« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

ビックリ、みんなゾンビだよ☆ と、男爵の退院。

夜の病院と言うのは、
ある種の恐怖が淡く漂っているものです。
緑色の非常口案内、
カーテンを引かれた病室、
耳を澄ませば――いや、静かなので
ついつい無意識にも耳を澄ませてしまうのですが――
遠く誰かの足音がする。
誰の足音だろう。
こんな真夜中に院内を歩いているのは
見回りの看護士くらいだけれど、
自分自身がその見回りの看護士だ。
あの足音、なんだか近づいて来る。

いや! 気のせいだから。
また先輩に笑われちゃうから、
しっかりしないと。ちゃんと見回らないと。
そう思い、片手のペンライトで足元を
照らしながら病室へ入り、
順番に一番手前のベッドで寝ている田中さんに
軽く光がかすめた瞬間、
「ぎゃあああああああっつっつ、きゃあああああ!!!」

青黒い皮膚の上で、
田中さんの鼻と耳と目が溶け出していました。
おっおっおっ、お化け! 腐乱死体!

「はーい、ビックリ大成功!」
わたくし黒羊男爵は田中さんのベッドの横で
腰を抜かしている看護士さんにスリッパを鳴らしながら近づきます。
看護士さんは振り返り、私を認めると、
「ぎゃああああああ!」
とまた、心地よい絶叫を上げました。
はい、わたし自身も特殊メイク加工された
ゾンビマスクをすっぽりかぶってました。

悲鳴を聞きつけて、他の看護士さんがやってきます。
「ちょっとどうした、うわあああっ!」
「こんばんは」
同じくマスクをかぶった斉藤君(入院仲間)が
駆けつけた看護士さんの肩を暗闇から叩きます。
斉藤君を認めて、看護士さんがのけぞりました。

「大成功!」
斉藤君と私はきゃっきゃっと喜びました。
今晩はよく眠れそうでした。

翌日、婦長が病室にやってきて、
厳かに伝えました。
「黒羊さん、あなた、出て行ってください」
「へ? なんでわたしが?
あ、もしかして昨夜のことですか?
あれはちょっとした冗談ですよ~。
それにそれなら、入り口担当の田中さんや
足音BGM担当の久保さん、
斉藤君も同罪ですから、
わたしだけを罰すると言うのは
ちょっと不公平ですよね~」
「違います。罰ならあとで説教を用意しています」
婦長は無表情に言いました。
「昨日の定期診断で、
あなたの、●●の数値が通常に戻りました。
だから退院してください」
「え、男爵と仲間たちの冒険の物語はこれからなのに?」
「さっさっと出て行け、このろくでなし!」
三時間の説教のあと、婦長に蹴り出されるようにして
わたしは退院しました。
斉藤君は笑っていました。

こうしてわたしは自宅に戻ってきました。
いろいろあった病院生活ですが、
職業病人ですから、また入院することもあるでしょう。
入院したら、斉藤君と新しいネタをやります。
え、入院してるほうがブログ読んでて楽しいって?
そんなこと言わないでくださいよ、
男爵と仲間たちの冒険の物語はこれからなんですから。




以上、ホラ八割程度で。強めのお薬くらいで。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年6月17日 (日)

ミラーボールは輝いて。

現在 わたしは入院中です。
絶対に安静にしてろというお達しが出ています。
でもさ、退屈なんだよね。
執事が持ってくる本も読み終わっちゃったし、
アマゾンで取り寄せた ちはやふる の最新巻も読んだ。
(あの千早ちゃんが●●が●●だと自覚するとは!)

