« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月28日 (火)

うちの権三郎。

前回までのあらすじ:
 黒羊男爵の公園友達・近藤さん(仮名)と飼い犬のゴン君。
 実はゴン君は現在 美しきパピヨン犬・メリーちゃんと恋愛関係だった。
 だが、メリーちゃんの飼い主の死語おばさんはゴン君を
 「犬未満の雑種ざます」と言って認めようとしない。
 飼い主の近藤さんも、雑種であることに引け目を感じているっぽい。
 しかし! 臆することはない!
 ゴン君とメリーちゃんは両思いで、
 ゴン君は誠実ないいワンコであり、何を恥じることがある。
 犬版ロミオとジュリエットの為に、いま 男爵が立ち上がる……!

日曜日・月曜日 更新できなくてすみません。
体調が悪くて死んでました。散歩にも行けませんでした。
最近 多いな……。
でも! 俺はくじけないよ、ホラが続く限り、ブログは続けるよ!
(誰も見ていなくても、な!)

「死語おばさん、メリーちゃんの表情をちゃんと見てください」
わたしは言いました。
メリーちゃんは潤んだ目でじっとゴン君を見つめています。
「どうですか、ゴン君と一緒にいたいって言ってるじゃないですか」
おばさんは金切声で叫びます。
「し、死語おばさん、ですって?! なんざます、なんて無礼なひとざますか」
「ああ、わたしは無礼な人にはナチュラルボーン無礼なので。
あなたが友人のゴン君に失礼な態度をとるので、
わたしもあなたに無礼でいいかと思いまして」
「たかが雑種ごときに、失礼もなにもないざます」
「たかが死語おばさんごときに、無礼も遠慮もありません」
「キイー! 本当に失礼ざますね!」
「本当に死語が多いですね」
わたしもおばさんも、にらみ合って一歩も譲りません。
その間で、近藤さん(仮名)はオロオロしています。
「大丈夫ですよ、近藤さん」
私は言います。
「メリーちゃんとゴン君はきっとハッピーエンドになりますから。
赤の他人の部外者のわたしが公式に認めますから」
「そんなの認めないざます!」
「恋愛は個人の自由です」
「メリーちゃんは人じゃないざます。
犬ざます。飼い主の意志が優先ざます」
「本当にいい飼い主なら、犬の幸せを考えるんじゃないですか。
メリーちゃんはゴン君と一緒にいたいんです。
それをかなえてやったらどうですか」
「こんな雑種、嫌ざます」
「じゃあなんですか、ゴン君が血統書付きのパピヨンだったら、
認めてあげたというんですか」
「う、そ、それなら、考えないでもないざます」
「ゴン君はパピヨンですよ、きっと、パピヨンの血を引いてます。
その証拠に、片耳が垂れています。
きっとおじいちゃんは血統書付きのパピヨンだったに違いありません」
「それは単なる雑種ざます!」
本当に、話のわかんないおばさんだなー。
と思ってたら、
「本当に、話がわからない人ざますね」
と言われました。
なんだ、このシンクロ率は。こんなの嬉しくないぞ。
「あのですねー」
ともう一度、話し始めようとした時、

「ジョン! ジョン、止まりなさい!」
公園に併設されたドッグランのほうから叫び声が聞こえました。
なんなの?
振り返ると、大型犬がドッグランから脱走して、
こっちへ向かって走ってきます。
で、デカい、ゴン君やメリーちゃんの三倍くらいある雄犬です。
それが興奮しながら、メリーちゃんの方へ突進してきます。
「やめるざます!」
死語おばさんは慌ててメリーちゃんを背後に隠そうとします。
大型犬は障害になる死語おばさんに飛びつこうとしました。
「危ない!」
わたしが思わず叫ぶと同時に、
オロオロしているだけだった近藤さんが素早く動きました。
飛びつこうとした大型犬の前足をつかむなり、
噛まれるより先に、背負い投げにブン投げました。

「ぎゃうん!」
大型犬が悲鳴をあげました。
「ジョン!」
大型犬の飼い主らしき女性がやっとやってきました。
「ジョン、大丈夫?!」
幸か不幸か、大型犬は無傷でした。
「あなた、この犬の飼い主として無責任じゃあありませんか」
近藤さんが厳しく言いました。
「下手をしたら、こちらのご婦人が怪我されていました。
しっかり犬は見ていてください」
「すみません……」
女性はしおしおと大型犬の首輪にリードをつけ、
「申し訳ありませんでした」
と言って犬を引きずって去りました。
「犬は人間ではないのですから、
きちんと保護しなければなりません」
近藤さんが静かに言いました。
「あ、そうか……近藤さんは、もともと体育の先生でしたね」
一部始終を茫然と見ていたわたしがようやく言うと、
「はい、不肖近藤権三郎、四十年間柔道部の顧問をしておりました」
近藤さんは小さく低頭しました。
そして、腰を抜かして座り込んでいる死語おばさんに
手を差し伸べました。
「大丈夫ですか?」
「あ、あなたは……」
おばさんは差し出された手と穏やかな近藤さんの顔を
かわるがわる見て、
「あなたは、すごいひとざます……」
ふっと、上気して頬を赤く染めました。

