« 千●戦争の勃発。 | トップページ | 千●戦争の帰趨。 »

2016年4月 3日 (日)

大戦の停戦。

前回までのあらすじ:
 友人Vに夕食に招かれた黒羊男爵。
 自信のある手土産を持参して意気揚々と乗り込んだ男爵だったが、
 手土産をきっかけに友人Vの奥さんとお母さんの間に
 千年●争(嫁姑戦争)が再燃。(どうやら毎晩のことらしい)
 友人Vは戦争に疲れ果てて、男爵にすべてを託して廊下に沈没。
 男爵は、猛り狂う修羅二人の間に取り残されたのだった……!

「ええとですね、ちょっとお待ちください」
わたしは睨みあう女性らしき猛獣の間で両手をあげます。
「ちょっと、ちょっとだけわたくしの話をお聞きください」
「なんですか」と奥さん。
「なんなの」とお母さん。
やべえ、二人とも目がマジになってる。
本気と書いてマジと読むになってる。
怖い、超怖い。
「まずは一言、お詫びさせてください。
わたくしの手土産が至らなかったせいで、
お二人には大変 ご迷惑をおかけいたしました、
申し訳ありません」
「あら、男爵さんが謝ることなんてありませんよ。
だってピエール・エ●メのケーキじゃないですか。
男爵さんの誠意は十分 伝わっています」
奥さんが好意的に微笑めば、
「和菓子を持ってこないなんて、空気を読めない客だよ、
ちゃんと謝ってほしいね。
ピエー、エメなんてわけがわからないもの、
持って帰ってほしいくらいだよ」
とそっけないお母様。
「奥様、奥様の温かいお言葉は本当にうれしく思います。
ですが、お二人のご要望を事前にきちんと把握しなかったのは、
わたくしが至らないせいですので。
お母様には不愉快な思いをおかけしまして、申し訳ありません。
次回には和菓子、もしくはご希望の茶菓子をご用意いたしますので、
とりあえず、ご容赦いただけませんでしょうか」
「男爵さんが謝ることはありませんよ」
「なんだい、ちゃんと謝れるんじゃないか、あんた。
どっかの誰かとは大違いだね」
ふん、と姑は鼻息を吐き出しました。
うわあ、お母さんはホビット●冒険に出てくる竜にそっくりだよ!

いかん、土下座して謝ったのに、それすら火種になってる。
ていうか、何を言っても火種になるぞ、これは。
だって二人とも互いを責めたいだけなんだもの!
攻めるチャンスをうかがっているだけなんだもの!
こんなの、どうやって なだめりゃいいの?
友人Vは廊下に沈んだまま、ピクリともしません。
ただの屍のようです。ぜんぜん使えねえ! さすが俺の友人!
なんなの、この家、毎晩 嫁姑間で
こんなデンジャラスな花火パーティーが催されてるの?
俺は裸にヘルメットだけで銃撃戦の中に
てや! って突入しちゃったようなもんじゃないの。
早くおうちに帰りたいよ!
そのためには、一刻も早く銃撃戦から抜けねば。
なんとしても、抜けねば。

「ええと、あの、差支えなければ、
話し合いの場所を玄関口ではなく、
リビングかダイニングに移してはいかがでしょうか。
あの、ここで大声を出しますと、ご近所様の目もあるかと思いますので」
無防備な俺は、とりあえず火種の屋内への移動を試みます。
ご近所、という単語が響いて、
嫁姑ともに苦い顔になりました。
「そうですね、立ち話もなんですものね」
「さっさと移動しておくれよ、足が痛いわ」
修羅二人は奥へひっこみます。
俺も仕方なくついていきながら、
通りすがりに友人Vに再度 蹴りを入れました。
友人Vは片手を上げ、
「あとは……頼んだ、友よ……」と言い残して廊下に没しました。
つまり、二人についていかない。
つまり、俺に全部ぶん投げです。
俺はもう一度、さっきよりも鋭いキックを友人Vの脇腹に入れ、
とりあえず停戦状態になっているダイニングへとあがりこみました。
さて、いったいどうしたら、修羅は人間に戻るのでしょうか。
嫁姑問題って、実はとってもシンプルな問題なんだけど、
プライドとか負けたくないという気持ちが勝って、
複雑で激しい戦争になっちゃうんだよね。
まずは問題を整理して、かな?




以上、ホラ九割程度で。
女性って、あんな汚物を見るような目で他人を見られるんだね。
超怖いよ。
ブログランキング参加中にて、
「うおおお、戦争は激しさを増している!」と戦場記者化した方、
「これって、うちのことじゃない?」とおののいた方、
「今回 友人Vはおいしいポジションだわー」と見抜いた方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
俺がガンジーではないように、全部をスルッと解決する魔法はありません。
でも俺には夢と希望とロマンが詰まったホラがあります。
まあなんとかなるんじゃないの?
ていうか、なんとかならないと、家に帰れないよ!
自宅が本当に遠いです……。

« 千●戦争の勃発。 | トップページ | 千●戦争の帰趨。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/63435124

この記事へのトラックバック一覧です: 大戦の停戦。:

« 千●戦争の勃発。 | トップページ | 千●戦争の帰趨。 »