« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月27日 (日)

美しいこころ。

前回までのあらすじ:
 いつものように、持病が悪化して入院した男爵。
 でも、やってることは 単なるろくでなしだよ!
 人生いろいろ起きてるけど、
 平常心とユーモアと心のゆとり、それに夢とホラがあれば、
 どこにいたって、楽しいよね。
 つーか、強引に力任せでなにがなんでも
 「楽しい」方向へ持っていく心意気。
 そんな男爵は今週は何をしていたのかな?!

特に何もしてません。
ええ、この前やらかした「病室内での花見」がたたって
(そのときの日記は下記:)
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2014/04/post-6847.html
婦長直々の監視下にあり、
身動きが取れないのです。

そんなんだから、
やることと言えば、
「ベッドで横になっていろいろ考える」程度です。
いや、いまの時間は雌伏の時なのです。
今のうちにいろいろ仕込んでおいて、
退院前に少なくとももう一回くらい、
病人仲間の斎藤君と非日常体験をやるつもりです。
だからあえて、今は従順な病人を装ってます。
ははは、そのうちまた、病院の伝説を作るよ!

てなことで、
だらーっと横になって、ぼけーっと物事を考えてるわけです。
一日。
ただ漠然と考えていても、つまらないので、
毎日「脳内お題」を作って考えてます。
だから、妄想というより、考察に近いかな。

本日のお題、それは、
「美しいこころ」です。

病人やって入院すると、
そりゃいろんな人に会います。
大部屋で一緒になったりすると、
否が応でも人間関係が発生します。
そこのところは、オレも斎藤君も慣れたもんですが、
それでもちょっと、
「ひとりになりたい……」と思うこともあります。
そうですね、向かいのベットで寝ていた人の顔に、
白い布がかけられて、ストレッチャーでどこかへ運び出されたりすると、
かなりブルー入ります。

そんなときでも、場の空気が読めないんだか、読む気がないんだか、
という人も同部屋にいます。
いつも通りにせわしなくオレに話しかけてくるのですが、
こちらはナーバスになってるので、
「へえ、そうなんですか、あのひとがそんなことをねえ」
「へえ、そうなんですか、もう三日もお通じがないんですか」
「へえ、そうなんですか、今日のおやつはリンゴゼリーですか」
などととオウム返しにするばかりの会話になります。
いかんいかん、オレのユーモアはどこへ行った?
反省し、そしてふと、
「どんなときでも 美しいこころ ってどういうこころだろう?」と思いました。

このテーマは意外と深くて、
一日 考えるに値します。
よって、本日のお題は「美しいこころ」になりました。
オレの考察が始まります。
以下、オレの脳内。

「美しい」という形容詞がそもそも漠然としているよな。
どういうものが美しいというものなのだろうか。
動物学的には左右対称の顔が美人らしいというのがあるが、
それは外見の話だからな。
こころ、とした場合の「美しい」はどんなんだろうか。
例えば、マザー・テレサみたいなのが、美しいというのだろうか。
マザー・テレサはちょっと普通以上に美しすぎて、偉人すぎて
一般的な「美しいこころ」というには、大きすぎるのではあるまいか。
オレが考える 美しいこころ はもっとこう、
路傍の花のような、身近にあるけど、感動するような こころ だな。

そういえば、ドストエフスキーは「美しい人間」を追及して、
『白痴』を書いたわけだが、
あれはハッピーエンドのような、アンハッピーのような、
微妙な終わりだったよな。
それに主人公の青年は結局、周囲に理解されることはなかったし。
美しいこころ は理解されがたい、孤独も内包しているのだろうか。
オレ自身が 美しいこころ ではないので、
よくわからんが、カリスマな人は孤独ではあるよな。
美しいこころ=カリスマとは限らんか。
じゃあ、美しいこころ には引力がないんだろうか。
そんなわけないよな、
美しいこころ がそばにあったら、
きっと好きになるし、引力を感じるよな。

ちょっと待てよ、
本当に好きになるのかな?
ドストエフスキーの場合、周囲の人は特別好きにはならなかったよな。
実際問題、自分は内面に醜さを抱えているわけで、
それが 美しいこころ の人にどう見えるか、
かなり厳しいだろ。
もしかしたら、「いやー、見ないでぇ」ってなって、
美しいこころ を遠ざけるという展開もあり得る。
つまり、美しいこころ の人はやっぱり、
ちょっと孤独もあるのかもしれんな。
それはかなり悲しいなあ。寂しくないのかな。

オレが知ってる中で、一番 美しいこころ のひとは誰かな?

