« けっこう頻繁に。 | トップページ | 理想の。 »

2015年10月25日 (日)

家なき子と赤いソーセージ。

どうもこんばんは、黒羊男爵です。
いやー、秋も深まってきましたね!
そろそろあったかいキャラメルミルクティーが飲みたいです。
キャラメルミルクティーに、
アップルパイ&アイスクリームを添えていただくと格別です。
面白い本を読みつつ、ティータイム。
おウチがいい感じに居心地がいい季節ですね。

と思ってました。
最近 寒くなってきて、家が居心地よくて、
家があるっていいなあ、居心地がよくていいなあ、と思ってました。
うん、家がある幸せをかみしめていたわけですよ。
……この寒空の下、家なき子に出会うとは、思ってもみなかったので。

先週の月曜日のことです。
夕方でした。
俺は外出先からの帰り道、帰宅を急いでいました。
最寄駅から大通りを歩いて、スクランブル交差点にさしかかったところで。
「――……ん?」
なんか、声がする。
声がした気がする。
うん、気のせいじゃない。
気のせいじゃなく、気のせいじゃないボリュームで、
「ギャオン、ギャオン」
と、鳴き声がする。
この声……知ってる。
これは猫が非常事態に出す声である。
特に子猫が。

え? こんな人通りの多い場所で?
横を車がビュンビュン通ってる場所で?
子猫が親猫なしの状態でいるわけあるの?

と思って、声の方角を判断し、
停めてある自転車の下をのぞきこんだら、

「いたよ……」

片目が腫れあがった、みずぼらしい、サバトラの子猫が。

さて、ここで問題です。
この子猫、付近に兄妹も親もいません。
放っておいたら、誰かに保健所に突き出されるか、
もしくは一番ありそうなのは、
「大通りの車に はねられそうだよな……」
明日の朝、悲しい光景を見ることになりそうです。
どうしたもんですかね。
俺は自分の持ち物をチェックしました。

 武器:両手(素手)
 装備:外出用の鞄(幅十五センチほどの長方形・合皮)
 種族:人類

以上でした。
野良猫捕獲用の捕獲機なんてないし、
猫用のおもちゃも持ってないし、
ましてや母猫でもない俺に
「ギャオンギャオン」に呼応する安心させるような鳴き声なんて出せません。
つまり、
「合意の上の保護は難しい、てか、不可能」
です。

そしたら、もうやるべきことは一つしかありません。
相手は野良の子猫です。
安心するように声をかけましたが、近寄ってなんか来ません。
だったら、
俺の十個の特技(特殊スキル)の内の一つ、
「生き物素手で生け捕り、を発動!」

かつて黄金の両手と言われたのは伊達ではないのだよ……!
小学校の頃はセミ、
中学校の頃はトンボ、チョウチョを素手でよく捕まえていました。
猫も、何度か捕まえています。
俺はゆっくりと鞄を道路に置きます。
重要なのは相手の呼吸を読むこと。
そして相手が油断したその一瞬に、
「――獲った●ーっ!」
見事に、俺は素手で野良子猫をキャッチしました。
進●の巨人に捕まった家なき子は、
「殺されるー!」と叫びながら、「ギャオンギャオン」言いながら、
猛烈に暴れます。
しかし、ここで大事なのは、絶対に放してはいけない、ということ。
ここで放したら、二度と捕まりません。
俺は両手で子猫をつかみなおし、
その最中、子猫に右手の小指をビーフジャーキーのように何度も噛みしめられ、
鞄と洋服を血で汚しながらも子猫を確保、
左胸に子猫の耳を当てて、心音を聞かせました。
少しだけおとなしくなったところで、
「本当にごめん、悪い、けど、ちょっとだけだから我慢して―!」
鞄のファスナーを開き、空いてたスペースに子猫を突っ込みました。
そしてそのまま、動物病院へ速足でGO!

「はい、こんにちはー、って、大丈夫ですか?!」
動物病院の受付のおねえさんは血まみれの俺にビックリ。
「いいえ、大丈夫でありません。
が、大丈夫です」
俺はそう答えると、
「診察お願いします。初診です、子猫です」と言いました。
おねえさんは「カルテ作りますね。お名前は?」
「知りません。てか、ありません。
十数分前に知り合ったばかりです」
「野良ですか。キャリーをもってらっしゃいませんけど、どこにいますか」
「野良です。この鞄に入ってます」
「ええっ」
おねえさんは二重にビックリ。
俺は鞄の中を見せて、
「今のところ、とても元気な子猫です」
と説明、家なき子の健康診断を依頼しました。
さっそく病院でノミ取りと駆虫を実行。
幸い、大きな病気にはかかっておらず、
病院に預けて検査してる間に家にキャリーを取りに戻って
家なき子は無事にキャリーにイン。
先生は俺の素手のファインプレイを
「グッジョブ!」と判定、「イイ人に拾われてよかったね」と
巨人に誘拐された家なき子に語りかけました。

こうして家なき子は保護されたわけですが、
病院を出る時、俺は先生に最後に訊きました。
「ところで、ここでは人間の怪我は手当できませんか?」
「できませんが、どうしました?」
「はい、これがこのように」
俺は血まみれの小指を出します。
「うおお」
先生はのけぞり、
「腫れてますよ。ばい菌が入ったかもしれませんよ。
人間の病院に行ってください」と言いました。

結論から言うと、
家なき子にビーフジャーキーのように噛まれた小指は
その日の夜にはパンパンに腫れあがり、
赤いソーセージみたいになりました。
俺は病院送りになりました。
ですが、俺は家なき子と出会ったことを後悔していません。
ろくでもない人生を驀進中の俺ですが、
ちょっとはいいこともできたかなと思います。
本当にささやかな、ちょっとのことですけど。
今は俺は、ソーセージと化した小指を、
少しだけ誇りに思います。


以上、ホラ三割程度で。
念を押しておきますが、
これは「猫は鞄に詰めろ」という話ではありません。
そんなことしちゃ駄目です。虐待です。
今回は移動手段として他に方法がなかったので、
十分間ほど、緊急措置を取っただけです。
恐怖の十分間のの代わりに、
ちゃんと家なき子の猫生には責任をとるつもりですので、
猫はいじめないで、大切にしてあげてください。
ブログランキング参加中にて、
「男爵って実はイイひとだなあ」とだまされた方、
「野良子猫を素手で捕獲ってどんな捕獲レベル?」と驚嘆した方、
「うん、イイ人ぶってるけど、勝手なだけじゃね?」と見抜いた方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
ちなみに、俺は鳩も素手で二回ほど捕まえたことあります。
基本的に、普通の人には素手で捕まえるのは、無理だと思います。
だから、みんな、それぞれ自分のできる範囲で、
できることをやればいいんじゃね? と思います。
捨て猫募金への協力だって、ビラ配りだって立派です。
誰だってみんな非力だけど、自ら動く限りは、無力じゃない、と思います。

« けっこう頻繁に。 | トップページ | 理想の。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/62547827

この記事へのトラックバック一覧です: 家なき子と赤いソーセージ。:

« けっこう頻繁に。 | トップページ | 理想の。 »