« 海辺のトレジャータイム。 | トップページ | 途上にて。 »

2016年6月 5日 (日)

●5! B●!

以下、血界●線のファンブック・B● のネタバレを含むので、
いやんなひとはバックプリーズ。

●5! B●!
紙のサイズじゃないよ、地下鉄の出口の話でもないよ、
出たよ、出たよ、公式ファンブック!
ついに出た!
すげえ嬉しいよ、こんなに「出たよ!」って思ったの、
小学二年で夏休みに朝顔の鉢に芽が出た時以来だよ。
なんつっても、あんときは待ちきれなくて、
何度も鉢を掘り返してたから、
もう「死んだんじゃないですか?」とか
執事に言われて、すげえショックだったけど、
無事に芽が出た。
奇跡だと思った。
そんくらい嬉しい。
アニメ化も嬉しかったけど、
なんつーか、ファンブックが
ここまでデカい立派なファンブックが出るほど、
血界●線が認知されているというのが、ね……。
嬉しいんですよ。

なんつっても、俺の
「このマンガがおもしろい わたしが勝手に思うに」コーナーの
第一回は 血●戦線 でしたからね。
(そのときのエントリは下記)
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-2005.html

カプセル・ヨード●ンキ にしようと思ってたのに、
勢いに負けてうっかり、●界戦線 になったんだよな。
2010年の11月の出来事でした。
えっ、もう5年は昔なの?
いやー、時が流れるのは早いのう……(感慨にふける)

当時はまだ二巻でしたからね。
ザップさんがここまでクズ認定になるとは思っていなかった。
スティーブンさんにここまで はまるとは思わなかった。
(最新刊の見開きページのスティーブンさんの立ち姿の美しさに、
思わず、「抱いてくれ!」と口走ってしまった)
クラウスさんは当時から大好きだったけど、
「理想の上司は?」で「松岡●造」ではなく、
「クラウス・V・ラインヘルツ」と答えるようになるほど
好きになるとは思わなかった。

もう大好き、ライブラ大好き!
●5! B●!
もちろん、DVD版のほうを買いました。
DVDもすげえ、楽しみにしてました。
DVDは賛否両論があると思いますが、
俺は、
「久しぶりに動くスティーブンさん見た!」
「クラウスさんがしゃべった!」(感●した!)
「スティーブンさんの「粗相す●な!」が聞けた!」
というだけでもう、目頭が熱い。
いや、アニメが終わってから、
もうずっと、アニメ欠乏症だったんだな、と思った。
いつものかけあいと、声と、動きに
飢えていたんだなって思った。
それから、フェムトの決め台詞ね。
「死●」があんなに素晴らしいとはね。
「●ね」の力の抜け加減が素晴らしいね。
キャストに恵まれたんだなあと思った。

たぶん、アニメに賛否両論出ちゃうのは、
それだけ、みんなにとって思い入れがある作品だからだろうなと思います。
あと 値段。
DVD付でこのボリュームで1500円くらいだったら、
たぶん、ブラボーの声が増えたと思う(無茶言うな!)
6000円は大人じゃないと買えないよね……。
子供には厳しいよね……。
俺は1ファンとして、
どうしても、もっと幅広く、深く、みんなに認知されたいって思うから、
もっと手に取りやすい値段だったらなあとは思った。
特に、子供に読んでほしいなあって。
だって、血界●線 って、「人の中の光」についての物語じゃないですか。
「人の中の魂の放つ光」についてのマンガじゃないですか。
だから、子供に、柔らかな心の子供に、
ぜひ読んでほしいなあって思う。
もちろん、大人にも読んでほしいけど!
血界戦●は、笑いと涙と崇高さとクズ(ザップ氏)が入り混じった最高のマンガです。
B●の出版を機に、もっともっと読者が広がるといいなあ。


以上、ホラ1割程度で。
もうね、ホントにね、ファンブックを開封するのが嫌でした。
尊くてね。自分の指紋がつくのが嫌でね。
でも、やっぱ見ずにはいられないから、開封したけど。
わたし的にはスティーブンさんの刺青についての話が
原作者のコラムでちょっと触れられていただけで、
「6000円の価値はあった!」と思った。
「粗相すん●!」を聞けただけで6000円の価値はあった。
クラウスさんの「感動し●」「スティーブン」が聞けただけで
耳が幸せだった。
もちろん、否定的な見方もあると思うけど、
俺はしがない、ちっぽけな1ファンなんで、
単純なんです。
嬉しくて、しかたないんです。
クラウスさんの「スティーブン」は幸せだったな……。
なんつーか、信頼がこもってるというかね……。
B●の方にも「若い頃からの関係」みたいな文があって、
「旦那と番頭、古い付き合い!」ってだけで嬉しかった。
ブログランキング参加中にて、
「そのマンガ知らないから、今日の話はぜんぜん意味がわかんなかったわ」という方、
「あー、まー、ファン心理ってこんなもんだよね」と納得された方、
「わかるわー、わかるわー、俺も今そんな気分」と同志の方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
すんません、血界戦●未読の方には、今日のブログは意味不明でしたね。
でもこのブログは、俺が好きなように好きなことをするブログなんで!
こういう外角球の日もあります。
そういうときは、さらりと流していただいて、
また来週、違う冒険をしている俺ののたうち回る様を見に来てやってください。

« 海辺のトレジャータイム。 | トップページ | 途上にて。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/63734292

この記事へのトラックバック一覧です: ●5! B●!:

« 海辺のトレジャータイム。 | トップページ | 途上にて。 »