« 戦(線)上のアリア。 | トップページ | 幸運の透明のビニ傘。 »

2015年7月 5日 (日)

もしも摸試が摸試ならば。

前回までのあらすじ:
 八月に中小企業診断士試験を受ける黒羊男爵。
 けど、このブログ読んでるみなさまはご存知のとおり、
 男爵は一本筋の通った怠惰万歳人生だよ!
 嫌いな言葉は、努力・汗・根性。
 好きな言葉は、快適。というキリギリス人生。
 そんな男爵がもう追いつめられて、
 (U-C●Nの摸試結果とかマジ シャレにならんかった)
 7月4、5日の予備校の摸試に向けて準備を始めたよ……!

摸試って、本番の模擬試験だから、「摸試」っていうんですよね。
いわばミニ本番ってことですよね。
つまりはまあ、何が言いたいかというと、
「摸試が本番の予行演習なら、本番は摸試とほぼ同じ結果になるじゃない?!」
ってことです。

それはマズいです。
ヒッジョーにマズいです。
U-CA●の結果が悪かったから、そんなことを言うのではありません。
今週末の、土日の予備校の摸試結果が
マズかったからです。
え、また財務会計で20点(ちなみに百点満点です)を叩きだしたんだろうって?
――違います。
じゃあ、運営管理で40点取れなかったんんだろうって?
――違います。

ヒント:俺の人生は予想できる方向へは行かない。

何がどうなったのか、わかりましたか?
え、わからない?

ヒント2:今週末の予備校の摸試結果は、全教科0点になりました。

わかりましたか?
さすがにもうそろそろ、薄々感づきましたよね?

そうです。その通りです。
俺はまたヤっちまいました。
とってもとっても大切なこの土日の摸試の日に!
ひどい眩暈と頭痛と発熱に冒されて、
病院にて診察を受けていたのです!

土曜日の一教科目の時間:医師による問診
土曜日の二教科目の時間:CTの待ち時間
土曜日の三教科目の時間:CTに入って、脳を輪切りにする
土曜日の四教科目の時間:採血、そして、点滴を二時間受ける
土曜日のその後:大量の薬をもらって帰宅

日曜日の一教科目の時間:寝込んでいる

去年の本試験の一週間前に寝込んだことはあります。
しかし試験の当日にCTと点滴受けたのは人生初です。
そうです、こんな俺にもまだヴァージンが残っていたのでした。
「試験そのものに欠席する」という……!
なんという落とし穴!
マンガのネタとしては容易に想像できるが、
現実にはあまりないと思われるパターン!
いや、受験シーズンにインフルエンザにかかるってのはあるかもしれない。
けど、今はほぼ夏ですよ?
俺は夏風邪をひいて、このありさまですよ?
どんだけレアカード引いてるんですか?!

故に、俺は思うのです。
もしも摸試が摸試ならば。
本番のミニチュアならば。
今年の本番、俺、寝込んで行けないんじゃないの?
また点滴うってるんじゃないの?

いや待て、俺の人生は事前に予想できるようにはならない。
ある意味、これで「試験病欠ルート」は潰れたのではあるまいか。
だから、今回の予備校の摸試は大きく得るものがあったのではないか。
つまり、今年の本番は、もう、予想できない事態が起きるとしか思えない。
ええー、低得点でもなく、病欠でもないネガティブな未来って、
いったいどんなんなの?!
俺、生きていられるの?
試験会場前で妊婦さんを助けようとして車に はねられたりするんじゃないの?
いや、だから、予想できるルートには乗らない人生だから、
これはないか。
ならば、いったい、八月の俺になにが起きるというのだ……?
もはや予測不可能となった男爵の中小企業診断士受験。
来月の今頃には本番だよ!
どんなことになっているのか、また見に来てあげてね!


以上、ホラ一割未満で。フィクション少な!
ていうか、マジで俺が怖いわ!
俺の一か月後の未来が怖いわ!

ちなみにCTの結果、脳に異常はありませんでした。
CTはあくまでも器質的な異常を見る物だから、
俺の思考回路がどんなにヤバくても画面には出ません。
血液検査結果も異常なし。
肝機能・腎機能・血糖値・鉄分その他、正常範囲内。
むしろ血液サラサラ。
なのに襲ってくる眩暈・頭痛・発熱……!
ホントにこれは風邪なのか?!

ブログランキング参加中にて、
「うーん、なんか深い病気なんじゃないのかなあ?」と思われた方、
「これは男爵の来月が楽しみ www」と思われた方、
「脳も身体もお大事に」と思われた方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
資格試験でここまでいろんな不運に落ちる人間もあんまりいないと思います。
でもまあ、よくよく考えたら、不運なんて日常茶飯事だよな。
俺の人生ではな。そういう意味では、通常運転だよな。
そんなこと、このブログ読んでくださってるみなさまは、
もちろん、よくご存知ですよね?

« 戦(線)上のアリア。 | トップページ | 幸運の透明のビニ傘。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

検査結果、異常なくてよかったですねー。
私の職場は、りんご病が流行っています。
まじな話です。びっくり。
お大事に----!

jun様、おはようございます。
いたわりのお言葉、ありがとうございます。
現実がつらい時にやさしいお言葉、涙が出そうです、わりとマジに。

ええと、りんご病ですか。
その道はすでに通っております、大学生の時に。
りんご病って、主に小学生がなる病気らしく、
大学生でなったわたしは、医者と看護師に爆笑されました。
「君、どんだけ永遠の小学生なの、はっはっは」って感じでした。
でも、大人でもなりますよね。
jun様もどうか、お身体大切に、ご自愛ください。
コメントありがとうございました!(敬礼)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/61840317

この記事へのトラックバック一覧です: もしも摸試が摸試ならば。:

« 戦(線)上のアリア。 | トップページ | 幸運の透明のビニ傘。 »