« 年始の光景。 | トップページ | 進んでるわけがねー。 »

2015年1月11日 (日)

マジでもうやっちゃったの?

前回までのあらすじ:
 今年夏に、中小企業診断士を受験する黒羊男爵。
 全7教科中、3教科はもうゲット!
 今年は4教科をゲットして2次試験を受けるんだぜ!
 ああ、そうだぜ! もう受ける気満々だぜ!
 と言いながら、ジャンプを読みながら、横になって菓子を食う日々。
 もちろん、勉強なんてしているわけが……!

人生って、常に意外性に満ちているもんですよね。
特に、オレの人生って
 ・エンディング(終了)
 ・クラウチング(待機)
 ・スターティング(開始)
 ・リーディング(読書) はふんだんにあって、
ないのは、
 ・ウエディング(結婚) くらいなんですが、

「努力なんか知らねえ、
嫌い、嫌い、大嫌い」って人生なんですが、

中小企業診断士って、かなり難しい資格なんですよ。
努力がなきゃ、取れないくらいには。

でも、自助努力・やる気が乏しいオレ。
アリとキリギリスなら、キリギリス人生まっしぐら・そんなオレを、
「はああ?! マジで?
もうやっちゃったの?!」という事態が襲来しました。

オレには、おばあさまが
オレに(無理やり)つけた家庭教師がいるのですが、
黒のピンヒールが似合うその先生は、
今週、
「申し込んだから」とオレに宣言しました。

「おまえの堕落しきった毎日と
向上心のない日常には、強くカツを入れる必要がある。
よって!
数字嫌い・財務会計苦手なお前の体質を変えるために!
今年2月に簿記検定二級をこっそり申し込んでおいた。
わくわくテストは来月だ、必ず合格するように」

愕然とするオレ。
ちょっと待って、来月テストって、え、なんのこと?
「はああ?! え、なんで、オレになんの相談もなしに、
オレの人生が決まっていくんですか?」
先生は冷酷なまでに冷静に言い切ります。
「お前に任せたら、なにも決まらないからだ」
「だからって! 来月テストって、んな急な」
「特段 急なことではない。
申し込んだのは去年末だ」
「去年申し込んだ? 
なのになんで知らされるのは1月中旬なの?!」
「お前のやる気をより出すために、
あえてお前を追い込んでみた」
「追い込む必要ないでしょ!
どこまでSなんですか、先生は。
ちょっとそんな急に言われても、合格できるわけが」
「問題ない」
先生は見覚えのある教材をオレの眼前につきつけました。

――20日で受かろう! 簿記2級

「20日で合格できる教材だ。
以前 お前が買っていただろう。
試験日は2月22日・日曜日、
この教材をマスターできれば、
スケジュール的には全く問題ないな。
ちなみに、不合格という将来はありえないと、
釘をさしておく」

「ちょ、ちょっと、今からいきなり勉強ですか?!
オレにはワー●リと黒●スのアニメを見届けるという
崇高な使命が」
「その使命とはしばらくお別れするんだな」
先生はニヒルに笑い、ヒール音を響かせながら去っていきました。

あとに残されたのは、へたりこんだオレと教材。

「え、ホントなの?
マジでもうやっちゃったの?
申し込んじゃったの?
これ、ドッキリとかじゃなくて、
オレ、簿記二級 来月22日に受けるの?」
茫然とつぶやくオレにはもう、逃げ場がありませんでした。
冬が来た時、キリギリスは、どうなるんでしょうか。
死ぬしかないんですか?
死にたくない場合は、どうなるんでしょうか?
どうずればいいの?
簿記二級って今から勉強してとれるもんなの?

で、どんくらい勉強しなきゃいけないの?
オレは、そーっと教材を開いてみました。
ヤバイ。
1日分のノルマが分厚い。
これ、1日分がめっちゃ多いよ!
とてもじゃないけど、アニメ見ながら、
マンガ読みながら、だらだらと生活していて
クリアできる量じゃないよ。
ひょええええ……。

こうして、キリギリスは無理やり冬の寒空に
野原へ追い出され、
アリの家に入れてもらうためには、
「簿記二級を取るしかない!」のでした。
人生って容赦なく、しょっぱいよね。
これって、オレの人生だけなのかな?
それとも、みんなの人生も「しょっぱい」時があるの?
まあ、生きてれば、いろいろ起きるよね。
そう、

 ・ハプニング(発生)


とかね。



以上、ホラ二割程度で。
ブログランキング参加中にて、
「うん、オレもしょっぱい時があるよ」って方、
「気持ちわかるわー」って思ってくださった方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
あと一か月くらいで簿記二級、受かると思う?
受かったら、すごいと思う。
だっていまのオレは、
「この教材、前にもチラ見したはずだけど、
初見のようにフレッシュだわー」って感じなんだけど。
フレッシュでしょっぱい人生。
まるで、そう、100%搾りたてレモンジュースみたいだね。
飲んだ後、涙目になるのは生理的に仕方ない。

« 年始の光景。 | トップページ | 進んでるわけがねー。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/60959109

この記事へのトラックバック一覧です: マジでもうやっちゃったの?:

« 年始の光景。 | トップページ | 進んでるわけがねー。 »