同じ病室はいつものメンバー。
そうです、ここはホームグラウンドの病院なので、
もう入院する部屋も決まってるし、
だいたい大部屋のメンバーも変わってない。
まあ、二、三人、出入りがあるくらいですね。
同部屋には入院仲間のあの斉藤君もいます。
(※ 斉藤君とわたしの関係については、下記。
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/03/post-b8f7.html

先週、わたしの中の「非日常を求めるぞ熱」が高まり、
ついに斉藤君とわたしは、またヤっちまいました。
なにをやったのか。
それはね。

「イエーイ、レッツパーリー!」
「イエーイ!」
ジャンプの裏表紙の通販で購入した卓上ミラーボールが
カーテンを引かれた大部屋の中央で回ります。
斉藤君とわたしの手元にはおうちカラオケ用のマイク。
同部屋のみんなにはタンバリンやカツラ、カスタネットを配布。
「さあ、今日も始まりました、
●●病院、●●号室 真昼のパーリー!
ご案内役はわたくし黒羊男爵と」
「病院歴は伊達じゃない、
熟練のコメンテーター、斉藤がお送りいたします」
「ではまず最初の一曲目、
病歴十五年の田中さんが歌います王道中の王道、
この歌を、どーぞ!」
♪チャンチャンチャチャララ、チャンチャンチャチャララ
田中さんが水戸黄門のテーマ曲を熱唱します。
田中さんに向かって、怪我しないよう
芯を抜いた紙テープが飛びます。
「イエーイ、盛り上がってまいりました、
続いては、わたくし、黒羊男爵が歌わせていただきます。
曲は、へんなあだ名はイヤ!」
「おっと、万年窓際の工藤さんから「ちょっと待った」だ!
工藤さんの名曲、地上の星 をお聞きください」
「では、わたくし、斉藤は、よくある苗字斉藤 を魂込めてお送りします」
次々にマイクが回されて、ミラーボールが輝く中、
歌いたい曲を歌いたいように歌う患者たち。
中には半身を起こすこともできない人もいますが、
口元のマイクへむかって蚊の鳴くような声で
「メリーさんの羊」を歌います。
歌は心です。
どんな曲だろうと、盛り上がろうと思えば盛り上がれる。
病室の興奮は最高潮に達しました。
ベッドの上で仁王立ちになる病人たち。
自然にウエーブが生まれ、曲に合わせて
人波が病室を回ります。
「イエーイ、パーリー!」
「レッツ、パーリー!!」

「うるさーい! なにやってるんですかっつっつつ!」
バリケードを作っておいたドアを強行突破して、
婦長が鬼の形相で現れました。
「イエーイ!」
わたしは婦長にハイタッチを試みますが、
代わりに脳天へチョップをくらいました。
倒れるわたし。止まるミラーボール。
「またあなたたちですか、黒羊、斉藤!
いったい何回 病人は病人をやってろと言えば、
おとなしくするんですか!」
「いや、差別はよくないですよ、
パーリーしてても病人はちゃんとやってますよ」
ほら、と斉藤君が自分の背後の点滴棒を指さします。
「病人はパーリーはしない!
当たり前のことを言わせるな」
婦長のチョップが斉藤君の脳天にも炸裂。
DJがふたりとも完全沈黙したので、
他の病人たちはそそくさと布団の中へ戻りました。

このあと、ミラーボール、マイク、小道具はすべて没収されました。
当然、わたしと斉藤君は婦長の監視下に置かれ、
「次にやったら、部屋を変える」とまで言われてしまいました。
でもさ、病人だって、たまにはバカをやりたいんだよ。
はっちゃけたいんだよ。
はっちゃけすぎちゃったみたいだけど。
ウエーブはやりすぎだったかもだけど。
ライブ会場みたいになってたもんね。

そんなこんなで、わたしはまたヤっちまいまして、
見張られているわけです。
相変わらず、ブログはトイレの個室からの更新になるわけです。
斉藤君は、でも、さっきトイレへ行くわたしにウィンクしました。
わたしにはそのウィンクの意味がよくわかりました。
「また次、なんかおもしろいことやろうぜ!」
もちろん、了解です。
次は、そうですね、病室メンバー全員で
ゾンビのお面とかかぶるといいかもしれません。
夜中の巡回にやってきた新卒の看護士さんが
絶叫をあげることになるでしょう。




以上、ホラ八割程度で。
わたしと斉藤君は、まったく懲りません。
病人を続ける間は、きっと懲りないと思います。
そんな二人が入院している
医療法人●●会●●病院は、
とっても楽しい病院です。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年6月11日 (月)

ボキりと逝きました。

昨日、簿記二級を受験しました。
病院の外出許可をどうにか得て、
とりあえず試験場へ行き、
椅子に座って解答しましたが、
「何が答えかは分からないが、
いま自分が書いたものが答えではないことだけは
確実にわかっている」という状態でした。

今度こそ、合格フラグはボキりと逝きました。
簿記だけに、ボキり。
まあ、今回は体調の悪い中、
試験に参加できただけでもよかったとします。
問題の内容はわかったから、
11月の試験での合格を目指して、
気長に勉強を続けます。

てなわけで、わたしは再び病院へ戻り、
いまトイレの便座からブログを更新しているというわけです。
バレたら、また叱られるからな。
わたしがブログを更新していることは
秘密でお願いいたします。
秘密ですよ、わかりましたか?
日本全国にバレるような行動は厳に慎んでください。
こっそり、ひっそり、行動してください。

とうぶん、病人生活が続くと思いますが、
またなにか発生したら、ブログを更新いたします。
次は、そうだな、黒●のバスケのキャラブックが
発売されたら、更新しようかな。
って、一ヶ月先じゃねえか!
もっとまめに更新したいです。




以上、単なる近況報告で。
ホラは一割くらいですかね。少なめです。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年6月 3日 (日)

オイオイ、マジか。

こんにちは、絶賛簿記勉強中だったが、
容態が急変して入院している黒羊男爵です。
健康って大切。

ここんところ、簿記の話ばっかりだったので、
気分を変えて、ひさびさにブログ更新、
去年の今頃、経験した話をしたいと思います。

季節はやっぱり五月の終わりくらいでしたかね。
わたしは、渋谷の知り合いの会社へ遊びに行ったのです。
(ちなみに、今年、その知り合いにつれられて
 キャバクラデビューした話は下記。
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2012/04/post-6d25.html )

知り合いの会社が入ってるフロアの廊下には
吹き抜けがあって、そこに、鳩が一羽うずくまっていました。
近づいても逃げない。
「なんだろ」
わたしは知り合いの会社で知人を待つ間に
お茶を出してくれた女性に鳩のことを尋ねました。
「昨日からいますね、右肩が下がっているから、
翼を骨折しているんじゃないかって、みんなで話してました」

オイオイ、マジか。(一回目)
知人の会社の人間は二十人程度、
ワンフロアに他の会社も入ってるので、
たぶん五十人くらいの人間が鳩を目撃して、
話題にもなって、そして、誰も助けない。
おかしいだろ。
たしかに見ず知らずの土鳩だが、それにしたって、
人情紙風船だ。
わたしは別に優しい人間じゃありません。
が、見ちゃった以上、寝覚めが悪いので、
知人の会社でダンボール箱をもらい、
用が済んだのち、鳩を捕獲して
携帯で調べた病院へ連れて行きました。

病院の先生はレントゲンを取り、
「ぽっきり骨が折れてます」と言い、
次のように言いました。
「鳩の翼の骨折は、元通りになりません。
安楽死か、
このまま公園などに戻して自然の法則のままにするか、
一生保護するか、ですね」
自然の法則と言えば聞こえはいいが、
要するに、カラスなり、猫なりのご飯になると言うことである。

オイオイ、マジか。(二回目)
なんだ、その救いようがない三択は。
小学生の学級会で話題になったら、
大議論が勃発して収拾がつかなくなるぞ。 
ここは先進国日本の、動物病院だろ。
ドリトル先生並みの名医は期待せんが、
それにしたって、医者が無力すぎる。
傷ついた患者を目の前に、何もしてねえじゃないか。
わたしは、「すぐに三択の結論は出せない」と答えて、
鳩をしまいました。
最後に、病院の受付で
「本日の治療費は初診代も含めて4000円になります。
野生動物なので、半額の4000円でけっこうです」 
と言われました。

オイオイ、マジか。(三回目)
わたしの所持金は5000円だぞ。
半額じゃなかったら、8000円だったのか。
すげえな、なんの解決策もだしてねえのに、
8000円か。
でもしかたがない、踏み倒すわけにもいかず、払うしかない。
こうして、わたしは赤の他人の鳩のために
お小遣いのほとんどをはたき、
とりあえず自宅に帰りました。

自宅には昔飼ってた猫用の
大きなケージがあったので、とりあえずそこへ
鳩と病院でおねえさんたちにもらった餌(4000円の餌)と
水を入れて、
今後について考えました。
あの医者は三択だと言ったが、
どうにも納得ができない。
たしかに、サラブレッドの足の骨折などは
もう致命傷で生きられないが、鳥の翼だろ。
野生動物だったら、けっこう症例はありそうだし、
スズメみたいな小さな鳥でもない。
素人の考えだが、治るんじゃねえのか。
ホントにダメなのか。
わたしは翌日、PCを立ち上げて、ググりまくりました。

ググること一時間、鳥の骨折の権威を発見。
セカンドオピニオンにいいかもしれん。
このひとがダメだって言ったら、あきらめよう。
そう思って、権威の動物病院へ電話して、
事の詳細をおねえさんに話したら、
権威が気軽に電話口に出てくれて、
あっさり「治るよ!」と言ってくれました。

オイオイ、マジか。(四回目)
わたしは自家用車に鳩入りダンボール箱を積んで
権威の病院へ急行しました。
権威は鳩を調べて、
「治るよ。このまま預かるね」と言ってくれました。
「飛べるようになりますか」という疑心暗鬼のわたしの台詞に
「なるよ!」と心強い言葉。

オイオイ、マジか。(五回目)
鬼の三択 であきらめなくてよかった。
世の中、名医っているんだな。
わたしは安心して権威に鳩をゆだねました。
帰りがけに受付で、
「おいくらになりますか」と尋ねたら、
おねえさんが微笑んで、
「野生動物ですから、無料です。
おこころざしだけでもいただければ、ありがたいです」と言いました。

オイオイ、マジか。(六回目)
わたしは、つくづく、
「医者って、病院って、選択が大事だな」と感じ、
「あの、すみません、いま持ち合わせがないので」と
おねえさんに、貯金も合わせて2000円を差し出しました。
8000円くらいするんだろうに、払えなくてゴメン。
そしたら、おねえさんは、
「じゃあ、お金はここにいれてくださいね」と
盲導犬育成用の募金箱を指さしました。

オイオイ、マジか。(七回目)
無料でおこころざしだけでもありがたいって言ってくれて、
しかもお金は病院の懐には入れなくて、
盲導犬への寄付なのか。
どんだけ心が広くて、いい動物病院なんだ。
俺もここに通いたい。

わたしは、心置きなく、
「ああ、これで安心だな。あの鳩はラッキーなやつだな」と思って、
動物病院を後にしました。
もしかしたら、野生動物って
病院に助成金とか出るのかもしれないけど、
それにしたって、
鬼の三択を回避できて、盲導犬に寄付できて、
いいことづくめじゃねえか。
よかったなあ。

帰宅して、餌の入った空のケージを眺めて、
わたしは一抹の寂しさを感じました。
そっか、わたしは、あの鳩が好きだったんだな。

オイオイ、マジか。(八回目)
たった二日のご縁だったのに。
感情移入が早いのにも限度があるだろ。
わたしは自分に突っ込みを入れて、
ケージの餌を撤収しました。

本当に、わたしは別に優しい人間じゃないよ。
でもさあ、あのまま鳩を放置して、
翌日、血痕と羽根が廊下に散らばってるかもとか
想像したら、寝覚めが悪いじゃないか。
それが、ちゃんと手当てしてもらえて、
鳩は元通りになるんだ。
これでよかったよな、悲しくなるんじゃなくて、
喜ぶべきだよな。うん。
そう思いながら、わたしは、泣いてました。
オイオイ、マジか。(九回目)

こんなことが、去年ありました。
何度も「オイオイ、マジか」が出てきましたけど、
全部ニュアンスが違います。
日本語って懐が広いなあ。




以上、ホラ二割程度で。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »