« 初めてのあなた。 | トップページ | 12月の足音。 »

2013年11月26日 (火)

大バカヤロウの弔意。

今回はしょっぱなに注意書き:
 全ホラです。
 全ホラだと言うことを念頭にご覧ください。

去年の今日、あのひとが亡くなりました。
忘れられない。
今日、本当は命日だから、
花を持ってお墓へ行こうと思ってました。
きれいな花を供えたいと思ってました。
(着ていく服まで用意した)

ところが。
今朝、いつものごとく、オレの体調が大確変。
熱が勃発して寝床から動けない状態に。
しょうがないので、
ブログ上で墓参りします。

墓参りで言いたかったこと。

ひさしぶり。
話したいこと、たくさんあった気がしたけど、
実際にその場になると、
なんかなんも出てこないな。
もう、いないんだな。
オレの本(銀河英●伝説・全巻)を
借りパクしたまま学校卒業して、鬼籍に入って、
この大バカヤロウ。
おまえ、自分を何歳だと思ってんだ。
まだ死んでいい年齢じゃねーだろ。
やりたいこと、いっぱいあったんだろ。
好きな人だっていたんだろ。
大事な人だっていたんだろ。
おまえにおいていかれて、
泣いてる人がいるんだよ。
おいていくなよ。
かといって、連れてもいくな。
ただ、おまえがいればよかったんだ。
もっと生きててくれれば、
毎日が普通で、欠落がなくて、
それでよかったんだ。
いつか会えると思っていられたんだ。
オレは、おまえに叩き起こされたよ。
おまえの死に、叩き起こされた。
「普通の毎日」の毎日が普通じゃないって、
壊れるもんなんだって、思い知った。
死んじまうなんて、
おまえは大バカヤロウだ。
ホント、大バカヤロウだよ。
大バカヤロウ。

なんつーか、故人に言いたいことの結論が、
「大バカヤロウ」になってしまうあたり、
オレも終わってます。
もっと言いたいこと、たくさんあったと思うのに、
すべてが「大バカヤロウ」に結実してしまうあたり、
終わってる。
いつもの語彙はどこへ行った。
修飾語や形容詞はどこへ行った。
……どっか遠くへ行きました。(失踪)
少なくとも、脳から出て行きました。

もっとさあ、
「おまえがいなくても、しっかり生きていくから
大丈夫だ」とか、
「一年経ったな、みんな元気だよ」とか、
大人なことを言いたいと思ってたけど、
実際に一年経って、命日になってみると、
「早死にしやがって、大バカヤロウ」しか出てこないわ。
お酒が飲めたら空のグラスを前に痛飲するんだろうと思うけど、
飲めないから、もうどーしよーもねーわ。
おまえ、大バカヤロウ。
オレ、大バカヤロウ。
ホラ吹きの弔意なんて、この程度か。
オレも修行が足りねえなあ。
ホント、まだまだだわ。


以上、全ホラで。
ここに至る、いきさつは下記日記を読むと
理解できるかと思われます。
(あのひとをしのぶ:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/12/post-6922.html

去年はなんつーか、美しく深い悲しみって感じだったけど、
今年はもう、「大バカヤロウ」の一言だよ。
もちろん、オレが。
今でもやっぱり、大好きだよ。
墓参りにいけなくても、熱が出てても
本当に、大好きだよ。
これからもずっと大好きだ、大バカヤロウ。
なんだか、全ホラの上、
罵詈雑言まみれの非常に見苦しいブログになってますが、
今日はどうかご容赦ください。泣く代わりにわめいてます。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 初めてのあなた。 | トップページ | 12月の足音。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/58647321

この記事へのトラックバック一覧です: 大バカヤロウの弔意。:

« 初めてのあなた。 | トップページ | 12月の足音。 »