« プロジェクト・プロポーズ。その3。屯田兵 | トップページ | あのひとを偲ぶ。 »

2012年11月25日 (日)

プロジェクト・プロポーズ。その4。志願兵

前回までのあらすじ:
 知り合いの知り合いという名の他人の
 プロポーズをなぜかプロデュースすることになった
 わたし。
 しかし現れた渡辺さん(仮)は好青年だったが、
 ファッションセンスが壊滅状態の
 ファッション・テロリストだった!
 わたしは彼のファッションを下着から
 改革、そして、プロジェクト・プロポーズが始まる。

だいぶマシになりました(率直な感想)。
はじめて会ってから三日後、
再度 待ち合わせた渡辺さん(仮)は
黒のチノパンにグレーのジャケットを合わせ、
白いシャツを着ていました。
マトモに見えます。
「いいですね、その調子です」
「でも、ぼく、男爵さんに言われたとおりの
組み合わせしか着てませんけど」
「今はそれでいいんです。
いずれ応用できるようになります。
で、彼女さんの反応はどうですか」
渡辺さん(仮)はにっこり笑いました。
「劇的に変わりました。
一緒に外出してランチを食べてます」
「では、そろそろ本題に入りましょう」

そうです、そもそもわたしが知り合いから受けた依頼は
「プロポーズをプロデュースすること」であって、
「おしゃれを改善」することではありませんでした。
現れた渡辺さん(仮)が重度のファッション・テロリストだったため、
遠回りになりましたが、
とにかくプロポーズをしないことには話が進みません。

渡辺さんは言います。
「ぼく、考えたんですけど、給料の三か月分の指輪を買って」
「うんうん」
「ランチの後に、君に特別なデザートだよって言って渡すというのは」
「アホですか、ダメに決まってるでしょーがぁ!」
わたしは吠えました。
「え、なんでですか、だって最近、ランチのときは機嫌もよくて」
「プロポーズの成否を握っているのは、非日常性です!
そんなデザートのよーなオマケのよーな感覚で
指輪を出したら、軽く断られるに決まってるでしょーが。
いいですか、断らせたらダメなんです。
断りにくいような状況でこそ、プロポーズすべきなんです」
といっても、わたしは独身主義なので、
一生 プロポーズとは縁がありませんが、
本や映画で見るかぎり、プロポーズって断られちゃダメだよね。
だったら、絶対断れない状況を作るべきだよね。
「そのためには演出が必要だし、
必要とあれば、通行人まで巻き込むようなプランが必要なんです。
いいですか、あなたにはセンスがありません。
それを自覚してください」
「センスって洋服以外も……?」
「ないです」
わたしは断言して、
「センスを見る、簡単なテストをしてみましょう」と言いました。

あなたはいま、三百円しか持っていません。
そのお金で今日が誕生日の彼女のために
花を買わねばなりません。
花屋へ行くと、カスミソウが一本二百円、
ポピーが一本五十円、
バラが一本三百円でした。
あなたはどの花を買いますか。

「えっと、それはカスミソウ一本と
ポピーを二本じゃ」
「失格です!」
わたしは切り捨てました。
「いいですか、彼女の誕生日なんですよ。
ポピーはたしかにかわいい花ですが、
特別な日、非日常が必要な日には難しい花なんです。
ポピーのよさをたった二本で表現するのは無理です。
ここはあえて! 真紅の薔薇一輪にリボンをかけてもらう、
これが正解です。
わかりましたか、花も指輪も買えばいいって問題じゃないんです」
「わかりませんけど、わかりました」
「とにかく、特別な日には特別な演出が必要なのです。
断られたくないでしょ」
「ないです」
「じゃあ、ちょっと考えましょう。
わたしが思うに、いつもは行かないような場所、
いつもは行かないタイミングがいいでしょうね」
「どんな場所ですか」
「ベタなところでは、彼女の誕生日でも、
付き合い始めた記念日でも、
ホテルの最上階のスイートをとって、
そこでプロポーズとか」
渡辺さん(仮)は純朴そうな表情で尋ねてきました。
「スイートってなんですか。お菓子ですか」
「そのスイーツではありません!」
ヤバイ、研究一筋だった渡辺さん(仮)はかなり
センスがないようだ。

「じゃ、じゃあ、彼女の憬れのレストランで
ディナーをセッティングし、
乾杯のシャンパングラスにエンゲージリングを入れておくとか」
わたしは必死に渡辺さん(仮)にも理解できそうな
シュチュエーションを考えますが、
渡辺さん(仮)は
「どうやってグラスにリングを入れるんですか?
手品ですか?」
ぜんぜんダメです。
「違います、お店の人に事前に頼んでおくんですよ……。
渡辺さん(仮)、あなたもしかして、
彼女が好きなものとか、彼女の趣味とか
あまり知らないんじゃ」
「よくわかりません」
「あーもうっ」

いったいどうしたらいいんでしょうか。
渡辺さん(仮)から彼女についての情報を得ることは
難しそうです。
でも彼女さんが断らないプロポーズを考えないと。
純朴なプロポーズ志願兵とともに、
わたしは悩みました。

あと一回だけ続く。




以上、ホラ七割程度で。
たぶんもうすぐ終わります。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« プロジェクト・プロポーズ。その3。屯田兵 | トップページ | あのひとを偲ぶ。 »

貧乏・友の会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/56188527

この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクト・プロポーズ。その4。志願兵:

« プロジェクト・プロポーズ。その3。屯田兵 | トップページ | あのひとを偲ぶ。 »