« 進んでるわけがねー。 | トップページ | 熱烈な。 »

2015年1月25日 (日)

大人と子供。

どうもこんばんは、黒羊男爵です。
今日は、「大人と子供」というお題でお送りしたいと思います。
そうです、
誰もが一度は子供であり、
誰もが一度は大人になるのです。
これを読んでくださっているあなたも、
一度は、子供であり、または大人であるわけです。

わたしの子供の頃の思い出というのは、
すっごい分量があります。
なにせ、一番古い記憶は二歳の春の記憶なので、
つまり、生まれてから最初の一年以外の記憶はあるわけで、
それから何十年か経っているわけで、
今は、
「子供時代ってあっちゅう間だったなあ」と思いますが、
当時としては長い、長い時代でした。

それから、男爵位を継いで、大人になるわけですが、
大人になってからも、しばらく子供でした。
これはオレだけではないと思いますが、
「大人になっても子供」というひとはけっこういます。
具体的な例をあげますと、
「飲酒可能な年齢になっても幼児」というひとです。

わたしがその具体例の真実に気づいたのは、
飲酒可能な年齢を過ぎてからだったので、
あまり教訓として意味がなかったのですが、
このブログを読んでいて「未成年」というひともいるかもしれないので、
一応、記録しておきますね。

稀に、「酒に酔った勢いで」犯罪を犯してしまい、
警察などにしまわれてしまう方がいらっしゃいますが、
こういう方は、
「大人になっても子供だった」という方です。
つまりですね、
日本では、「お酒は二十歳になってから」なわけです。
実際の肉体年齢・精神年齢は二十歳でも、
「飲酒年齢」は「一歳」なわけです。
「一歳」といえば、かなりな子供です。
ていうか赤ちゃんです。
ですから、お粗相をしてしまっても、
仕方のないことなのかもしれません。
なにせ、仮に「二十五歳」になったとしても、
飲酒年齢は「五歳」なわけです。
やっぱり、これはかなりな子供ですね。
これは、路上で寝てても仕方ないかもしれません。
なにせ子供なんですから。
どこでも寝ます。
仮に犯罪などをしようものなら、
もう大人だから、警察に捕まっちゃいますがね。

ずっと時を進めましょう。
仮に三十三歳になったとしましょう。
三十三歳。うん、これはすごく大人な感じしますね。
でも、飲酒年齢は「十三歳」=「だいたい中学二年」です。
あれ?
なんか急に残念な感じが漂ってきましたね。
なにせ「小学校五年」「中学校二年」といえば、
人生の中でももっとも「ア●」、もとい、「多感」な時期です。
うーん、なにか起きてしまうかもしれませんね。
起きてしまうひともいるかもしれません。
油断できませんね。

そう考えていくと、
「大人がすべてにおいて大人になった」と言えるのは、
四十歳くらいなのかもしれません。
さすがに四十歳になれば、飲酒年齢も二十歳ですから、
そうそう失敗はしないでしょう。
人生は四十歳から、そう言ってもいいかもしれません。

飲酒年齢以外にも、
「ギャンブル年齢」「恋愛年齢」「オタク年齢」「宗教年齢」
「ゲートボール年齢」「絵画年齢」「音楽年齢」「読書年齢」
他にも他にも、いろんな年齢があります。
人は何かを始める時は、常に「一歳」です。
人は、新たに何かを始める時は、「赤ちゃん」というわけです。
つまり、可能性としては、
「新しいことを始める」=「(部分的に)もう一度 赤ちゃんに戻る」と言えなくもない。
飲酒年齢の例はちょっと悪いパターンになっちゃいましたが、
これは、人は誰でも、人生をやり直せるということでもあります。
悪いこともあるかもしれませんが、
いいこともあるかもしれませんね。
新しい人生、いいことがあるといいですね。

ちなみに、わたしが
「俺って、大人になったなあ」と思ったのは、
「あのひと、ホビ●トに似てる」と思っても、
「あなた、ホビッ●に似てますね」と言わなくなった時です。
ああ今までなら、すぐに言っていたのになあ、
言った後の相手の反応を考えて、
言わなくなったなんて、俺って大人になったなあとシミジミしました。
はい、いままでの話とは全然関係ないですね。
いろいろ年齢について言いましたが、
大人かどうかなんて、結局、自覚の問題なんでしょうね。
法律的には二十歳で大人、
精神的には「大人になった」と思えた時が大人、
それでいいのかもしれません。


以上、ホラ九割程度で。
まあ、いろいろもっともらしいこと書いてますけど、
ほとんどホラですね。
ブログランキング参加中にて、
「ああ、オレももう大人だな」と感じた方、
「いや、わたしはまだ子供ね」と感じた方、
「とりあえず今日の話題は、自分には関係ねーなあ」と思った方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
ホ●ットのくだりが真実かどうかは、
そっとしておいてください。
大人になった瞬間、それは甘酸っぱくも切ないものです。
胸の奥にしまっておくのが、一番いいことかもしれません。

« 進んでるわけがねー。 | トップページ | 熱烈な。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/61033637

この記事へのトラックバック一覧です: 大人と子供。:

« 進んでるわけがねー。 | トップページ | 熱烈な。 »