あれ?
わたしはメリーちゃんと同じ目をしている死語おばさんに首をかしげました。
あれ?

「お怪我がないようで、なによりです」
近藤さんは死語おばさんを立たせて、静かに言いました。
カッコイイ! これはカッコイイ!
これは、惚れるわー。フラグが立つわー。
わたしは自分がもう必要ないことを悟り、
メリーちゃんとゴン君の頭をそれぞれ撫でて、
そっとその場を去りました。
歩きながら振り返ると、
死語おばさんと近藤さんは握った手はそのままで見つめ合っていました。
ゴン君とメリーちゃんも、
二人の足元で尻尾を振りながら、見つめ合っていました。
つまりはまあ、これでロミオとジュリエットはハッピーエンドってことですね。
完全無欠の無敵のハッピーエンドってことですね。



以上、ホラ九割五分程度で。良い結果になってよかったです。
たぶん、次か、その次の散歩で近藤さんに会えたら、
「おめでとうございます」って言わなきゃならないでしょうね。
あ、違うか、近藤さんと死語おばさんの両方に言わなきゃならないでしょうね。
きっと二人と二匹は一緒にいるでしょうから。
ブログランキング参加中にて、
「この結末は予想外だったわー」という方、
「いやまあ、先週のドッグランと先生という伏線から読めていたな」という方、
「ハッピーエンドはバッドエンドより好きだから、これでいい」という方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
つまり、ロミオとジュリエットはそれぞれの家が争っていたわけで、
それが問題なわけで、
家同士の闘争が消滅すれば、
あとはもう、祝鐘が鳴るだけだってことですね。
根本が解決されればいいわけですよ。
ゴン君とメリーちゃんがいいカップルですよ。
嬉しそうに寄り添う二匹に、次に会うのが楽しみです。
今週は体調が悪くて、なかなか散歩には行けませんけどね!

2016年6月19日 (日)

たくのメリーちゃん。

どうもこんばんは、黒羊男爵です。
今日は、とある人と犬の話をしたいと思います。
これは恋の物語です。
恋であると思われる物語です。
恋じゃなかろうかと推測される物語です。

先日、わたしはいつものように日課の散歩に出かけました。
うむ、散歩できる程度には体調が良くなっているな。
いいことだ。
などと考えながら、目的地の公園に着きました。
ドッグランが併設された公園で、
大型犬も走ってたりします。
日ごろから散歩しているので、
公園には顔見知りの人の姿もありました。
「ああ、こんにちは、黒羊さん」
「こんにちは、近藤さん(仮名)、
あ、ゴン君もこんにちは」
わたしはおとなし気なおじいちゃんと、
おじいちゃんの足元で
フルフルと尻尾を振っているワンコに挨拶しました。
近藤さんは元教師でしたが、定年退職して、
その後、奥様を亡くして、
いまはゴン君と二人暮らしを送っているのでした。
本当に人畜無害を絵に描いたような人で、
怒ってるところ見たことない。
ゴン君も雑種犬らしい雑種犬で、
片方の耳だけ垂れているブチ犬でしたが、
とても性格の良いワンコでした。
近藤さんが保健所から引き取って、
名前をあげて、息子として育ててきたのでした。

「今日はいいお天気ですね、
散歩日和でなによりです」
ベンチで光合成を始めた近藤さんに、
わたしは話を続けました。
「そうですね、いい日和で。
ただ、ちょっと……」
近藤さんの顔が曇りました。
「ちょっと?」
なにがひっかかるんだろう。
疑問顔のわたしに、近藤さんは繰り返します。
「ただ、ちょっと、時間帯が……」
「時間帯?」
午前中の暑くもなく寒くもない、
いい時間帯だと思うけど。
何が問題なんだ?

「あ!」
突然、近藤さんが立ち上がって叫びました。
「ど、どうしました?!」
条件反射的に一緒に立ち上がったわたしが尋ねると同時に、
「わん、わわん、わわん」
ゴン君が今まで聞いたことない大声で吠え始めました。
「ゴン君? どうした?」
今度はゴン君に向かって問いかけると、
「わわん、わわん」
ゴン君はたった今 公園に入ってきた影に向かって
懸命に吠え続けます。
「ゴン、ゴン、やめなさい」
近藤さんが制止しますが、珍しくゴン君が言うことを聞きません。
「わわん、わわん、わわん」

すると、
「きゃうん」
ゴン君の声に応える声が上がりました。
「きゃん、きゃうん、きゃうん」
可愛らしい黒白のパピヨンが、ゴン君に向かって
一生懸命 吠えています。
「あ、もしかして」
わたしは近藤さんに訊きました。
「ゴン君、彼女に恋をしてるんですか?」
「そうなんです……」
近藤さんは力なく言いました。
なんで?
なにが問題なの?
健全な犬同士の恋愛問題じゃない?
ゴン君は去勢済みだし、
精神的な恋愛くらい、近藤さんが反対する理由がないと思うけど……。

そのとき、
「んまあ、なんて図々しい犬ざましょ」
デカい日よけ帽子とブランド物のサングラスを身に着けた、
「メリーちゃん、ほら、メリーちゃん、
行くざますよ」
パピヨンのリードを引っ張るおばさんが現れました。
「また、あの雑種ざますか。
メリーちゃん、あんな犬未満の犬、
相手にする必要はないざます。
メリーちゃんのおじいちゃんはチャンピオン犬ざますよ。
たくのメリーちゃんは、雑種犬とは身分が違うざます。
ほら、そこのあなた、その犬らしき生物を遠ざけるざます」
おばちゃんの言葉に、近藤さんが小さくなります。
「す、すみません」
ゴン君のリードを短く持ち直します。
その間も、ゴン君とメリーちゃんは熱く見つめ合ってました。

「で、なんなんスか、この失礼な女性未満のおばちゃんは?」
わたしは容赦なく切り込みました。
「いまどき、ざます、なんて死語もいいところです。
あ、そうか、死んでるんですね、人として。
そう思えば、ゴン君への暴言も納得できますね」
「んまあああ、なんざますか、あなた!
あなた、その雑種の関係者ざますか」
「友達です」
わたしは胸を張りました。
「ゴン君は未来有望な立派な雑種犬です。
健康で、勇気があって誠実で、
どこに出しても恥ずかしくない犬です。
ざますなんて言うおばちゃんに
けなされていい犬じゃありません」
「雑種は雑種ざます!」
「そういうあなたはどうなんですか。
メリーちゃんはチャンピオン犬の孫かもしれませんけど、
飼い主のあなたは誰の孫なんですか。
普通の人間の孫なんじゃないですか。
むしろ雑種と言う出自がわかってるゴン君の方が、
身元が確かなんじゃないですか」
無礼な人間に対して礼儀を持つ必要はありません。
もうわたしは容赦なく、弾劾しました。

「んまああああ」
おばちゃんは絶叫します。
「なんて、なんて失礼な人なんざましょ!
メリーちゃん、あっちへ行くざますよ、
こんな人たちを相手にしちゃいけないざます」
「あなたが行くのは勝手ですが、
メリーちゃんにはメリーちゃんの意志があります。
メリーちゃんはどうしたいんですか」
人間三人に見つめられたパピヨンは潤んだ目でゴン君を凝視します。
(一緒にいたい……)
疑いなく、心の声が聞えました。
これはとてつもないロミオとジュリエットです。
自信が全くなさそうな近藤さんと、ゴン君。
死語おばさんと、美貌のメリーちゃん。
男爵の遠慮ない介入によって、
果たしてこの恋の行方はどうなってしまうのでしょうか。
というところで、来週へ続く。


以上、ホラ九割五分程度で。事実がどこかがむしろ怖い。
ああ、わたしは年齢を重ねた女性に偏見があるわけじゃありません。
ただ、ゴン君の友人として、憤っているだけです。
素敵に年齢を重ねた女性はむしろ好きです。
ていうか、女性には基本的に好意と尊敬を抱きますね。
ブログランキング参加中にて、
「男爵、ひどすぎるよ……」とおばちゃんの味方になった方、
「ゴン君がいじらしい」とゴン君の味方になった方、
「メリーちゃんが可哀想」とメリーちゃんの味方になった方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
どうやら近藤さんはゴン君が雑種であることに
とても引け目を感じているらしいですが、
メリーちゃん本人がゴン君に魅力を感じている以上、
雑種かどうかなんて、メリーちゃんにはどうでもいいことなんでしょうね。
メリーちゃんは見る目がある犬ですよ。
ゴン君は、素直で人懐こい、本当にいいワンコなんです。
メリーちゃんとお似合いだと思うんだけどなあ。

