« マイ碁盤&マイ碁石キター! | トップページ | 流れ行くままに。 »

2016年3月13日 (日)

DIYのYはYOU。

前回までのあらすじ:
 囲碁ド下手だけど、大好きな男爵。
 ついに念願のマイ碁盤&マイ碁石をヤフオクでゲットした……!
 だが、予算が15000円だったこともあり、
 やってきた碁盤&碁石は激しく汚れていた。
 男爵は「キレイになーれ♪」と念じながら、
 毎日楽しく マイ碁盤&マイ碁石を磨いていたのだが……?!

一週間が経ちました。
が。
「碁盤、裏が全然 綺麗にならない……!」
なんかザラザラしているし、シミだらけだし。
一か月は磨く、と決めていたが、もう我慢できない。
(我慢よわい俺)
ここで脳内会議が緊急招集されました。
以下、男爵の脳内。

悲観的な男爵(以下、H)「諸君、碁盤の裏がまったく綺麗にならないぞ」
現実的な男爵(以下、G)「このシミは磨くだけじゃ駄目かもね、とれないんじゃない」
楽観的な男爵(以下、R)「うーん、ならもう、やっちゃえば?!」
H:「なんていことを言うんだ、R! ていうか、それどういう意味?!」
R:「つまりさ、磨いても落ちないシミなんでしょ。
  だったら、自分で削っちゃった方が綺麗になるんじゃない?
  ほら、碁盤て、削りなおして再生とかするし」
G:「ちょっと待て、それはプロが削りなおしてるんだろ、
  おまえ、素人だろ」
R:「要は削ればいいんだから、ダイジョブっしょ」
H:「だが、その結果、取り返しがつかないことになったら、どうする?!」
R:「ダイジョブっしょ、俺なら。綺麗に削れるっしょ」
H:「なんなんだ、その根拠のない自信は?!」
G:「そうだ、根拠を示さないことには納得できない!」
R:「だって、俺、図工と美術で5以外とったことないし。
  木工も得意だったし。石材だって、課題の印鑑、先生を驚嘆させたし。
  碁盤の裏面、ちょっと削るくらい、余裕っしょ」
H:「しかし、万が一、事故が起きてしまったら、もうリカバリーできないんだぞ!」
R::「事故は起きないから、ダイジョブっしょ。
  きっと綺麗になって、ハッピーハッピーになるっしょ」
H:「そんなにうまくいくものか?!」
G:「まああれだ、要はDIYしようってことだな。
  ということは、つまり、「自己責任」ってやつだな。
  失敗する可能性も含めて、自己責任で、トライしてみる、そういうことか?」
R:「まあ、失敗しないから、ダイジョブっしょ」
G:「DIYのYはつまり、てめえ自身 ってことだからな。
  DIY=てめえでやる、っつー意味だからな。
  おい、R、ホントにやれるのか?」
R:「ダイジョーブ、ダイジョーブ!}

こうして脳内会議は閉会し、
男爵はついに、Rの発言を採用して、
「マイ碁盤の裏、削っちゃおう!」ということになりました。
もう止める者はいません。
男爵はハ●ズで紙やすりを数種類購入し、
「じゃあ、削っちゃおう!」となりました。
(執事は「やめた方がいいと思いますが」と言いましたが、
 男爵はもう聞いてませんでした)

さっそく碁盤を裏返し、検討。
まずは先週も掲載した現状はこれ。

マイ碁盤の裏・Before:
Goban_before2

このシミ、すげえ頑固で、なんかザラザラしてる。
なにか付着してるか、にじみ出た感じのシミなんです。
にじみ出たとしたら、削っても変わらないだろうけど、
付着しているのなら、削ればなくなる可能性アリ。

俺は最終確認を碁盤に問いかけます。
「これから、君の裏側を削ろうと思う。
どうだ、俺を信じて、身を任せてくれるか……?」
碁盤は言いました。
「一週間も磨いてくれてありがとう。
うん、君を信じるよ」
了解した、俺を信じろ……!
目の荒い順から数種類の紙やすりを使用して、
裏面を削ること三日間。

俺は額の汗を拭きながら、執事を呼びました。
「手術は終了した。
どうだ……?!」
「こ、これは……!」
執事は驚嘆します。
「こんなことって、あるのでしょうか?!」

マイ碁盤の裏・After:
Goban_after3_3  

裏は、綺麗になってました……!
さすが俺……!
魔法使い的な器用貧乏の称号は伊達じゃない!

「執事、実際に木肌を触ってみろ」
俺が命じると、執事は恐る恐る裏面に触れて、
「つるつるしています」と再度 驚嘆しました。
俺は「ふふん、当然だな」と答えました。
「他の面と比べてザラザラと目が荒れていたら、
作業の意味がない。
どうだ、他の天面や側面と比べても
手触りが変わらないだろう?」
「ご主人様、これはすごいですね」
「まあ、不満点もあるがな。
脚を抜けなかったので(抜くのが怖かった)、
どうしても脚の周囲は汚れが少し残ってしまったが、
あとはほぼ完璧だな。
これなら、碁石込みで15000円はお買い得だろう」
執事は「さようですね」と渋々と認めました。

それから、俺は付属物の制作に入りました。
まず猫よけ用に桐の箱にかぶせる薄い布のカバーが欲しい。
(これは湿気がこもらないように薄い布で作る)
それから、ネットで見たら、碁笥って、それぞれ袋に入ってたので、
それも欲しい。
あと、碁盤と桐箱の間にも布を一枚入れるみたいなので、
そういうのも作らねば。
こんな感じで、マイ碁石を磨きながら、作り続けること一週間。
15000円で我が家にやってきたマイ碁盤&マイ碁石は
こんな感じになりました。

来たばっかりの状態:
Goban_after1

幸い、桐の箱が碁盤にも碁石にもついてました。
それに俺が制作したブツを追加すると
下記のようになりました。

現在の状況:

Goban_after2

碁笥用の巾着袋も作ったし、
桐箱用のカバーもあるよ!

こうして、男爵はまたしてもニマニマ笑いながら、
「次はどう手入れしようかな~」と考えながら、
碁盤を磨きつづけるのでした。


以上、ホラ一割程度で。
ああ、よい子のみんな、これは「碁盤の裏は削ろう!」って話じゃないんで、
絶対にマネしないでね!
DIYは自己責任だからね!
普通に考えて、うまくいかない可能性のほうが愕然とするほど高いよ!
削り直しは、絶対にプロにお願いしてください。
ブログランキング参加中にて、
「えええっ、こんなに綺麗になるもんなの?!」と驚嘆された方、
「男爵って素人の域を越えている」と判断された方、
「まあ、運が良かっただけでしょ」と冷静な方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
ところで、いつ肝心の囲碁をやるのかって?
え? なんですか、よく聞こえません。
囲碁って、プレイヤーが二人必要なんだよね……。
(当たり前)
いま、家にも近所にも、囲碁をやるのは俺一人なんだよね……。
黒羊男爵邸では、
「俺と同じくらいド下手な囲碁プレイヤー」を募集中です。
綺麗になった碁盤でデュエルしようぜ!
え? デュエルって、ゲームが変わってるって?
まあ、いいじゃないの、ゲームなんて楽しければ、
それで勝ったようなもんだよ!
(実際には負けていても、な!)

« マイ碁盤&マイ碁石キター! | トップページ | 流れ行くままに。 »

囲碁囲碁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/63338928

この記事へのトラックバック一覧です: DIYのYはYOU。:

« マイ碁盤&マイ碁石キター! | トップページ | 流れ行くままに。 »