« キリギリスは歌う。 | トップページ | もうそろそろ秋ですね。 »

2015年8月23日 (日)

発狂すごろく。

どうもこんばんは、黒羊男爵です。
ええ、今週は平常運転回です。
今後の資格関連はまた後日になると思います。
ていうか、このブログ、資格ブログじゃないんだから、
資格関連の出来事を書くのはどうかな、とも思うのですが、
俺の日常に食い込んでくるから、しょうがないです。
そのときは、「ああ、また(転がりまわって)やってるな……」と
ぬるい目で見守ってやってください。

で、本日のお題ですが。
先日、従妹に会いまして。
その時のお話になります。
歳は離れているのですが、けっこう仲良くなれた、と
俺的には思っている従妹なのですが。
先日 会ったときに、
「今日は男爵に会うから、特別に持ってきたよ!」と
言って、折りたたんだ紙と手作りらしい駒を差し出してきました。
「なにこれ?」
「すごろく。あのね、あのね、わたしの周囲じゃ
いま すごろくがスゴイ流行ってて!
その中でもサイッキョウって評判のすごろくを持ってきたよ!」
一緒にやろう、と言われて、
わたしは、「うん、いいよ」と何気なく同意しました。
すごろく いいじゃないですか、
健全な遊びですし、誰が傷つくわけでもないしね。
よくこういう人生系のゲームで友情が壊れたりしますが、
すごろくなら、運命はサイコロ次第で、作為的なことはできないし、
まあ、大丈夫じゃないの。
「じゃあ、始めよう! これはね、人生すごろくって言うんだよ」
従妹は嬉しそうに言って、わたしに駒を渡しました。

「人生すごろく? まあ、なんというか」
ベダだな。ベタベタだな。
「レトロゲーム的なところがいま流行ってる理由?」
「ううん、違うよ。超斬新なの。だから流行ってるの」
「斬新?」
人生すごろくが?
まあ、いいや、始めましょう。
従妹がすごろくの図を広げました。

「最初のコマは、ふりだし じゃないんだね」
一見して、わたしは言いました。
「なんで『中二・夏』なの?」
「進路が決まる時期だから!
人生に差が出てくる頃でしょ。
このすごろくはリアリティ重視だから」
「まあ、そうとも言えないこともないか。
じゃあ、サイコロを振ろう。
俺はルールがよくわからないから、先に振っていいよ」
「うん、やるね」
従妹は「そーれ!」と言ってサイコロを転がしました。
「やったぁ、有名高校進学だあ」
素直に喜んで駒を進めます。
わたしの番になったので、サイコロを振ると、
「普通高校に入学……」
なんか従妹の駒とは違う高校に入学しました。

それから、サイコロを転がし、
従妹:「一流大学入学」
オレ:「三流大学入学」
従妹:「在学中に税理士資格ゲット」
オレ:「コンパで昏倒・緊急搬送される。一回休み」
従妹:「卒業、金融機関に就職」
オレ:「中退、アルバイトを転々とする」
なんだか、わたしと従妹の駒の位置がどんどん離れていきました。

「このすごろく、一発逆転的なコマはないの?」
セレブになった従妹に、しびれを切らせてわたしは尋ねました。
「あるよ、ほら」
従妹の指先にあるコマには、
「宝くじ一等当選?!」
なるほど、これは挽回のチャンスです。
「来い!」
念じて振ったサイコロによって、
「あーあーあー……」
わたしは ふりだし に戻る、ことになりました。

従妹は楽しげに告げます。
「じゃあ、男爵はまた 中二・夏 からね」
「えっ、君はもう就職してるのに?!」
「うん。そういうルールだから」
「しょうがないな……」
わたしの駒は 中二・夏 に戻り、
高校入学からやり直します。
その間に、従妹は結婚し、子供を作り、家を建て、
「えー……」
わたしがどうにか三流企業に就職するころには、
「二十年前倒しでローン完済☆」
ものすごい差がついてました。

「ちょっと、ちょっと、このすごろく、
宝くじ以外に逆転はできないの?」
「できるよ!」
従妹はわたしの数コマ先のコマを指さします。
「自営業が成功し、大企業の役員になる?!」
これは、これはもうこのコマに行くしかありません。
「来い!」
再度 気合を込めて振ったサイコロの出目は、
「ええっ、また 中二・夏 に戻るの?!」
わたしは 三回目の 中二・夏 に入りました。

「ちょーっと、ちょっと!」
わたしはついに悲鳴をあげました。
「いつまで経っても、 中二・夏 なんだけど!
このすごろく、いつになったら、終わるわけ?」
「あがったら終わりだよ。
はい、あがり!」
従妹の駒は
ゴールのコマ・「永代供養付きの一等地の墓地に入る」に到着しました。
その頃、わたしのコマは、
「また コンパで昏倒 してるよ!」
「え、バイトを首になる?!」
「そしてまたまた 中二・夏 に戻るの?!」
永遠の 中二・夏 ループに突入していました。

「このすごろくはねえ、はまると本当に抜けられないんだよ」
うまくいくと、一発であがれるけど、
はまると 中二・夏 から抜けられないの、と
従妹は今さら追加情報をくれました。
「そんなん、今さら言われてもー!
あーっ、また 中二・夏 に戻ってるぅっ」
「ね、スゴイでしょ、このすごろく。
抜けられないんだよね」
「ちょっと待て!」
わたしはあることを思い付いて絶叫しました。

「もしかして、サイッキョウのすごろくって、
最強じゃなくて、
最凶ってこと?!」
「うん、そうだよ。初めから言ってたよ」
なんということでしょうか。
このすごろく、人間関係を壊すのではなく、
プレイヤーの精神を破壊するすごろく だったのでした。


以上、ホラ九割程度で。こんなんあったら、嫌でしょ……。
でも人生をリセットしたいと思ったことがある人には
いいかもしれない。
中学二年のあの夏からやり直したら、
あなたはどう変わりますか?
ブログランキング参加中にて、
やり直せたら、
「へっ、大成功してるね!」と自信満々の方、
「今とあんまり変わらないかなあ」と普通に流した方、
「今より確実に悪くなるから、やり直さなくていい」と感じた方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
ちなみに、わたしはやり直してもダメでしょうね。
やっぱりホラを吹いて、夢を見て、資格試験に落ちていると思います。

« キリギリスは歌う。 | トップページ | もうそろそろ秋ですね。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/62142756

この記事へのトラックバック一覧です: 発狂すごろく。:

« キリギリスは歌う。 | トップページ | もうそろそろ秋ですね。 »