2016年6月14日 (火)

途上にて。

どうもこんにちは、
昔懐かしい「西部警●」を「リアルジャパニーズポリスメン」として紹介したい黒羊男爵です。
(知人のアメリカ人にそう紹介しようとして執事に止められました。
「国際問題になるかもしれませんから、おやめください」だって)
日曜日更新できず、すみませんでした。
実は試験を受けており、もう帰宅後は倒れていました。
月曜日更新できず、すみませんでした。
体調が悪化して、一日 倒れておりました。
相変わらずの病人っぷりで、虚弱です。
豆腐メンタル! 豆腐体調! もろい、もろすぎるぞ、俺!

で、今日ようやく、人としての形を取り戻し、
ここにいるわけです。
今日はたくさんやろうとしていたことがあったのですが、
体調が万全ではなく、結局、
一個のことしかできませんでした。

ようやくできた一個、それは、「梅酒づくり」です。
初夏のこの季節、我が家では来客用に梅酒をつけるのです。
といっても、だいたい飲んでいるのは執事なので、
ほぼ執事専用と化しているのですが、
一応、「来客用」となっています。
よさげな梅を買ってきて、
へたを取って、水洗い、よく拭き、
瓶を消毒して、梅と氷砂糖とリカーを注ぐ。
これだけです。
が、メイドさんに助けてもらいつつ、
これだけやったら、今日の俺はもうヘロヘロになりました。
なんで俺がやるのかと言うと、
一応、「来客用」なので、
主人として恥ずかしくないものを出したいからです。
シェフに任せるという手もありますが、
来客時に梅酒を出して、
「美味しいですね」と言ってもらうのが楽しいんです。
「それ、わたしが作ったんです」と言うのが楽しいんです。

バリエーションとして、気分で、
ぽんかん酒やレモン酒も造ったりします。
でもまあ、今日は梅酒作ったから、
それにブログ更新できたから、
もうそれで、いいや。
いいということにします。

下記が今日作った梅酒です。

Umesyu

執事に追加の瓶を買いに行かせたら、
「これで間違いないです」と言って、
4リットル瓶を買ってきました。
ウチでメインで使ってるのは3リットル瓶だっつの!
おまえ、あんだけ飲んどいて気づかなかったのか。
「間違いないです」と自信満々でした。
「間違いないです、昨日、わたくしが飲んだ時に
出した瓶はこれです」って言ってました。
つまり、酔っぱらってる時の記憶を頼りに
買ってきたわけですね。
アホか!
しょうがないから、目分量で漬けてみました。
ちゃんとできるといいんですけど。




以上、ホラ二割程度で。日常話だとホラ度が低いな。
まだまだ人生の途上の、俺のある一日の話をお届けしました。
ええと、このブログ読んでると、
「執事=ツッコミ、男爵=ボケ」だと思われるかもしれませんが、
執事も抜けているときは抜けてます。
俺が、「なんなんだよ、おまえ!」などと
叫んでいることも多いです。
まあ、付き合いも長いので、いろいろあるということで。
ブログランキング参加中にて、
「お、更新してる。しょうもない話だけど」と思われた方、
「フツーだった」とがっかりされた方、
「やっぱり寝込んでいたのか」と予想が的中した方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
梅酒はできるまでに時間がかかるのが、また楽しいです。
ちなみに、今日漬けたのは
「こんなもんでいいだろ!」という俺流適当仕様で漬けました。
本当は梅と氷砂糖を交互に挟むんだけど、
それだと梅だけ浮いてきちゃうから、
砂糖は全部 梅の上にぶっこんでみました。
もしかしたら、大失敗になるかもしれませんが、
大丈夫、飲むのは執事だから。
俺じゃないから。
寝込んでも俺じゃないからね。
だから、ささやかに冒険してみました。
挑戦って大事。

2016年6月 5日 (日)

●5! B●!

