« 暑さの生贄、生贄。 | トップページ | キリギリスは歌う。 »

2015年8月10日 (月)

恐怖の結果発表、そして。

前回までのあらすじ:
 先週末、中小企業診断士試験を受験した黒羊男爵。
 七教科のうち、すでに三教科は取得、
 今年は四教科に挑んだ。
 が、残っている科目は苦手科目ばかり、泣きたくなるわー!
 本日 正解&配点結果発表があったが、
 はたして、男爵の運命やいかに……?!

あのね、反則だと思うの。
今年の運営管理(という科目)の難易度、大事故だと思うの……。
あれで六割とれって、鬼だと思うの。
あんなん、工場に実際 勤めてる人しかわからんがなー!
テキストにも出てこないがなー!
というような問題がたくさん。
もちろん、男爵は工場に勤めた経験などないので、
涙目になりながら問題に取り組みました。
その他の数字系の科目も、涙目。
法律系もダメっぽい。

つまり、四教科受けて、四教科ともダメっぽい……。
本日 正解と配点が発表されて、チェックしてみたけど……。
四教科ともダメっぽい……。

俺の一年はなんだったんだろうか……。
いや、もっと真面目にやってろ! というご意見もあると思いますが、
これはホラブログ、
ブログに書いてることはホラ混じりです。
男爵の水面下の努力など書いても誰もおもしろくないので、
書いてません。
(いま書いちゃったけどな。まあ笑ってゆるしてください)

来年、どうしようかなあ。

俺のこの結果に、家庭教師のS先生はしばし瞑目し、
「まだ続けるか?」と訊いてきました。
「結果は出たが、まだ続けるか?」
「……ちょっと考えさせてください」
珍しく落ち込んで真面目になってしまっている俺はそう返答し、
いまこうやって、一日遅れのブログを更新しています。

せめて一教科でも取れていればなあ。
そう思うけど、ダメだったものは仕方ない。
すごい惜しい科目も複数あったけど、
ダメだったものは仕方ない。

前を、向かなきゃね。
落ち込んでいても進まない。
俺の蔵書が破棄処分になってしまうかもしれないけど、
(というか、そういう約束だったけど)
蔵書以前に、俺の人生をどうしようか。

来年も粘るか、
もうやめるか。

考え中です。



以上、ホラ二割程度で。
今日はおもしろおかしいブログじゃなくて、ごめんね。
いやマジで、この試験結果は、なあ……。
やっぱ、運営管理の衝撃がすごかったんだよなあ。

でも、一つ言えることは。
俺はものすごくあきらめがいいけど、
同時に、固執するものにはものすごく固執する、ということです。

俺は、アリとキリギリスなら、キリギリス人生だけど、
キリギリスは冬になっても、生命が危険にさらされても、
大事な楽器を手放さなかったんだよ。
どんなに飢えても、自分の楽器は持ってたんだよ。
そういう意味では、キリギリスだってバカにできないよね。
キリギリスは、どんなときでも、自分の歌を歌っていたんだ。

どうしようかまだ考え中だけど、
俺は、立派なキリギリスでいたい、とは思います。
筋が通ってないのは、嫌だ。
そう思うんだ……。
もう何年越しになってしまうかも、だけど、
やろうと決めたことを投げ出すのは、まだ早い気もするんだ。
俺はまだ楽器を持っている。
自分の歌を歌ってる。
なら、やるべきことって……なんだろう。
正解はなんだろう。
ブログランキング参加中にて、
「ああ、そういう見方をすると、キリギリスもバカに出来ない」と発見された方、
「まあ、口は達者だよね、男爵はね」と冷めた視線をされた方、
「人生ままならないねえ、あんたも」と半ば同情混じりの笑みを浮かべた方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
俺は立派なキリギリスになりたいです。
いつもそれはそう思ってます。
自分の歌を歌い続けろ、とは
大好きなリチャード・バックの言葉です。
どんな環境でも、歌え。歌い続けろ。
そうすれば、最終的には惨敗しても、勝ったようなもんだと思います。

« 暑さの生贄、生贄。 | トップページ | キリギリスは歌う。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

テストお疲れ様でした。
私も過去に就職のためのテストを
8年間受け続けましたから、
その気持ち、よ----くわかります(^^)
そんな男爵さんに、ミスチルの歌を
3つプレゼント♪

高ければ高い壁の方が
登った時 気持ちいいもんな
まだ限界だなんて認めちゃいないさ

~終わりなき旅~

何度でも 何度でも
僕は生まれ変わっていく

~蘇生~

キリギリスの話、感激しました。
新しい視点です。

バイオリンを捨てないでくださいね。

jun様、こんにちは。
お返事が遅れて申し訳ありません。
ううう、お優しいお言葉、ありがとうございます。
泣きそうです、ていうか、ほぼ泣いてます。

世界に対して自分の無力を感じる時、
ミスチルの歌は胸に響きますね。

試験後、数日が経過して、
心の整理がだいぶできたように思います。
具体的にどうするか、まだ思考中ですけれど、
楽器は捨てないでいようと思います。

キリギリスの歌は、白鳥の歌と違います。
白鳥の歌は、白鳥が死ぬときに歌うという美しい歌です。
キリギリスの歌は、人生にあがくとき、
壁にぶつかったとき、飢えたとき、なにかをなくしてしまったときの
歌だと思います。
頑張って、歌いたいと思います。

ええもう、おもわずアリが総立ちになって、
拍手喝さいするような、食料を好きなだけ持ってって! と叫ぶような
歌を歌いたいと思います。

コメント、本当にありがとうございました。
とても嬉しかったです。(敬礼!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/62054589

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の結果発表、そして。:

« 暑さの生贄、生贄。 | トップページ | キリギリスは歌う。 »