« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

なんのために学校に行くんですか?

……駄目だ、抑えきれん。
昨日の経験が記憶の中からこみ上げてくる。
忘れられん。
てか、無理に忘れる必要もないけどな。
解決したし。
けど、やっぱ、王様の耳はロバの耳的な
衝動が消えないので、
今週は土曜日にブログを更新。
王様の耳はロバの耳だった。
けど、聞こえるんなら、ちょっと長くて毛深いけど、
別にかまわねえんじゃね?

いきなり、自分だけ本題に入っててすみません。
意味わかんないよね。ちゃんとこれから説明します。
今回の話の大前提として、
そもそも、わたしには子どもがいない。
ゆえに、子どもと接する機会はあまりない、ということがあります。
だが、友人・知人には子持ちがいる。
そこで電話越しに、
「ごめん、本当に悪いんだけど、
ウチの子どもと話をしてくれないかな」という、
妙な頼みごとをされたりする。
「もうオレたち親の言うことなんか聞かなくてさ。
男爵だったら、たぶん大丈夫だと思うから、
とにかく話をしてみてよ」
という依頼を友人から受けた。
「はい?」
わたしの頭の上には疑問符。
「なんでオレがおまえの子どもと話さなきゃなんないの?
てか、親の言うことを聞かない子供って、
駄目だろ。親として。
そりゃまあ、親が間違ってたら、聞かなくてもいいけど」
「いや、オレたちは正論を言ってるんだけど、
論破されるんだよ、うちの子に。
どうしてもどうしてもかなわねえんだよ。
もう本当にどうしようもなくてさ、
男爵くらい口が達者ならなんとかなるかと」
「いったいどういう話をしていて、
どういう風に論破されたの?」
「なんで学校へ行かなきゃならないのか、って話になって、
義務教育だからとか、そういう決まりだからとか、
とにかく行けとか、いろいろ言ってみたんだけど、
全部、「よそはよそ、うちはうち」って、
俺が以前 説教したときに使った台詞で返されてさ。
子ども、登校拒否になりそうなんだよ」
「は? 登校拒否? なんで?」
「面倒くさいから、もう学校へ行きたくないんだってさ」
「そりゃまた、ある意味、正論だな。
誰もが一度は思うことだな」
「納得すんなよ!
親としては学校に行ってもらわないと困るんだよ」
「そうなの? なら行けって言えば?」
「だから、言ってみたけど、駄目だったんだよ。
男爵、頼むよ、男爵が最後の命綱なんだよ。
大人として、ビシっとしたこと言ってやってくれよ」
「なんだかよくわかんないけど、
おまえの子どもと話せばいいわけ?
で、学校へ行かせればいいの?」
「そう、それ」
「そんなの、誰にでもできそうだけど」
「オレたちにはできなかったんだよ!
頼むよ、本当に、うちの子ども、重症なんだよ。
学校行かなかったらヤバイんだよ」
「重症ってどういう意味?」
友人は驚愕の事実を告げます。
「小学校五年生なのに、まだ九九が全部言えないんだ……」
「!」

なんということでしょうか。
わたしの記憶がたしかなら、
九九は小学校二年でやってた気がする。
それが五年生でもわからないとなると、
「それ、もう今から小学校へ行く意味なくね?
きっと算数の時間はぜんぜん意味がわかんねんじゃね?」
ということになります。
「そうなんだよ、ヤバイんだよ!」
なんとかしてくれよ、と友人が泣きます。
泣くなよ、泣かれると弱いんだよ。
仕方ねえな。

「わかったよ、じゃあ話すだけ話してみるけど。
とにかく小学校へ行かせればいいわけだろ。
で、勉強をやる気にさせればいいわけだろ。
つまり、九九を覚えればいいんだろ。
まあ、なんとかなるだろ」
「ありがとう、男爵!」
「謝意は形で示してくれ、よろしく」

てなわけで、わたしは
友人の子ども・Z君(仮称)と話すことになりました。
別にお礼に目がくらんだわけじゃありません。
麗しい友情からの行為です。
で、昨日、実際に話してみたわけですよ。

まあ、どんな子どもだったかと、一言でいいますと、
事前に予想はしていたわけですが、
見事に予想通りに、「クソガキ」でした。
大人を敬うことを知らない。
口の利き方もなってねえ。
「どうも、お父さんの友人の黒羊男爵です」
と自己紹介したら、ゲームやりながら、
「なんの用? オレ、学校なら行かないけど」
とあっさりばっさり斬りやがりました。
今までどういう教育受けていたんだ?
親の顔が見たいわ。つーか、見てるけど。
これは親側にも問題があるな。
あとで反省してもらわないといかん。
そう決めて、わたしは
「で、どうなの、なんで小学校いきたくないわけ?」
と切り込みました。
Z君はとっくにその質問を予想していたのでしょう、
「行きたくないから」と答えました。
「なんで行きたくないの?」
「だって、授業つまんないし、朝早いし。
ゲームのほうが楽しいし、
学校に行く意味がないと思うし」
「あー、なるほどね。
まあ要するに、君は普通の子どもってことだね」
わたしが簡単に返すと、
ちょっと意外そうにZ君は言います。
「オレに学校に行けって言わないの?」
「言ってもいいけど、納得しないでしょ。
で、納得しなかったら、行かないでしょ。
つーか、君が考えるようなことは、
小学校に通う生徒は誰でも一度は考えてるよ。
君、独自性がないね。当たり前の子どもだね」
「別に、変わってるって思われたいわけじゃないし」
あー、そう思ってほしかったわけね。
思いませんけどね。

「だいたい、なんのために学校に行かなきゃならないのか、
わかんねえし。
親だって説明できなかったし」
「え、そんなことも自分ひとりでわかんないの?
君、頭よくないね。てか、頭悪いんじゃない」
「別に、頭悪くないし」
「あのねえ、はははっ、君って本当に、
普通の子どもなんだねえー」
わたしは勝手にZ君の前に座ります。

「なんのために学校に行くのか、
そんなの決まってるじゃないか。
生きるためだよ」
「別に、学校行かなくても生きていけるし」
「いや、生きていけないよ」
わたしは断言しました。
「なんで学校へ行かなきゃならないか、
どうして行かないと生きていけないか、
わたしがこれから説明したら、
君はすっごく学校へ行きたくなると思うよ」

以降、男爵の語りが始まりました。
次回へ続く。




以上、ホラ九割程度で。
誰だって一度は思うさ。
学校なんてめんどくせえ、行きたくねえってね。
俺がちゃんと行かなきゃならない理由を説明しますよ。
もっとも、ホラが混じってるから、虚言だけどね!
要は納得させればいいわけだからね。はっはっは。
ブログランキング参加中にて、
「俺も一度はそう思った」って方は下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年7月21日 (日)

幸と辛。

昔、通ってた予備校の先生が言ってた。
「幸せという字と辛いという字の違いは
筋が一本通ってるかどうかだ」
名言だと思ってる。
筋が通ってるかどうか。
それが明暗を分けるのだ。

そもそも、なんでこんなことを突然
言い出したかというと、
今日も今日とて絶賛・寝たきり中だからである。
夏風邪ひきました。
咳が止まりません。
熱があります。
ゲッホゲッホ。
こんな現状を「幸せ」と言えるかどうか。
そこんところにオレの人生の価値がかかっている。

我ながら人生の筋は通っているので、
(某友人いわく「男爵ってホント、ブレない」)
幸せとは断言できないが、
不幸ではないと思う。
ユーモアがあるしな。
ゲッホゲッホゲッホ。
ただし、辛いという字も近いことは認めざるをえんな。
筋が通ってるかどうかだけの違いだから、
片方が天国みたいで
片方が地獄みたいだとしたら、
天国≒地獄であろう。
だって、棒一本の違いだし。
そんな違い、老眼になったら
ねえようなもんだろ。
だったら、幸せ≒辛いだろ。
辛くもあるな。
ゲッホゲッホゲッホゲッホ。

ああ、今日はお見苦しくて申し訳ない。
大丈夫? つば飛んでない?
一応マスクしてるけど、
風邪がうつったらゴメンね。
もしうつったら、病院処方のよく効く風邪薬あるから
一緒に飲もう。
え、ブログじゃ風邪は感染しないって?
そうなの? ならいいけど。
ゲッホゲッホゲッホゲッホゲッホ。

今日は調子でないなあと思ったけど、
よく考えたら、熱があるんだった。
そりゃ調子でないわ。
でも、代わりに咳がよく出る。
なにかが出ると、なにかがひっこむ。
まるで幸と辛の字みたいだね。
人生なんて、そんなシーソーゲームなのかもしれない。
だから、風邪引いて寝込んでマイナスになるってことは、
どっかでプラスになるのかも。
てか、プラスにしてください、オーナー。
(※男爵には神様はいないが、オーナーはいる)
ロト7当ててください。
そしたら、棒が一本増えて、
俺も胸を張って「幸」って字を書くからさ。
ま、当たらなくても、そこそこ不幸じゃないけどね。