以下、血界●線のファンブック・B● のネタバレを含むので、
いやんなひとはバックプリーズ。

●5! B●!
紙のサイズじゃないよ、地下鉄の出口の話でもないよ、
出たよ、出たよ、公式ファンブック!
ついに出た!
すげえ嬉しいよ、こんなに「出たよ!」って思ったの、
小学二年で夏休みに朝顔の鉢に芽が出た時以来だよ。
なんつっても、あんときは待ちきれなくて、
何度も鉢を掘り返してたから、
もう「死んだんじゃないですか?」とか
執事に言われて、すげえショックだったけど、
無事に芽が出た。
奇跡だと思った。
そんくらい嬉しい。
アニメ化も嬉しかったけど、
なんつーか、ファンブックが
ここまでデカい立派なファンブックが出るほど、
血界●線が認知されているというのが、ね……。
嬉しいんですよ。

なんつっても、俺の
「このマンガがおもしろい わたしが勝手に思うに」コーナーの
第一回は 血●戦線 でしたからね。
(そのときのエントリは下記)
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-2005.html

カプセル・ヨード●ンキ にしようと思ってたのに、
勢いに負けてうっかり、●界戦線 になったんだよな。
2010年の11月の出来事でした。
えっ、もう5年は昔なの?
いやー、時が流れるのは早いのう……(感慨にふける)

当時はまだ二巻でしたからね。
ザップさんがここまでクズ認定になるとは思っていなかった。
スティーブンさんにここまで はまるとは思わなかった。
(最新刊の見開きページのスティーブンさんの立ち姿の美しさに、
思わず、「抱いてくれ!」と口走ってしまった)
クラウスさんは当時から大好きだったけど、
「理想の上司は?」で「松岡●造」ではなく、
「クラウス・V・ラインヘルツ」と答えるようになるほど
好きになるとは思わなかった。

もう大好き、ライブラ大好き!
●5! B●!
もちろん、DVD版のほうを買いました。
DVDもすげえ、楽しみにしてました。
DVDは賛否両論があると思いますが、
俺は、
「久しぶりに動くスティーブンさん見た!」
「クラウスさんがしゃべった!」(感●した!)
「スティーブンさんの「粗相す●な!」が聞けた!」
というだけでもう、目頭が熱い。
いや、アニメが終わってから、
もうずっと、アニメ欠乏症だったんだな、と思った。
いつものかけあいと、声と、動きに
飢えていたんだなって思った。
それから、フェムトの決め台詞ね。
「死●」があんなに素晴らしいとはね。
「●ね」の力の抜け加減が素晴らしいね。
キャストに恵まれたんだなあと思った。

たぶん、アニメに賛否両論出ちゃうのは、
それだけ、みんなにとって思い入れがある作品だからだろうなと思います。
あと 値段。
DVD付でこのボリュームで1500円くらいだったら、
たぶん、ブラボーの声が増えたと思う(無茶言うな!)
6000円は大人じゃないと買えないよね……。
子供には厳しいよね……。
俺は1ファンとして、
どうしても、もっと幅広く、深く、みんなに認知されたいって思うから、
もっと手に取りやすい値段だったらなあとは思った。
特に、子供に読んでほしいなあって。
だって、血界●線 って、「人の中の光」についての物語じゃないですか。
「人の中の魂の放つ光」についてのマンガじゃないですか。
だから、子供に、柔らかな心の子供に、
ぜひ読んでほしいなあって思う。
もちろん、大人にも読んでほしいけど!
血界戦●は、笑いと涙と崇高さとクズ(ザップ氏)が入り混じった最高のマンガです。
B●の出版を機に、もっともっと読者が広がるといいなあ。


以上、ホラ1割程度で。
もうね、ホントにね、ファンブックを開封するのが嫌でした。
尊くてね。自分の指紋がつくのが嫌でね。
でも、やっぱ見ずにはいられないから、開封したけど。
わたし的にはスティーブンさんの刺青についての話が
原作者のコラムでちょっと触れられていただけで、
「6000円の価値はあった!」と思った。
「粗相すん●!」を聞けただけで6000円の価値はあった。
クラウスさんの「感動し●」「スティーブン」が聞けただけで
耳が幸せだった。
もちろん、否定的な見方もあると思うけど、
俺はしがない、ちっぽけな1ファンなんで、
単純なんです。
嬉しくて、しかたないんです。
クラウスさんの「スティーブン」は幸せだったな……。
なんつーか、信頼がこもってるというかね……。
B●の方にも「若い頃からの関係」みたいな文があって、
「旦那と番頭、古い付き合い!」ってだけで嬉しかった。
ブログランキング参加中にて、
「そのマンガ知らないから、今日の話はぜんぜん意味がわかんなかったわ」という方、
「あー、まー、ファン心理ってこんなもんだよね」と納得された方、
「わかるわー、わかるわー、俺も今そんな気分」と同志の方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
すんません、血界戦●未読の方には、今日のブログは意味不明でしたね。
でもこのブログは、俺が好きなように好きなことをするブログなんで!
こういう外角球の日もあります。
そういうときは、さらりと流していただいて、
また来週、違う冒険をしている俺ののたうち回る様を見に来てやってください。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »