« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

ここだけの話。

現在のステータスが「入院中」のわたし。
病院の中で生活しているわけですが、
この病院には中庭がありまして。
中庭には喫煙所があり、
昨日、わたしはそこで、とあるおっさんに出会いました。

そのとき、おっさんは火山の噴火口みたいに
煙草の煙を吐きながら、口をぱっかりあけて
ぼんやりと空を見上げていました。
わたしはコーヒー牛乳を片手に、
喫煙所のすぐそばの木陰で
ぼんやりと空を見上げていました。
そして、ふたり同時に、空から目を落とし、
「はあ」とため息をつきました。
似たようなため息に思わず相手を見るわたしとおっさん。
「……どうも」
社交的なわたしはぺこりとお辞儀しました。
「どうも」
おっさんも頭を下げました。

なんだか妙な沈黙が落ちました。
わたしは沈黙に耐えかねて、
「いい天気ですね」と会話を始めてしまいました。
「まあ、天気はいいね」とおっさん。
「だが、あんた、オレの気分は最悪だよ」
誰かに話したかったらしいおっさんは
勢いよく話し始めました。
「最悪ですか、どうかしたんですか」
流れのままに尋ねるわたし。
おっさんは煙草を吸い、また煙を吐いてから、
「ここだけの話、オレは、末期なんだ」と語りました。
そうか、末期か。
だが、ここは病院だし、それを言うなら、
「奇遇ですね。わたしも末期なんです」
とわたしは返しました。
うん、そう、末期だねってよく言われてる。主に頭が。

おっさんはちょっとビックリしたようでした。
「え、そうなのかい、あんたもなのか。
オレはもう思い残すことなんてねえんだけどよ、
普通はいろいろ考えることがあるんじゃねえか」
「そうですね、考えると思いますね。
なにせ末期ですからね。終末ですから」
「まあ、オレはいいんだけどよ」
繰り返して、おっさんは空を見上げます。
つか、これって、
「なにを考えていたんですか」とわたしは尋ねました。
つまり、聞いて欲しいってことだよね。
いいよ、ヒマだし。
「たいしたことじゃねえんだけどよ」
「いいんじゃないですか、細かいことでも。
なにせ末期ですし」
「そうだよな、考えてもいいよな、末期だし」
おっさんはそう言い置いて、
「実はオレ、末期なんだよ」と告白しました。
うん、それはもう聞いた。
「それで?」
わたしがうながすと、おっさんは煙草をもみ消して
「オレはろくでなしだった。
こんな人生、後に残すもんなんてねえんだよ。
さっぱりしたもんだよ。
だけどな、いっこだけどうしてもどうしても
譲れねえことがあるんだよ」
「それはなんですか」
「……なんてえかな、流儀っつーか、
生き方っつーか、それを誰かに引き継ぎたかったんだ。
オレは職人だしな」
「人生観を誰かと共有したいってことですかね」
「シャレた言い方すりゃ、そうだな」
「いいんじゃないですか、残しても。
家族でも、職場仲間でも。
さっぱりした終わりでも、
お土産があってもいいんじゃないですか」
「そうか。そう思ってくれるか。
だがなあ、残せる相手がいなくてなあ」
「人手不足なんですね」
「ああ、人材不足だ。いねえんだよなあ。
で、この際、ここで話したのもなにかの縁だ。
あんた、オレの生き方を引き継いじゃくれねえか」
「え、わたしがですか」
人材不足にもほどがあるだろ。
第一、何を引き継ぐのか、さっぱりわからない。
「ちょっとわたしじゃ無理があるんじゃないかなあ。
ホラ、わたしも末期ですし」
「だが、あんた、オレよりはイキがよさそうだ。
つなぎでもいいんだよ、
とにかく誰かに残したいんだ」
おっさんは必死にわたしに頼み込んできます。
どうしようかな。

「じゃあ、こうしましょう」
わたしはある提案をおっさんにしました。
どーでもいーよーな「ここだけの」話が来週に続く。




以上、ホラ九割程度で。ちらりと真実もありで。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年4月23日 (火)