みなさま、どうか夏風邪にはお気をつけください。
お身体お大事になさってください。

せっかく一昨日、今年初めてセミが鳴くのを聞いたのに、
もう当分、外出できねえや。
しょうがねえから、脳内で世界へ出かけよう。
オレの脳内はとてつもなく広いぜ。
ナルニアへ出かけてもいいし、
中世ヨーロッパへ行ってもいい。
夏だから、ひさびさに FBI心理捜査官 とか、
暗黒神話 とか読み返して涼んでもいいかも。
行こうと思えば、どこへだって行けるよ。




以上、ホラ二割程度で。
いやでも、いまは棒が一本消えそうかも。
咳がひどくてね。
ちょっと胸が痛いわ。
けど、だからって、どってことねえよな。
だから、不幸ってことにはならねえよな。
今日は窓から見る空もきれいに青いしな。
そんだけでなんか得した気になるよ。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年7月14日 (日)

雷雲の作り方。

今日も暑いですね。
先週の負け犬状態からちょっとだけ浮上した男爵です。
まあ今日もなんとか生きてるから、笑っていこうぜ。
そうしようぜ。

今日みたいに暑い日は夕立に注意です。
日本には夕立を作る妖怪がいます。
あめふらし、と呼ばれる妖怪です。
海にも同じ名前のアメフラシという生物がいますが、
あれとは別物です。
あめふらしは、前髪がぞろっと長い、
いまいち さえない女性みたいな妖怪です。
狭い湿った場所を好むので、
トイレにも住んでいることがあり、
「花子さん」と呼ばれることもあるようです。
が、本人いわく、それは芸名のようなもので、
本名はあくまで「あめふらし」であり、
「わたしが本家本元のあめふらし」とのことでした。

それが今日、うちに来ました。
メイドがトイレ掃除と換気を何日かさぼっていたらしく
(トイレはクーラーがきかなくて暑いから)
今日、わたしが湿気のこもったトイレのドアを開けたら、
ばったり 目の前にあめふらしがいました。

「び、びっくりさせるなよ」
わたしは言いました。
「なんでこんなところにいるんだよ。
遊びにきたんなら、ちゃんと玄関から来いよ」
「遊びじゃないわ。わたしの仕事だもの」
あめふらしは陰気に答えました。
「ここのトイレ、湿っていてこもっていて
いい感じなのよ。
わたし、トイレに呼ばれてきたの」
ひえええ、トイレ掃除さぼっただけで来たんかい。
あとでメイドに説教しないと。
わたしはとりあえずあめふらしにトイレから出るように言いました。
が。
「いやよ、ここのトイレ、居心地いいんだもの」
あめふらしは便器に座り込んで言いました。
「おまえ、客なら客らしくしろよ。
男爵家は客をトイレに通す家だと思われたらどうすんだ。
麦茶くらい出してやるから、出ろよ」
「いやよ」
あめふらしは天井に貼りつきます。
「おまえなあ」
わたしは困惑しました。
基本的に妖怪って流されやすいタイプが多くて、
説得するとけっこう素直に言うことを聞いてくれるんですが、
あめふらしはなかなか話を聞いてくれません。
わたしは仕方なく、奥の手を出しました。
「これからわたしがトイレを掃除するから出ろ」
「なんですって、こんなにいいトイレなのに」
じめじめしてるわー、と嬉しそうに言うあめふらし。
わたしはもう決心して、換気扇を回しました。
「なんてことすんのよ!」
「その台詞はオレの台詞だ。
わかったら、トイレを出ろ」
「いやよ」
「じゃあもう、奥の手だな。強硬手段だ」
わたしはトイレブラシを手にすると
便器に洗剤をまき、トイレ掃除をはじめした。

