« なんかもう無理無理無理無理! なんですけど。 | トップページ | 恐怖の結果発表、そして。 »

2015年8月 2日 (日)

暑さの生贄、生贄。

どうもこんにちは、黒羊男爵です。
今日も暑いですね。
外に出るだけで消耗します。
こんなに暑い日が続くと(これからもしばらく続くと思うと)
「責任者、出て来いやぁ!」という気分になります。
「連日30度超え?! 殺す気か?!」
「暑すぎるんじゃ、ボケ!」
「物事には限度ってものがあるでしょ?!」などと、
太平洋高気圧に文句を言たくなります。

ですが、当たり前ですが、
太平洋高気圧には何を言っても無駄です。
彼(?)はただそこにあり、あり続けるだけで、
意志を持っていないからです。
(当たり前)

なので、別口から責めることにします。
そうです、正面突破が無理なら、側面から攻撃すればいいのです。
もしくは壁があるなら、壁をよけるか、
下に穴を掘ればいいのです。
というわけで、
太平洋高気圧の代わりに生贄となるのは、
「どうなんやゴラァ、聞いてんのかゴラァ」と
男爵に責められるのは、
テルテル坊主 になります。

テルテル坊主とは「晴天の化身」です。
つまりは太平洋高気圧のイトコみたいなもんです。
こいつが晴天とダイレクトにつながっているわけで、
世の小学生はみな、こいつに
「運動会を晴れにしてください」
「遠足を晴れにしてくださ」とか、
逆にひねって、こいつをあえてさかさまにして、
「(運動が嫌いなので)雨にしてください」
「(団体行動が嫌いなので)雨にしてください」などと
祈るわけです。

テルテル坊主は天気において晴天の化身なわけですから、
当然、ここ最近の猛暑の責任の一端を担うわけです。
要するに、日本列島のどこかで、
「連日 晴れにしてください」とテルテル坊主に願った人間がきっといて、
テルテル坊主はその願いをかなえたのでしょう。
わたしは断固として、テルテル坊主に言いたいです。
「物事には限度がある」
「一人の願いばかり聞くのは不公平ではないのか」
「果たして願いは、ここまでの猛暑を願っていたのか」
言いたいことはたくさんあります。
どうですか、みなさんも、
テルテル坊主に一言いってやりたくなりませんか?
言ってやりたくなりますよね?
「暑すぎる!」そう言いたくなりますよね?

だから、わたしは散々テルテル坊主に文句を述べたのち、
「ヒャッハー、てめえはこんな恥ずかしい目にあうのさ!」
と北斗●拳の悪役になりきって、
ティッシュで作ったテルテル坊主を逆さまに吊るしてやりました。
(全国のよいこのみんな、こんな大人にはならないでね!)
テルテル坊主は大変なことになっています、
スカートがめくれて、ハレンチなことになっています。
いけません、これはいけません、放送できません。
仕方がないので、逆吊りの刑は三分くらいで終了になりました。

だから、テルテル坊主は今、正しいカッコで
カーテンレールからぶらさがっています。
クーラーの風にふらふら揺れながら、ぶらさがってます。
あれ、この状態だと「晴天を願う」ことになっちゃうんじゃね?
なんということでしょうか、
ハレンチを避けようとすると、
晴天にならざるを得ないようになっていたのです。
こ、こんな罠……。
いや、いけない、ハレンチもいけないが、猛暑もいけない。
わたしはテルテル坊主をカーテンからおろし、
仕方がないので、

鼻をかんで 捨てました。

いや、ちょっと夏風邪っぽくて、鼻水が出てきたので。

でもどうでしょう、ここまで読まれた読者の皆様は、
「だ、男爵はなんて非道な!」
「残酷すぎる」と思われたのではないでしょうか。
可憐なテルテル坊主で鼻をかんで捨てるなんて、
はたして、人間の所業でしょうか。
ひとでなしですね。
ハレンチもいけませんが、惨酷描写もいけません。
仕方がないので、
わたしは、ゴミ箱に向かって、
「ごめんね」と言って、
もうひとつテルテル坊主を作りました。

いまテルテル坊主二号は吊るされることもなく、
机の上にあります。
だって吊るすと晴れになっちゃうし。
かといって逆さまはハレンチだし。
捨てても残虐行為だし。
どうしようもないじゃんね。
たぶん、この夏が終わるころには、
このテルテル坊主とお別れすると思いますが、
しばらくは我が家に滞在するようです。
生贄も、案外、あなどれないものですね。
もしかしたら、本当の生贄は、
猛暑にさらされる俺自身だったのかもしれない。


以上、ホラ九割程度で。
いやもう、だって、誰かに文句を言いたくなるじゃないですか!
暑いから!
俺も修業が足りないなあ。
もっと精進して、「ふ、今日は夕風が涼しいなあ」などと言えるようになりたいです。
でも、ちゃんとエアコンは入れてね!
この気候だと、クーラーないと死んじゃうからね!
ブログランキング参加中にて、
「確かに暑くて文句を言いたい」と思った方、
「テ、テルテル坊主を逆さまにするなんて……!」と驚愕された方、
「俺が実は猛暑を願っていました」と黒幕だった方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
江戸時代とかはもっと涼しかったのだろうか……。
打ち水とかで済んでいたわけだから、
ここまで暑くはなかったのでは……。
遠い目になりつつ、エアコンの温度設定を下げました。
修業の道は遠いようです。

« なんかもう無理無理無理無理! なんですけど。 | トップページ | 恐怖の結果発表、そして。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/62005122

この記事へのトラックバック一覧です: 暑さの生贄、生贄。:

« なんかもう無理無理無理無理! なんですけど。 | トップページ | 恐怖の結果発表、そして。 »