予想外。だが、想定内。

はい、週末更新できなかった男爵です。
すいません、更新、できませんでした。予想外に。

入院しました。
突然ですが、予想外ですが、想定内の出来事です。
土曜日に出先でぶっ倒れて、意識が強制終了。
救急車で運ばれて(四回目だからもう慣れた)、
エコー、CT、MRIと脳を輪切りにしまくり。
原因不明という、これまた想定内の診断。
ネックレスを直すどころじゃありませんでした。
自分が壊れてしまいました。

幸い、というか、もう何回かこういう目には遭っているので、
原因不明ですという診断にも、
自分の年齢が言えない状況(頭に浮かんでこない)にも、
慣れました。
そして、また一週間ほどの入院生活です。
たぶん、今週末か来週末には復活できるでしょう。

こうやって書いてると、別にどってことねえなって思う。
予想外のタイミングでしたが、
わたしの人生では、想定内の出来事だよね。
なんつっても持病が八つあるので、
どれとどれが関連していて、
今回のよーなことになるのか、ぜんぜんわかんない。
でも生きてる。
ソレが大事。
生きてます。記憶も出てくるようになりました。
ソレが大事。
まあぶっちゃけ、いつものことですよ。
鼻ほじりながら、病室で、
執事が持ってきた 銀の匙 の最新巻を読みます。
携帯でブログ更新しつつ、
ナースさんが巡回してきたら、ばたっとベッドにつっぷして
死んだふりしたりしてます。

自宅に戻れたら、また本格的にブログ再開します。
お医者様いわく、しばらくは安静にしろよ! とのことでした。
しないけど。
そこそこ動くけど。
だって生きてるから。
なにかしないではいられないから。
てなわけで、ブログを更新しています。
本日のホラは八割くらいですかね。
盛ってますけど、真実も入ってるからな。

ブログランキング参加中にて、
こんな七●八●人生を謳歌中のホラ吹きに
エールを送ってくださる方は下記をクリック。
「七●八●」の四字熟語は? って言ったら、
普通は「七転び八起き」だけど、
オレの場合は、「七転八倒」です。
二文字違うだけでだいぶ違うわな。(倒れたままだわな)

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年4月14日 (日)

無理が通れば。

こんばんは。
今日はちょっとブルーな男爵です。
てか、ブルー通り越して藍色とか紫とかになりそうです。
なんでこんなことになったんだよ。
だれのせいなんだよ。

……オレのせいじゃないです。
あいつのせいです。
あいつ、そう、オレの貧乏仲間の画家のせいです。

以前にも画家のおかげで「シャランラ♪」するはめになり、
散々苦労したことはご存知の通りです。
(オレが画家のために結婚式参列衣装を作る羽目になり、
 苦労した日記は下記:いいか、三つ約束がある。
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/10/post-b5c4.html

今日も今日とて、画家から入電アリ。
「今日はなんだよ」
もう悪い想像しかできなくなって愛想ゼロ%になってるわたし。
「ひっどーい、お友達じゃないかあ」
「友達は友達を酷使しない!
おまえには貸しはあっても借りはないわ!」
「つまりわたしには男爵が必要ってことでしょ。
麗しい友人関係だよね」
「どんだけてめえに都合のいい耳をしてるんだ、おまえは」
「ま、とにかくね、今日はちゃんと用件があって電話したわけだから」
「つーか、貧乏なおまえは用件がなけりゃ
電話なんてしてこねーだろ。
電話イコール緊急事態だろ、おまえの場合」
「さっすがあ、わかってるう♪」
「こんな理解を褒められたくないわ!」
「でもさ、今回はわたしの用件じゃないから。
頼まれた用件だから」
「他人に頼まれたことをオレに回してくるな!」

画家は おほん、と咳払いをして、
「男爵、アクセサリー作れたよね?」
と付加疑問文で訊いてきました。
ヤバイ、嫌な予感しかしないけど、
「――……一応作れるけど。プロじゃないからそこそこだけどな」
と返しました。
「よかったあ! てことは直せるね」
「は? なにを?」
「明日着で送るから、よろしく!」
「だから、なにを?」
「いやー、友達の陶芸家からネックレスの修理を
頼まれちゃって。
なんか糸が切れちゃって、ビーズが解けちゃったんだって。
男爵なら直せるよね、また軽い感じで
シャランラ♪ って頼むわ」
「ちょっと待て! おまえの友人てことは、
わたしからしたら赤の他人では」
「わたしもチャレンジしてみよーかなと思ったけど、
なかなか難しそうだったから。
男爵、男爵ならできるよ!」
「したくないよ! なんでオレが見ず知らずの他人の
ネックレスを修理しなければ」
「じゃー、よろしく」
プッーツッーツッー。電話は一方的に切れました。

おい おまえ、どうして自分で できないものを 気安く軽く引き受ける?
思わず五七五七七で一句詠んでしまいました。
てなわけで、
わたしは明日見ず知らずの他人のネックレスを
修理することになりました。
友達と病院は選んだほうがいいよ。
男爵からの心からの忠告です。
でもあいつ、悪いやつじゃあないんだよな。
友達からの依頼を引き受けていることからもわかるように、
面倒見のいい、いまどき珍しい親切な人間なのだよな。
ただその尻拭いをオレにさせているというだけで。
……やっぱ、ヒドイやつじゃねーか!

無理が通れば道理が引っ込むよ!




以上、ホラ七割程度で。
来週にでもネックスレス後日談と画像をUpいたしますよ。
手先が器用でなんでもできるってだけで、
このありさまです。
オレは便利屋ではない。ホラ吹きなのだ。
得意なことは手芸ではなく、ホラを吹くことなのだ。
そこんところを、勘違いしないで欲しい!
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年4月 7日 (日)

協会認定「トラウマイスター」を取得。

諸君、今日もこのブログを読んでくれてありがとう。
前回の04/01ブログも意外と読んでくれていて、
たわごとランキングの記事にランクインしていて驚きだ。
率直に嬉しいぞよ。

ところで、前回、前々回、その前、と
フレッシャーズ向けに新生活の心得を説いてきたわけだが、
その間にオレの新たなる称号が誕生した。
いままでは「八つの病気を持つ病人」のみだったが、
それにプラスして、
協会認定「トラウマイスター」を取得したぞ。
そう、オレは人一倍、トラウマが多い人間、
そしてそれと笑って共存している人間なのだ。

一人暮らしをしていたときに、
「郵便受けから誰かの腕が出てきた」のを
目撃してしまったオレは、
郵便受けトラウマを取得。
(そのときのことを記した日記は下記。
 http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2013/03/1-839a.html

そのノリでドアの「のぞき窓」トラウマまで会得してしまい、
「ドアののぞき窓から室内をのぞかれるのではないか」と
思い込み、のぞき窓にも紙を張った。
当然、ドアが危険なわけだから、窓も危険です。
警報機を設定し、
毎晩 明かりをつけたまま寝る癖がついた。
電気代がかさんでしまったが、仕方がない。
なにせトラウマなのだ。
理屈ではない。

実は、シャレにならんよーなトラウマも持っているし、
笑い話にしかならんトラウマも持っている。
笑い話にかならんトラウマは、
「デパートのおねえさん怖い症候群」。
正確には、
「デパートの服飾部門のおねえさんが怖い症候群」。
上京したてのころ、どのような衣服を着ればよいのか
まったくわからず
(なにせ、当時のオレにとって洋服は「洗濯済み」「未洗濯」の
 二択しかなかった)
デパートへ洋服を買いに行ったものの、挙動不審人物に。
おねえさんから笑顔で「ご用件は?」と訊かれるハメになり、
(用件も何も、洋服を買いに行ったのだが)
お店のおねえさんが大の苦手になってしまった。
まあ、このトラウマは五、六年で克服したのだが、
つまり、ファッション・テロリストを卒業したのだが、
これもトラウマといえばトラウマである。

そのほかにも、まだまだある。
動物園へライオンとか猫科の猛獣を見に行き、
運悪く(運良く?)食事時に遭遇してしまい、
力強くバリボリと餌を食らう姿に
「ひょえええ、こいつら猛獣じゃねえか!」(当たり前)と
恐怖してしまい、
猫科の動物が苦手に。
猫が道の左を通るときはオレは右端を歩くようになった。
まさにトラウマ(虎ウマ)である。

その他、
「他人の顔に視線をあわせられない」
「刃物が苦手」
「狭い場所がダメ」
「ズボンのファスナーが開いている気がする」などなど、
トラウマてんこもりである。
すべて克服して現在があるわけだが、
その数が人並み以上であるため、
先日 おもいきって協会にトラウマイスター称号を申請。
見事に認可されて、協会認定「トラウマイスター」を名乗ることになった。

ちなみに協会認定「トラウマイスター」とは
「トラウマを克服してどうにか生きてる人」という意味である。
「ガ●ダムマイスター」(ガン●ムに乗ることが職業の人)や
「ブラ●マイスター」(とてつもなくウマイビール)とだいたい似たような意味だ。
認定されるためには、トラウマが三つ以上あり、
かつそれを克服していることを証明しなければならないのだが、
このブログを提出したところ、
「あなた、いろいろあるんですね」と肩ポンされて認定された。
ブログあっての取得である。
そしてこのブログは、
読んでくれているあなたのおかげで成立している。
称号取得にご協力いただき、ありがとう。
今後も七●八●の人生をブログ上で展開していくので、
お付き合いいただければ幸いである。




以上、ホラ八割程度で。
郵便受けの話はノンフィクションだが、
その他はまあ、ちょっと盛っているかもね。
でもこれはホラブログだからね。
盛っているくらいで通常運転ですよ。
ブログランキング参加中にて、
こんなホラ吹きの協会認定「トラウマイスター」のブログでも
OK、OK、って方は下記をクリック。
あなたにもトラウマ神のご加護がありますように。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2013年4月 1日 (月)

一人暮らしを始める君へ。その3。(衣食住の衣について)

さて、男爵のレクチャーも最後になりましたよ!
上京フレッシャーズの衣食住、衣について語ります。

まず、田舎臭いと思われるのはNGですね。
ブランド=かっこ悪いです。
なぜなら、みんながしているから大丈夫、というのは
オシャレではありません。
上京したてのフレッシャーズが両親を引き連れて
1●9とかに突撃し、
それまで部屋着でも着なかったブランドに身を固めるのは、
逆にかっこ悪いです。
よくよく鏡をご覧ください。
あなたが買ったその新作、あなたに似合ってますか。
率直なところ、どうですかね。

それから、
オシャレにはトータルコーディネートという単語があり、
全体のバランスを見て初めて、オシャレがわかります。
髪型だけ気合入れている、
服だけ気合入れている、
靴だけブランドの高いヤツ、とかはNGです。
できるだけ同じ色で、同じトーンで
全身を揃えましょう。
茶色なら、全身茶色、(髪も茶色、靴も茶色)
黒なら、全身黒、(カラコンやツケマも可)
紫なら、全身紫 にするべきです。
それがオシャレというものです。
本当にあなたがオシャレになったら。
道行く人があなたを振り返って見るようになります。
場合によっては写メされるかもしれません。
すごいですよ、だって他人の写メに残るんですよ。
それくらい、トータルコーディネートはオシャレなんです。
とにかく迷ったら、全身を完璧に同じ色に、これが鉄則です。

最後にシルエットのバランスですね。
これは女性はX字型、男性はY字型になるのが
バランスがいいとされています。
つまり、女性は身体のどこかでシェイプしたデザイン、
男性は上半身をモリっとしたデザイン がオシャレとされています。
あたしにはくびれってものがないのよ、とお嘆きのあなた、
大丈夫です、
首が無理ならウェスト、
ウェストが無理なら膝、
膝が無理なら足首 でくびれを演出しましょう。
いま渋谷ではモンペとかが意外と熱いですよ。
ウェストシェイプですし、
多少足が太くても足首が細く見えますから、
ブランド物で七分丈のモンペを見てみるといいです。
かわいいデザインもきっとあると思いますよ。


以上、ホラ十割で。完全なる虚構で。
今日はエイプリル・フールだよ、
こんな日に、オレのブログを信用するほうがどうかしてるよ!
衣食住の「衣」はやらないって前に言ったでしょ。
今日のブログの内容はことごとく、
捏造が入ってます。
いくらクラシカル、ノワール、ゴスロリがあるっつったって、
モンペはないでしょ! クラシカルっつーワールドじゃねえだろ。
みんな、気づいたよね?

はい、今日の男爵からの真心のこもったアドバイスは下記です。
「人を簡単に信じちゃいけません。」
都会は怖いところだよ、
住所とか簡単に教えたり、
言われることを信じたりしちゃいけないよ。
目をかっぴらいて(@三月のライオン)、
ちゃんと自分の頭で考えて行動しようね。

ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、(そんな勇者いるかな)
下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »