと思ってるかが大事じゃない?」
「見たいもの……」
「やっぱり、スリル・ショック・サスペ●ス は外せないよね。
名探偵コ●ンの歌にもあったでしょ」
「ヒマワリでどうやってショックをあげるの?」
そんなの無理じゃない、とキーボ君が言うので、
わたしは卓上にあった太い油性のマジックで、
ヒマワリの絵日記ポスターの文字の部分に、
「今日、ヒマワリが咲いた。キレイに咲いた。
この下になにが埋まっているか、まだあなたは知らない」
と書きました。
「みんなが求めてるサスペン●ってのは、こういうもんだよ!」
得意げに、言いました。

そのとき、
「子供に何を教えているのですか!」
わたしの後頭部を、様子を見に来た執事が思いきり張り倒しました。
「小学生の絵日記ポスターにサ●ペンスはいりません!
ぼく、ご主人様の言うことを信じちゃいけませんよ。
このひとはホラ吹きなんですから。
ホラしか言わないんですから」
「ホラってなに?」
「簡単に言えば、嘘つきということです」
「嘘なの?」
キーボ君がわたしを見つめました。
う、嘘と言われるとなんだか心が痛いな……。
「いや、わたしが話したことは本当だと思うよ?
ただ、小学生にはちょっとハードルが高かったかな……」
「ご主人様、このヒマワリウムというのは
なんでございますか」
「え、ええと、それは黄色の色素の一種で」
「いたいけな子供を相手に、いい加減にしなさい!」
執事の雷がサス●ンスに満ちたヒマワリに落ちました。




以上、ホラ九割程度で。まだまだホラはリハビリ中ですね。
この後、わたしは小学生に土下座し、
絵日記ポスターを台無しにしたことを謝罪しました。
が、キーボ君は
「なんか不思議な感じがするから」と言って、
わたしが書いた不穏なキャッチコピー入りの絵日記ポスターを
大切に持って帰りました。
お母さんに怒られないといいけど。
かなり厳しいお母さんみたいだったし。
それだけが心配です。
ブログランキング参加中にて、
「小学生までだます男爵はひどいよ!」と怒りにかられた方、
「ちょっとその絵日記ポスターを見てみたい」と興味をそそられた方、
「執事がまともなことを言ってるわ」と納得した方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
まあ、わたしは人間のクズですよ。
それは認めます。
だから、町内会はわたしに家庭教師なんてやらせちゃ駄目だったんですよ、
そもそも。
キーボ君には本当に悪いことをしたと思って土下座しました。
キーボ君は「お母さんに見せる」と言って、
わたしの土下座をスマホで撮っていました。
顔にはモザイクを入れてくれるといいんですけど。
キーボ君のヒマワリの絵は生命力に満ちて素晴らしかったですよ。
あとは文章だけの問題です。
きっと厳しいお母さんがなんとかしてくれるでしょう。

2016年7月18日 (月)

執事日記。4

どうも失礼いたします、わたくし、黒羊男爵邸の執事でございます。
昨日 更新できませんでしたことからわかりますように、
現在 ご主人様は夏風邪を引かれて、寝込んでおられます。
代わりに、今回は僭越ながらわたくしがぶろぐを更新させていただきます。

さて、とはいえ、
わたくしにはご主人様のようにホラを吹くようなことはできません。
ありのままに近いことを申し上げるのみでございます。
まずはご主人様の現状をお知らせしたほうがよろしいですね。
昨日からご主人様は熱発されて、鼻水・咳・頭痛・熱に
悩まされております。
今朝もおうかがいしたときに、
「ご体調はいかがでございますか?」
とうかがったところ、
「いーわけねーだろ」という弱弱しいお言葉を頂戴いたしました。
元気なご主人様ですと、
「もう駄目だわ、俺、死ぬわ」とか申されますので、
ははあ、今朝も倒れていらっしゃるのだな、と推測いたしました。
ご主人様が状況を修飾せずにおっしゃられるときは、
弱っておられる時ですので、
わたくしはとりあえず、検温、
そののち、お腹に優しい朝食を持参いたしました。
ご主人様はもそもそとおかゆを食べたのち、言われました。
「今年のダージリンのセカンドフラッシュ、来てたよな」
「はい、入手しておりますが」
「畜生、鼻が詰まってるから味も匂いもわからねえ。
当分、紅茶は飲めないな……」
「さようでございますか。ではお医者様へ行かれたほうがよろしいのでは」
「んー、そこまでじゃねえ気がする。
たぶん、はしりの夏風邪に捕まっただけだから、
数日 寝込んでたら、まあ、快方へ向かうだろ」
「さようでございますか」
ご主人様はご自分の身体のことはよくご存じでいらっしゃいますので、
わたくしはそのご判断に従うことにいたしました。

「あ、そうだ」
ご主人様は風邪薬を飲んだ後に言われました。
「風邪が治ったら、スコーン焼いてダージリンで午後ティーする。
銀器を今のうちに磨いとけ」
「先日 大奥様から受け継がれたカトラリーでございますか」
「そう、それ」
「残念ながら、ナイフの先端に腐食がございますね」
「それも味だろ、アンティークの。
大切に扱ってやれ」
「かしこまりました」
銀器磨きは上級使用人の務めでございますので、
わたくしはご主人様の朝食が済まれたのち、
銀器を磨くことにいたしました。

銀器と一口に申しましても、
ご主人様は普段使いに使用できるようなものをお好みですので、
くだんのカトラリーは純銀ではなく、銀メッキ(シルバープレート)の製品でございます。
磨きに使うのはアンクルビル社の製品です。
下記が今回 ご主人様の指示で磨くカトラリーでございます。

Photo

アフタヌーンティーで使用するデザートセットでございます。
ハンドル部分は白蝶貝でできており、
ナイフのブレード部分には繊細なブドウの彫刻がございます。
ご主人様はこの彫刻が気に入って大奥様より受け継がれたのでした。

一本、一本、カトラリーを銀磨きで丁寧に磨き上げます。
わたくしは銀器磨きが好きでございます。
集中して磨き、食器が美しくなっていくところが、
嬉しいのでございます。
このセットのナイフには一部 腐食があり、
完全に銀色にはなりませんでしたが、
ヴィクトリア朝のお品物ですので、
確かに、ご主人様がおっしゃられるように、
「それも味」なのかもしれません。

そうこうするうちに、昼食の時間になりました。
ご主人様の体調をうかがいにまいらねばなりません。
わたくしは磨き上げたカトラリーをしまい、
キッチンから寝室へ歩き出しました。
このような感じで、執事の一日は過ぎてゆくのでございます。


以上、ホラ一割五分程度で。
ホラを入れるのは難しゅうございますね。
やはりわたしくには荷が重いようでございます。
ご主人様が早く回復されるとよろしいのですが。
ブログランキング参加中にて、
わたくしのつたないぶろぐでも、
「まあ、おもしろかった」という方、
「いや、やっぱり男爵じゃなきゃなあ」と残念に思われた方、
「むしろ執事のブログを読み続けていきたい」という方は、
下記をクリックお願いいたします。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
夏の昼下がりに、シルバープレートのカトラリーを添えて、
ダージリンのアフタヌーンティーでスコーンをいただく。
ご主人様の至福のひと時でございますね。
みなさまもよい夏をお過ごしくださいますよう、
お祈り申し上げます。

2016年7月12日 (火)

いや、マジでマジで。

おはようございます、黒羊男爵です。
またまた日曜日・月曜日更新できませんでした。
もう腹が壊れて、トイレの住人になって、
さらに頭痛も併発して、もう俺は体の中でどこが痛いのか、
よくわからない状況になってました。
なんかもう痛すぎて、どこが痛いんだか、わからん。
そんな状況でしたので、ブログどころか、
人間生活ができてませんでした。
いつものことですが、大病人です。

さて、そんな病人の俺に、先日 とてつもねえ宣告が下りました。
「おまえ、こえたな」=「おまえ、眼に見えて太ったな」
それを俺に宣告したのは我が家の座敷童です。
(そのときの日記は下記:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/cat23949249/index.html

で、座敷童はメタボ解消の一助として、
ある本をAmazonで俺に買わせました。
下記の本です。



正直、食べて痩せるってピンときませんでした。
だって食べちゃうんでしょ?
ホントに痩せるの?
イヤイヤ、信じられない。
でも座敷童、マジで怒ってたし、
太ってるのも事実(!)(涙)なので、
なんかしないわけにはいかないから、
俺は、本が届いた翌日から、
本に載ってるレシピのごはんを食べ始めたのでした。

そして、月日は流れ、約三か月が経過。
俺がどうなったかというと。

――痩せました。
いや、マジで、マジで!
ヤバイくらいの体重が、
理想体重まであと二キロというところまで来ました。
本当に食べてただけよ?
運動してないよ?
たまには揚げ物食べちゃったり、アイス食べちゃったり、したけど
順調に痩せて、しまいました。

が。
それ以上に驚きだったのは。
執事。
俺以上に太って、メタボ赤信号・血液検査レッドカード状態だった執事が。
痩せました。
俺と同じメニュー食ってたら、食ってただけで痩せました。
8キロは痩せました。
結果、メタボ回避、血液検査オールグリーン、
あとは理想体重まで楽しみながら体重を落としていくだけになりました。

すげえ、すげえよ!
俺 今まで一食ドリンクに置き換えダイエットとか、
バナナとヨーグルトのダイエットとか、
グレープフルーツダイエットとか、
いろいろ試したけど、
今回の「食べるダイエット」は一番 体に合ったみたい。
まあ、量は食べられないから、
「もっと白飯 喰いてえなあ」というのは常にありますけど、
一食をドリンクに置き換えることに比べたら、
飢餓感はそんなにない。
まあダイエットって、人によって向き不向きがあるから、
俺たちが成功した「食べるダイエット」でも挫折したり、
うまくいかない人もいると思うけど、
「俺たちは」うまくいってます。
だから、おススメはしないけど、嬉しい誤算です。

あと二キロで、理想体重です。
あとちょっとなんだよなー。
頑張ります。
食べながら、頑張ります。



以上、ホラ二割程度で。
座敷童のアドバイスは超・的確でした。
俺の性格を見抜き切ったアドバイスでした。
今度 台所で会ったら、なんかご馳走しないと。
ブログランキング参加中にて、
「ええー、そんなに効果が出るもんなの?」と懐疑的な方、
「あたしには無理だわー」と客観的な方、
「実はわたしもそれやってます!」という同志の方は下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

別にダイエットなんて、
健康的でちゃんと効果が出れば(体に無理がなければ)
なんだっていいと思います。
自分に合ったダイエット方法を選んでください。
だから、「食べるダイエット」したけど、
痩せなかったじゃんよ! という苦情は受け付けません。
俺たちが痩せたからと言って、万人が痩せるとは限らないし。
ダイエットには向き不向きがあるからね。
自分に合ったダイエットで、身体を痛めずに、痩せられたらいいですね。

2016年7月 3日 (日)

畜生、やぶれかぶれだよ!

どうもこんばんは、黒羊男爵です。
今日は、珍しく会話形式でお届けしたいと思います。
対談相手は、ウチの執事です。
そうです、今日は体調が悪くて、もう考える力がないので、
「やぶれかぶれだよ!」
オチなんて知らねえ、どうなるかわからないけど、
男爵&執事の対談をお届けいたします。

執事:で、ご主人様、今日は何をどうしたいのですか。
男爵:もうステッキに、ステッキにしたい。
    読むだけで、もう涙したり、笑ったりしてしまうような
    ステキブログにしたい。
執事:ご主人様にそんな潜在能力(ポテンシャル)が?
男爵:ちっげえよ、おまえだよ! おまえと話すことによって、
    引き出されるんだよ!
    おまえが引き出すの!
    俺は引き出されるのを待ってるの。
執事:はあ、ご主人様はウェイティングのみですか。
男爵:そうだよ、俺はもう、今か今かと待ってるわけ。
    おまえが劇的に引き出すのを。
執事:それは残念なお話ですね。
    あいにく、ご主人様の中の引き出しの数や名前を知りませんので、
    わたくしには引き出すことはできません。
男爵:そんなわけねーだろ、そこそこ長い付き合いだろ!
    俺の中のあんなことやこんなことを知ってるだろうが。
執事:あんなことやこんなことも存じ上げておりますが、
    それをぶろぐに公表することによって、
    素敵になるとはあまり思えませんが。
男爵:そこを! なんとかすんだよ!
    おまえはやればできる子だって昔 言われてたんじゃねーの。
執事:それはご主人様のことではございませんか。
    やればできる子なのに、やらない、と。
男爵:うっ。
執事:実際に勉強してみて、数学のクラスが簡単に一つ上がったので、
    やればできるとわかったので、もう二度としない、と言われて、
    学年の下から三位に入られたのは、ご主人様です。
男爵:ううっ。
執事:やりたくてもできない子から見たら、
    殺人の動機になりかねない行為ですね。
男爵:うううっ。
執事:素敵になりましたでしょうか。
男爵:ステキっつうか、無敵っつうか。
    なんかさあ、もっとこう、心に響くエピソードはねえのか。
    俺がやっちまった色々なことではなく。
執事:ああ、思い出しました。
男爵:お、なんだよ?
執事:ご主人様が自転車に乗れないのは、
    生れて初めて自転車に乗ったとき、坂を転げ落ちて、
    壁に激突されたから、でしたね。
男爵:それは引き出しじゃなくて、トラウマじゃねーか!
    トラウマ引き出してるじゃねーか!
執事:素敵になりましたでしょうか。
男爵:ステキになってるわけねーだろ!
    そうじゃねえよ、もっとこう、
    心が温かくなったりするような、感動的なエピソードはねえのか。
執事:かんどう……でございますか。
男爵:そうだよ! 読者が求めているのはそういうんだよ!
執事:ご主人様がかんどうされた話と申しますと、
    お父上と喧嘩別れされたときのお話でございますか?
男爵:そっちの勘当じゃねーわ!
    もういいわ、はい、お勘定、お勘定して。
    もう俺、帰るから!
執事:ご自宅にいるのに、どちらへ帰られるのですか?



以上、ホラ八割程度で。なんかもう色々痛いです。
永遠の中二病の俺ですが、
過去を思い起こすと、「やっちまいました」感がハンパないです、
やっぱり執事を出すべきではなかったか……。
ステキなブログにはならなかったか……。
ブログランキング参加中にて、
「いや、笑ったわ!」というありがたい方、
「なんか、へーって感じだった」という冷めた方、
「男爵って嫌な奴だね、知ってたけど!」と憤りを感じた方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
うん、俺、嫌な奴かもしれない……。
ていうか、嫌な奴だな……。
すみません。
やぶれかぶれになって、
ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありません。
執事に引き出されたのは、結局、
反省と後悔といたたまれなさだけでした。
もう二度としない。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »