« 決戦! 煮えたぎる鍋! | トップページ | 天高く、馬が。 »

2014年10月12日 (日)

再始動なんですか、そうですか。

前回までのあらすじ:
 中小企業診断士をなにがなんでもとらなければならない男爵。
 幸か不幸か、生来のヒキの強さを発揮して、
 七教科中三教科はほぼ合格点+1点でゲット。
 来年は四教科をゲットすれば、二次試験へ進めるのだが……?!

そんな急に勉強する気になんねえですよ。
だって、八月に試験が終わったばっかりですよ?
そんで次の試験は来年の八月なんですよ?
年内は勉強なんかする気になんねえですよ。
当方、年季の入ったキリギリス人生につき、
ゆったりたっぷりのんびり、ゴーロゴロするに決まってるじゃねえですか。

ずっとコミックス買ってた
ワールド●リガーもアニメ化されたし、
黒子のバ●ケも来年 三期目やるし、
いろいろチェックして今は趣味の生活を満喫、
「できるわけがなかろう、馬鹿が」
満喫、しようと思ってた矢先、
家庭教師のS先生が来襲、
録画していたワールドト●ガーを見ようとしていたオレから
リモコンを取り上げました。
「おまえ、現実がわかってるのか」
「は? もちろんですよ」
いつものように冷たく厳しいS先生に、
わたしはのんびり答えます。
「残りは四教科なんだから、
来年、一教科を二か月でこなしていけば八月の試験は確実に合格」
「できるわけがなかろうが、このクズ!」
S先生がリモコンの消去ボタンを押します。
「あ、オレのワー●ドトリガー!」
「おまえ、一次試験の次に二次試験があることを忘れているだろう」
S先生は言い放ちます。
「つまり、一次の四教科の対策プラス、二次試験対策もやらねばならない。
アニメなんか見ている暇はない。
さっさと年内に四教科を一周し、
来年は四教科+二次試験対策に取り組むのだ」
「えええええ、まだ時間あるのに今からそんな」
「……来年、合格のめどが立たなければ、
お前の蔵書は今度こそ燃えるゴミに出される。
忘れたわけでは?」
「ないです、ないです! 勉強させていただきます」

オレは泣きながら、勉強の計画表を作り始めました。
畜生、なんでこんなことに。
大人になったら勉強なんかしなくていいと思ったのに。
子供のころ考えてた大人とは現実はだいぶ違うなあ。
人生は一生勉強ですね。
勉強しなければ、破滅してしまいます。
つまり、湖を美しく漂う白鳥のように、
水面下ではバタ足を必死に行っているわけです。
別に、確かに中小企業診断士とらなくても死なないけど、
でも将来の選択肢が狭まることは確実です。
将来の幅を広げるためにも、
「とらないと、ダメなんかなあ」
ため息がでます。
再始動。
ああ、短い休みだったなあ。
まだ読んでないマンガ、いっぱいあったのに。


以上、現実ってほろ苦いよねって感じで、
ホラ三割程度で。
今週はお笑い要素が少なくてすみません。
オレの人生が下降気味なんでね。
来週はおそらく、貧乏友の会にて開催予定の
「芋焼きハロウィンパーティー」について
お届けすることになるでしょう。
たぶん、きっと、おそらく、確実に、
なにかが起きてしまう可能性・大。
画家も来る予定です。
嫌な予感しかしませんけどね。
ブログランキング参加中にて、
「ああ、人生ってままならないよね」って思った方、
「来週のクラッシュに期待」って思った方は
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
来週は、つまり、ウチの庭でみんなで芋を焼くわけですが、
それだけで済むわけない気がする。
もしかしたら、ウチが全焼するかもしれない。
そんな感じの今日この頃です。
秋ですね。

« 決戦! 煮えたぎる鍋! | トップページ | 天高く、馬が。 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/60465879

この記事へのトラックバック一覧です: 再始動なんですか、そうですか。:

« 決戦! 煮えたぎる鍋! | トップページ | 天高く、馬が。 »