人生を思い返して、 ひとりしか、思い当たらない。
あのひとは、美しいこころ の持ち主だったと思う。
でも別に、人から疎まれたり孤立とかはしてなかった。
むしろ、お葬式では、みんなが泣いていた。
「あのひとの悪口を言う人を聞いたことがない。
 あのひとが悪口を言うところを聞いたことがない」って
ご家族が言ってたな。
そりゃあまあ、葬式の場で悪口言われるって言ったら、
かなりな極悪人だけど、
それでも、家族が、
「悪口を言うところを聞いたことがない」ってのはレアだよな。
誰だって、家族に愚痴くらい言いそうなもんだしな。
それすらなかったのは、
やっぱり 稀有な 美しいこころ の持ち主だったんだろうな。

ここまで考えて、オレはちょっと泣きました。
オレはあのひとが大好きだったので。
ろくでなしなオレですが、
あのひとは いつもオレの冗談に笑ってくれました。
ご飯を一緒に食べて、一緒に桜を見てくれて、
「ああ、きれいだねえ」と言ってくれました。
あのひとは、花のことをきれいだと言っていたけれど、
本当にきれいだったのは、
さんざん苦労していたのに、『世界』を美しいと思えるあのひとのこころ
じゃないだろうか。
ああ、そうか、
美しいこころ ってのは、そういうものか。

どんな逆境にあっても、
『世界』は美しい と肯定できるこころ が
美しいこころ なんじゃないだろうか。
こころは世界を映す鏡、
美しい世界が映っていたのなら、
それは、 そのひとのこころが美しいから ではないだろうか。

そういう結論に至り、
オレは壁へ向かい、しばらく背中を丸めてじっと涙をこらえてました。
オレの心は別に美しくはありません。
善悪もある、普通だと思う。
でもなんだか、普通の心のオレですが、
きれいな、美しいこころのひと と一緒にいた時だけは、
オレもこころが澄んでいたような気がする。
ああ、そうか、こんなに世界はきれいなんだって、
教えてもらってた気がする。

もしまた、美しいこころのひと に出会えたら、
オレはとびっきりのホラと冗談で、
そのひとを笑わせたいと思います。
きっと、そのときは、オレも 美しいこころ のおすそ分けを
もらってると思う。
いつかまた会いたい。
そう思って、オレは壁から向き直って、
隣のベッドの人の
「そんでさー、四日ぶりのウ●コが固くてさー」という話に、
「そりゃ、大変でしたね」と熱心に相槌を入れました。
いまのオレにできるのは、
こんなことくらいです。


以上、ホラ七割程度で。
美しいこころ のひとはいるよ。本当にいるよ。
奇跡みたいなひとが、本当にこの世界にはいる。
いつか絶対に出会えるよ。
そしたら、そのときは、そのひとを 大切に大切にしてください。
きっと一緒にいるだけで、
幸せになれるから。
ブログランキング参加中にて、
「ああ、オレもそういうひとに会ったことあるわ」って方、
「まだ会ったことないけど、会いたい」って方、
「なんつーか、オレ自身が 美しいこころ ですが、なにか?」って思った方は、
下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
世界は美しいですよ。
病気してても。苦労してても、不幸でも。
オレはそのことを、あのひとに教えてもらった気がします。

2014年4月20日 (日)

オレたちのこと。

前回までのあらすじ:
 毎度のことながら、持病が悪化して入院した男爵。
 ホームグラウンドのいつもの病院で
 婦長に怒られたり、
 看護士さんに怒られたり、
 執事に怒られたり、という日々。
 つまり一言で言えば、
 「入院してるけど、ろくでなしだよ!」ってことです。
 ろくでなしは、どこへ行ってもろくでなしだね!

この病院での病人仲間に
「斎藤君」という青年がいます。
初回の入院時に同じ部屋だった彼は、
初めての挨拶から男爵と意気投合、
医療法人●●会●●病院の伝説、
「男爵&斎藤君」コンビが結成されました。

オレがたまに入院する(メインは自宅療養)の後衛型なら、
斎藤君は常に入院している戦地常駐・前衛型病人です。
オレより入院歴は長いけど、
オレと同じくらいユーモアのセンスがある斎藤君。
いままで二人で、
「(病室での)真昼のパーリー」
「(夜中の病室での)ゾンビゴッコ」
「(病室内での)お花見」
などを演出してきました。
そのたんびに、婦長には物凄い量の説教されましたが、
斎藤君も俺も こりません。
なにせ灰色の病人生活、
それを明るくするには、
「ユーモアと非日常が必要だよね!」。
そんな楽しい相棒の斎藤君について、
オレの知っていることを語ってみましょう。

斎藤君の病気は不治の慢性病です。
珍しい病気(厚労省指定)なので、
よく効く決定的な薬とか、
治療法とかはまだ確立されていません。
対症療法的に、点滴や投薬でその場をしのぐ状況です。
だから彼の後ろには常に点滴棒(正式名称不明)が
あります。
手首には点滴用の穴が開けられています。
体型は痩せ型で頬が少しこけています。
ですが彼の眼にはいつも明るい光があり、
口元には笑いじわがあります。
笑うことが大好きで、冗談ばかり言います。
彼が来ると場が明るくなる。
そんなひとです。

彼がいると、オレのホラはとめどなく流れます。
ある日、ナースステーション前にて。
オレ:「ここさ、二階に開かずの扉があるでしょ」
斎藤:「あるねえ。それで?」
オレ:「昨日どうしても我慢できなくてね、開けちゃった」
斎藤:「へえ! どこにつながってたの?」
オレ:「驚くなよ」
斎藤:「なになに?」
オレ:「なんと、院長室につながってたんだよ!」
斎藤:「院長室に?!」
オレ:「せっかくだからさ、院長の椅子に座ってみて、で、
    『怪盗バロン参上。大切なものをいただいた』って紙を置いてきたよ」
斎藤:「ああ、それでか! やっとわかったよ」
オレ:「そうなんだよ」
斎藤:「だから院長は入れ歯をなくしていたんだね!」
オレ:「オレが盗んだのは入れ歯じゃないよ、カツラだよ!」
斎藤:「てことは、入れ歯はあのひとが……?」
オレ:「信じられないよね」
斎藤:「まさか婦長さんがコレクションしていたなんて……!」
オレ:「そんな習癖があの婦長さんに?!」
婦長:「――もういいから、二人ともそこに正座して歯を食いしばれ」

こんな感じで、オレと斎藤君がそろうと、
話がどんどん飛躍して膨らんで
制御不能になっていきます。
必然的に拳骨をもらう機会が増え、
正座の回数も増えていきます。

別のある日、ナースステーション前にて。
斎藤:「オレ、ついに告知されちゃったよ」
オレ:「ああ、やっぱりこの日が来てしまったか……」
斎藤:「前々からそうじゃないかなとは思っていたんだけど」
オレ:「まあ、ね」
斎藤:「ビックリだよね」
オレ:「ホントに」
斎藤:「オレが魔王の生まれ変わりだったなんて……!」
オレ:「オレは勇者の生まれ変わりだから、
     オレたちは戦わねばならない宿命を背負っていたんだね」
斎藤:「友よ、できれば永遠に友でいたかった……!」
オレ:「オレもだよ、魔王。だが宿命には逆らえない」
斎藤:「こうしてオレたちの戦いが始まる……!」
婦長:「――二人とも、脳のレントゲンを撮ってもらいましょうか?」

なんで毎回ナースステーション前かというと、
オレたちは観衆(ギャラリー)を欲しているからです。
だから毎回 婦長に殴られてますが、
別にマゾではありません。
婦長の背後で机に突っ伏して笑ってる看護士さんや、
あっけにとられて茫然としている見舞客のために
オレたちは真顔でホラを吹きまくります。
こうして日々 伝説は作られていきます。
オレが退院するまで伝説は続きます。


以上、ホラ九割程度で。
斎藤君は自分が完治して退院する日が
永遠に来ないことを知っています。
自分が病院で死ぬことを知っています。
「でもさ」と彼は言います。
「だからどうしたって言うんだ?
人間はみんな誰だって死ぬんだ。
オレも同じだよ。人間だよ」
彼は生きることを、けっしてあきらめません。
オレは彼の生きざまが大好きです。
彼のように生きて、彼のように死ねたら、と思います。
ブログランキング参加中にて
お気に召したら、下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2014年4月13日 (日)

みたいな。

前回までのあらすじ:
 日ごろの行いか、誰かの呪いか、
 またまた入院してしまった黒羊男爵。
 しかしその病院は何度も入院したホームグラウンド、
 斎藤君という、ツーカーの仲間もいる病院だった。
 はたして、男爵は婦長の言う通り、
 おとなしく病人をやっているだろうか。
 今週の男爵の様子を見てみよう!

どうも、こんにちは、黒羊男爵です。
ええ、入院中です。
病人やってます。

が。
ひたすら病人だけやっててもツマラナイよね!
だって、病人歴が長いから、
病人だけに集中してるとネガティブになってしまう。
そんなときこそ、非日常を創造して楽しまないとね!
え、病人は寝てろって?
そんなこと言ったら、オレは一生 寝たきりだよ!

てなわけで、先週の木曜日、
わたしと斎藤君はまたヤッちまいました。

先週の日曜日:
斎藤君:「男爵、ホントに大丈夫なわけ?」
わたし:「大丈夫、大丈夫。発注はもう済んでて、
     ウチに水曜日には届くから。
     執事にもって来させるよ」
斎藤君:「執事さん、協力してくれるの?」
わたし:「心から協力しないだろうけど、
     A●Bの握手券で買収したから、大丈夫」
斎藤君:「あの堅そうなひとがAK●……」
わたし:「人間だれしも、弱点はあるってこと。
     それさえつかめばこっちのもんだよ、
     はっはっはっは」
斎藤君:「合言葉は?」
わたし:「みたいな!」
斎藤君:「みたいな!」

先週の水曜日:
斎藤君「男爵、そろそろいいかな?」
わたし:「ええと、壺にポットに脚立、扇……。
     今日アレも来るはずだから、
     バッチリだね!
     明日 実行しよう」
斎藤君:「合言葉は?」
わたし:「みたいな!」
斎藤君:「みたいな!」

そして先週の木曜日、
ついに実行当日となりました。
わたしがいる大部屋が会場となります。
まず部屋のドアを締め切り、
六人いる同室の方にはすべて
ベッド回りの個別カーテンを閉めてもらいました。
部屋の中央でする作業が見えないようにです。

わたしと斎藤君は大部屋の中央に
執事がこっそりと運んできた物資を配置します。
斎藤君:「男爵、脚立はこのへん?」
わたし:「ああ、いいんじゃないかな。
     斎藤君、お湯は?」
斎藤君:「さっき沸いてたよ。早い、さすがティフ●ール」
わたし:「これ、ちゃんと中央に敷けてる?」
斎藤君:「もうちょい左かな? 壺はいい感じ」
わたし:「よっしゃ、じゃあカーテンを開けよう」
斎藤君:「合言葉は?」
わたし:「みたいな!」
斎藤君:「みたいな!」

「いいですかー、
まだ目を開けないで下さいよー。
カーテンだけ開きますからねー」
私と斎藤君は同部屋の六人のベッドカーテンを
開けて回ります。
ベッドの上にはおじさんやらおじいさんやらが
律儀に言われたとおりに目をつぶって
横たわっています。
これからなにが始まるのかは
まったく聞かされていません。

よっしゃ、準備完了!

斎藤君:「それでは合言葉を言ってください!」
部屋のみんな:「みたいな?」
わたし:「目を開けてください!」
部屋のみんな:「おおおおおおお!」

合図で目を開けたみんなは、
目にした光景にどよめきました。

大部屋の中央に緋毛氈(ひもうせん。赤いじゅうたんみたいなの)が
一面に敷かれています。
その上には信楽焼の大きな壺が置かれ、
壺には、いまがさかりと満開の花をつけた
桜の枝が八本 活けられていました。
設置された脚立にのぼった斎藤君が
大きな緋色の扇で桜をあおぐと、
桜の花びらが、はらはらと緋毛氈に舞い落ちます。

「すごい、本物の桜だ!」
同部屋のみんなは思わず起き上がって、
まじまじとその光景を見つめます。
わたしは号令をかけます。
「さ、起きられるひとはもっと近くへどうぞ。
触ってもいいし、じっくり見てください。
合言葉は?」
同部屋のみんな:「みたいな!」
みんなで桜を囲んで車座になります。
わたしはテ●ファールで沸かしたお湯で
桜茶(塩漬けの桜にお湯を注いだもの)を作り、
配って回ります。
塩分が気になる方には、
わたしがたてたお抹茶を配ります。

みんなは手の内の井戸茶碗の桜茶の桜を見て、
頭上の桜を眺めて、
ため息をつきました。
「きれいだなあ」
「まさか、本物の桜をこんな近くで見られるとは思わなかった」
「桜、遠いもんなあ。本当に何年ぶりだろう」
中には涙ぐんでいる方もいました。
病人生活の楽しみといえば、お見舞いとテレビだけ。
桜を見るのも、テレビの中継か、
窓の外の遠い桜を眺めるだけ。
桜吹雪なんて、もう何年も経験していません。
同部屋の仲間の中にはご家族がすでに亡く、
お見舞いすらほとんどないという方もいます。

「まさか桜を見られるとは思わなかった。
ありがとう、男爵君、斎藤君」
誰ともなく感謝の言葉と拍手が沸き上がりました。
わたしと斎藤君は首を振ります。
斎藤君:「いいえ、お礼なら、竹内さん(仮名)に言ってください」
わたし:「今回のプロジェクト『みたいな』は竹内さんのおかげで
     始動しましたから」
みんな:「え?」
竹内さん:「え、オレ?」
みんなの視線が竹内さんに集まります。

わたしは説明しました。
「今回の『みたいな』プロジェクトのアイデアは
竹内さんからです。
竹内さん、この前、言っていたじゃないですか。
「桜がみたいな」って。
だから、斎藤君とわたしで魔法をかけました。
竹内さんのあの一言がなかったら、
いまのこの光景はありませんよ」
竹内さんは慢性病で入院歴が長く、
またご家族が亡くなっているので、
お見舞いも差し入れもほとんどありません。
わたしと斎藤君は竹内さんの一言を
かなえるべく、今回 奮闘したのでした。

「ありがとう、ありがとう」
竹内さんは涙を浮かべて、
わたしと斎藤君に頭を下げました。
わたしたちはあわてて手を振ります。
わたし:「竹内さん、わたしたちは便乗しただけなので、
     むしろお礼を言うのはこっちですよ」
斎藤君:「そうですよ、楽しかったですよ」
竹内さん:「本当にありがとう」
みんな:「ありがとう」
わたし:「いやもう、お礼なんてお互い様ですよ。
     同じ病人仲間じゃないですか。
     さ、そんなことより、桜を楽しみましょう。
     屋外が遠いんなら、屋外を室内に入れればいいんですよ。
     合言葉は?」
みんな:「みたいな!」

こうして、男爵&斎藤君プロデュースの
プロジェクト『みたいな』は無事完了しました。
正確にいうと、この後、
どんちゃん騒ぎになって、
婦長が鬼の形相で乗り込んできて(二回目)
わたしと斎藤君はまたリノリウムの床で
正座させられて、説教を食らいました。

婦長は半ば呆れてました。
婦長:「よくもまあ、室内で花見なんて思いつきますね」
わたしと斎藤君:「いやあ、それほどでも」
婦長:「褒めてない!」(拳骨がわたしたちの頭に落ちる) 
日常の中の非日常って大切だよね。
まして病気なんてネガティブなもの抱えていたら、
心の持ちようで人生が変わってしまいます。
たまには はめを外してもいいんじゃないの。
桜の季節くらいはさ。


以上、ホラ九割程度で。
まあ、仮名が多いし、そもそも病院名も伏せてるから、
ホラが多くなります。
でも、お花見はしたよ。
桜っていいよね。
それでは最後に合言葉は?
ブログランキング参加中にて
「みたいな!」と思ってくださった方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
「みたいな」はあえて平仮名です。
「見たいな」と「~みたいな」(花見みたいな)(女子高生風)を
かけてます。
竹内さんは桜の下で笑ってました。
それだけでわたしと斎藤君は満足です。

2014年4月 7日 (月)

更新遅れてすんません、やっぱり入院だよ!

ココログにていいね!してくださってる方へ:
 いいね!返しができなくて申し訳ありません。
 ちゃんとお名前は覚えております!
 ●●●様と●●●様ですね。
 いつもありがとうございます!

―――

どうも、黒羊男爵です。
ええ、もう、タイトル通りです。
入院、しました。
先週の体調不良が治らなくて、
脱水症状起こして、
それからいろいろ併発して、
入院しました。

入院先は、いつものホームグラウンドです。
斎藤君という入院仲間もいます。
昨日入院した時、
挨拶に来てくれました。
斎藤:「よう、久しぶり!」
オレ:「久しぶり! 今回は内科だよ」
斎藤:「脳外科じゃないの」
オレ:「それは前々回。今回はお腹の問題だから内科」
斎藤:「頭の次はお腹かあ。無事なパーツがないね」
オレ:(ニヤリと笑って)「お互いね!」
斎藤:(ニヤリと笑って)「本当にね!」

こうして、オレは内科の人になりました。
斎藤君もいるし、
伝説の二人がそろった今、
またなにかが起きそうな入院生活ですね。
(伝説となった斎藤君とのコンビの活動記録は下記
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/06/post-78ed.html


今回はホラ九割程度で。
まあ、病院名とか伏せなきゃいけないところが多いので、
ホラが多めです。
「斎藤君」もそもそも、仮名だしな。
ブログランキング参加中にて、
「お大事に」と思ってくださった方は下記をクリック。
にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村
なにしようかなー、斎藤君と。
これから先が楽しみです。
(「なにもすんな、おまえ、病人だろ!」というツッコミは
 前回すでに婦長からもらってます)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »