« 病気が増えました。 | トップページ | 結婚式って思いがけない人物に遭遇するよね。(上) »

2012年9月23日 (日)

救えないものもある。でも、いつか助ける。

昨夜、書斎で本を読んでいたら、
買い物に出ていた執事から入電。
近所で車にはねられたばかりの子猫を
発見したとのこと。
どうしようかと動揺しているので、
「すぐ行く。動物病院に連絡しながら行くので、
とにかく待っていろ」と伝えて、
段ボール箱を抱えて現場へ急行。

でも、わたしがついたときにはもう、
子猫は動かなくなっていました。
現場には鮮血が散っていました。
執事が言うには、はねられた直後に遭遇した、
三分くらい動いていたが、すぐに動かなくなったとのこと。
段ボール箱を置いてわたしはしゃがみこみ、
子猫の呼吸を確認しましたが、
息をしていませんでした。ほぼ即死だったのでしょう。
「つらかったね、怖かったね、がんばったね」
そう、わたしは子猫に声をかけて、
「もう痛いことは終わったよ」と言いました。
執事は何も言いませんでした。

こんなことは、生きていればいくらでもある。
間に合わないこと、
指の間をすり抜けていくこと、
こぼれてしまうもの、
そんなの、いくらでもある。
自分の無力に打ちのめされることなんて、
いくらでもあります。

でも、わたしは、もしまた子猫がはねられたと聞いたら、
段ボール箱を用意して走ります。
「ご主人様が走られるところを、すごく久しぶりに見ました」と
執事は言いました。
そりゃそうです、わたしは走るのはキライですから。
ていうか、運動がキライですから。
わたしが走るのは非常事態のみです。
走るの大キライでも、走ればもし間に合うのなら、
わたしはいくらでも走ります。
救えるのなら、走ります。

非力と無力は違います。
本当に、今回は間に合わなかったけど、
間に合わないほうが多いけど、
こんなひどいこと、生きてればたくさん出会うけど、
けど、いつか、絶対にすくいます。
いつか、わたしの微力でも役に立つことがあると思います。
だから、わたしはあきらめません。
救えないものはたくさんあります。
むしろ、救えない場合のほうが多い。
現実は残酷だし、わたしは非力ですから。
しかし、絶対に、わたしはあきらめません。

我が家には常に空の段ボール箱がひとつ用意されています。
鳩でも猫でも犬でも、
倒れていたら、運んで助けるためです。
そりゃ、飼うことはできません。
鳩は野生動物だし、猫や犬を養う余裕はない。
小遣いが足りない。
でも、病院に連れて行くくらいならできる。
本とかティーカップとか買う費用を削ってでも、
動物を病院へ連れて行きます。
それから里親を探します。
間に合うなら。
間に合うなら、わたしは全力を尽くします。

いつか、間に合うことを信じています。
絶対に、あきらめません。

今日は雨が降っています。
子猫の涙雨です。




以上、ホラ二割くらいで。
現実ってやりきれないときがあるよね。
でもだからって「ムダだよ」って投げるのは違うと思う。
人間一人なんて非力だから、
結果的には無駄なあがきに見えるかもしれないけど、
やらないよりは絶対、いい。
わたしは、非力ですが、行動します。
昨夜 冷たい路上で死んだあの子猫にそう約束しました。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 病気が増えました。 | トップページ | 結婚式って思いがけない人物に遭遇するよね。(上) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

胸がぎゅっとしました(T.T)
子猫は、きっと「ありがとう、ありがとう」と
言ってると思います。

jun様、こんばんは。
PCが絶不調につき、お返事が遅れて
申し訳ありません。
ですが、いいえ、わたしは
子猫にお礼を言われるようなことは
なにもできませんでした。
子猫は死んでしまいました。
これが現実だと思います。
でも、これだけが現実じゃないと思います。
次は、助けた、明るい話が書けるように
頑張ります。
笑っていただけるようなホラを吹きたいと思います。
コメント、ありがとうございまました(^ ^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/55726764

この記事へのトラックバック一覧です: 救えないものもある。でも、いつか助ける。:

« 病気が増えました。 | トップページ | 結婚式って思いがけない人物に遭遇するよね。(上) »