「いやあああ、清潔になっていくぅ」
あめふらしは絶叫しました。
どうやら本当に嫌らしい。
そのとき、あめふらしの目に涙が浮かびました。
同時に、
「うお、なんだ、何の音だ」
どん、ごろごろごろ という音が外から響いてきました。
トイレの窓から見ると、
空が真っ黒になっており、
雷雲が発生していました。
「だめよ、湿度をあげるのよ!」
あめふらしは必死に泣きながら抵抗します。
雨が降り始めました。
あめふらしが泣けば泣くほど、
滝のような雨が降ります。
こ、こいつは……。
最近 日本で発生していたゲリラ豪雨の正体は
こいつだったのか。
あめふらし、という名前を知っていたが、
実際に雨を降らすところは はじめて見た。
まさか、雷雲=あめふらしの涙=トイレ掃除だとは
思わなかった。
わたしは内心 あめふらしの力にかなりビビりましたが、
トイレ掃除を続行しました。

洗剤で便器を綺麗にして、
窓と壁を洗浄用のペーパータオルで拭いて、
床もきちんと磨きました。
最後に底をぬぐったトイレ用のスリッパを置いて、
「完了だな」
汗をぬぐいました。
あめふらしはもうボロボロに泣いていました。
雨はざあざあと降っていました。

「ひどい、快適なトイレだったのに」
もういられない、とあめふらしがようやくトイレから出てきました。
わたしはあめふらしのひやりと冷たい腕を握って、
客間へ導きます。
「ほら、ちゃんと歩いて。麦茶出してやるから」
「……お菓子もなきゃイヤ」
「かっぱ●びせん、出してやるよ」
「いやあ、湿ったお菓子じゃなきゃいやあ」
「わかったよ、上生菓子を出してやるよ」
「それならいいわ」
あめふらしの涙がおさまりました。
外を見ると、雨は小康状態になっていました。

それから、あめふらしは冷水筒二本分の麦茶を飲み、
わたしの秘蔵の上生菓子を全部平らげ、
「トイレがきれいになっちゃったし、しかたないから、もう行くわ」
と言いました。
「次のアテはあんの?」
とわたしが尋ねると、
あめふらしはにやりと細く口をあけて笑いました。
「ここだけの話、●●町の森●さんの家のトイレ、
けっこうヤバイわよ」
「え、マジで? まめな人だと思ってたのに」
「人は見かけによらないわよ」
「妖怪もだろ」
わたしはこの目の前の陰気な女性みたいなあめふらしが
大豪雨を引き起こしたことを思い出して言いました。
あめふらしはもう一度、にやりと笑い、
「局地的に雨が降っていたら、その下にわたしがいるわ」
と言いました。
ええー、そんな豆情報いらない。
「おまえ、気象庁の職員になれよ。
もしくは砂漠へ行け」
「わたしは湿ったところが好きなの」
あめふらしは消えていきました。
●●町の森●さんの家のトイレへ行ったのでしょう。

もしあなたがトイレ掃除をさぼっていたら、
そしてトイレが適度に湿ってしまったら、
あめふらしがやってくる可能性があります。
あいつは掃除されるまでトイレに居座り、
掃除されると涙とともに豪雨を呼んで去っていきます。
会わないに こしたことがない妖怪です。
でも、根は悪いやつじゃないです。
だからもし現れたら、麦茶と生菓子を与えてください。
きっと誰の家のトイレがヤバイか教えてくれます。
(そんな豆情報いらないけど(二回目))
それからトイレを掃除してください。





以上、ホラ九割程度で。
トイレ掃除なんてめんどくせえ、と思っている方は
要注意です。
トイレには妖怪と神様が住んでいます。
きれいにしないとね。
でもめんどくせえよな。
ブログランキング参加中にて、
やべ、ウチにもあめふらし来ちゃうかも、と思った方は
下記をクリック。
遅かれ早かれ、あなたの家の真上で局地的豪雨が発生するでしょう。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年7月 7日 (日)

負け犬。

今日、男爵は負け犬になりました。
完膚なきまでにメッタメッタに負け犬になりました。

もうこれ以上、状況を言うべき言葉がありませぬ……。
敗軍の将は兵を語らず。
だから、最後に一言だけ、この場で言わせてください。

「畜生、絶対、絶対見返してやるからなァ!!!」

まさに絵に描いたような負け犬の遠吠え。


以上、ホラ0.0000000001割で。
いったい何が男爵をここまで負かしたのかは
触れないでください。
そっとしておいてあげてください。
いつか、見返すことができたら、
「あのときはこうだったんだよ」って説明します。
説明する機会は永遠にないかもしれないけどな。ははは。
ブログランキング参加中にて、
人生一回でも負け犬になったことがある仲間は
下記をクリック。
いやもう、負け犬って本当にツライっすね。
あまりにも清々しく完敗したので、もう笑いが出ちゃうわ。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »