« 露流しがやってきた。 | トップページ | 来ちゃいましたか。帰ってよ。え、ウチに住むの? »

2013年2月17日 (日)

斉藤君、なにやってんの。

今日は、病人仲間の斉藤君から手紙をもらいました。
(斉藤君について詳細は下記日記を参照。
 世界に広がる病人の輪:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/03/post-b8f7.html
 ミラーボールは輝いて:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/06/post-78ed.html

手紙っていうか、具体的に言うと、ハガキだったけど。
ハガキっていうか、詳細を言うと、喪中ハガキだったけど。
死亡予定の本人から、写真つきの黒枠で囲ったハガキをもらいました。
なにやってんのwww

えーと、なんだって?
ハガキによれば、斉藤君は先週の水曜日くらいに
死亡しているとの事です。
つまり今頃はもう、羽根が生えてエンジェルになってるってことですね。
この世の人ではないわけです。
ハガキはつづります。
「生前はひとかたならぬご厚情をいただき、誠にありがとうございます」
「本人の意志にて葬儀は密葬で」
「葬儀は2月●●日 於:自宅」
「航海はした、後悔はしなかった、更改は必要がある、
というのが最期の言葉でございました」
なにやってんのwww
実はさっき、斉藤君と電話で話して、
名探偵コ●ンの最終回について予想していたので、
このハガキはまったく意味がないのですが。

というか、意味がないハガキをヤツはあえて出してきたのですが、
本当に、
なにやってんのwww
自虐ネタもここまでくると笑います。
いったい何人にこのハガキを出したのか知りませんが、
ちゃんと灰色のすかしで「偲」とか文字が入ってて、
凝ってます。
印刷屋さんにお願いしたに違いありません。
どうやって発注したんだろ。
「わたしの喪中ハガキを出してください」って言ったんだろうけど、
その場に居合わせたかったよ。
印刷屋さんのリアクションが見たかったな。
つーかさ、これってつまり、
「電話くれってことだよね」
お金と時間をかけて盛大にボケ倒しているのですから、
人としてツッコミを入れてあげなくてはいけません。
わたしは早速、さきほど話したばかりの斉藤君のPHSに連絡しました。

「もしもし、男爵だけど」
「あれ、どうしたの。コナ●の最終回になんか閃いたの」
「違ぇよ、ハガキ届いたよ。このたびはご愁傷様でした」
「いいええ、病人とは言え、
やりたいようにやりぬいた人生でしたら、
本人も思い残すことはなかったと思います」
「そうでしたか。思い残しはありませんでしたか。
ソレは何よりでした。
ですが、惜しいひとを亡くしました。
友人たちはみな涙に暮れると思います」
「そういっていただければ、本人も喜ぶと思います」
「ええ本当に。最期に立ち会うことができなかったのが、
残念でなりません。
それだけが友人として心残りです」
「穏やかな最期でした。すぅっと眠るような最期でした」
「そうでしたか。苦しまずにすんで何よりでした」

「ところで男爵様は今回は何点くらいだと思われますか」
「そうですね、手間と時間をかけてますし、
自虐度と皮肉がかなり高レベルなので、
芸術点と技術点が加算されて、
9.98くらいではないかというのが審査員の一致した意見です」
「9.98ですか。0.02のマイナスが痛いですね」
「そこはそれ、ブラックユーモアですから。
お子様に向かないということで、自戒をこめてのマイナスですね」
「次回はやはりもっとファニーな方向でしょうかね」
「世界が求めているのは、自虐ではなく
ファニーですね。明るい笑いですね。
まあ、私は個人的にこういうの、キライじゃないですけどね」
「キライじゃないですか。ならよかったです」
「ええ本当に。次回はふたりでまたなにかやりましょうと、
お伝えください。
三人寄れば文殊の知恵、二人寄れば阿修羅の知恵と言いますから。
二人なら、ファニーな方向で高得点を得られるアイデアが出ると思います。
ではでは、また」
わたしは遺族であり、死亡者本人でもある斉藤君との電話を切りました。

斉藤君、本当に、なにをやってんのwww
まあ、ヒマだったんだろうけどな。
いまはわたしも入院していないので、
なんとか独りでボケてウケをとろうとしたんでしょう。
彼はボケに、くだらないことに命をかけてます。
またお見舞いに行きたいな。
なかなか体調が外出を許してくれませんが、
わたしを待っている友人がいる。
そう思うと、なんか元気出てきました。




以上、ホラ九割くらいで。喉元までホラにつかるくらいで。
たまにはブラックユーモアもあります。
でも、わたしはやっぱり斉藤君が大好きです。
血反吐はきながらでも、笑う。
その根性が、見あげたもんだと思います。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。
次回はもっとほのぼのとしたブログをUpしたいですね。
来週くらいなら、春も来てるかもしれませんからね。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 露流しがやってきた。 | トップページ | 来ちゃいましたか。帰ってよ。え、ウチに住むの? »

「医療法人●●会●●病院の伝説の二人組」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/56786714

この記事へのトラックバック一覧です: 斉藤君、なにやってんの。:

« 露流しがやってきた。 | トップページ | 来ちゃいましたか。帰ってよ。え、ウチに住むの? »