« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

少女の悲鳴と男爵の絶叫。(下)

(前回のあらすじ)
入院先の病院で
硝子(しょうこ)ちゃんという少女に出会ったわたし。
彼女が語る、
「姉を殺した、鏡の中の死を告げる女の子」という戦慄の物語に、
わたしは反応せずにはいられなかった。
(前回までのあらすじ・終わり)


おびえる少女の助けを求める悲鳴に、
わたしはこらえきれない衝動に駆られて
思わず口を開きました。

「ち、がっっーうううぅっうううぅっっっっっ!!」
病人ですが、あらん限りの渾身の力で絶叫しました。
だって、これは、ないだろ。
「ありえない、君のその反応は間違っているぅぅっ!!!」

「え、え」
硝子ちゃんはびっくりして、涙が止まりました。
わたしはベッドから降りて、
彼女に歩み寄ると腰に手を当てて、再度絶叫しました。
「君は、間違っている! 助けを求めるなんて、おかしいっ」
「え、だって、わたし、怖くて」
「それも間違っているっ」
わたしはビシッと彼女に指を突きつけました。

「正体不明の、妖怪だか、情念の塊だか、なんだか知らないが、
とにかくその「赤い唇の女の子」が
君のお姉さんの死に関係しているかもしれないんだろ。
君は、きっとお姉さんが好きだったんだろ。
いいか、大事な人を殺されたら!
怖がる前に--恐怖なんてこの際どうでもいい、
殴り返すんだよ!
腕力でかなわなかったら、武器でも何でも使って、
反撃・復讐するべきなんだよっ!
なんでやられっぱなしで、君が泣かなきゃならないんだ。
おかしいだろ。
鏡の中のその女の子、お姉さんの肩をつかんで、
「捕まえた」って言ったんだろ。
てことは、絶対に触れないわけじゃないんだろ。
怯える必要がどこにある。
そいつは、お姉さんの仇なんだぞ。
君も狙われてる、君の敵なんだぞ。
だったら! 立ち上がれ。立って、相手をぶちのめすんだよ!」
「……え……」
「だいたいなあ、「生きている人間」以上に恐ろしい存在なんて、
わたしは見たことないね!
過去、わたしをひどい目にあわせたのは、
100% 生きてる人間だった。
鏡の中の妖怪なんて、鏡をぶち割るなり、
鏡越しに殴るなりなんなりして、徹底抗戦・打ち負かすんだ。
むこうがこっちを触れるんなら、きっと勝機はある。
怨念が必要だって言うんなら、こっちには殺されたお姉さんがいる。
お姉さんはきっと、その鏡の中の女の子をうらんでる。
みすみす妹を見捨てたりしないだろ。
それこそ怨念の塊になって、女の子を攻撃してくれるだろう。
わかったか、君は、泣いたり、怯えたりする必要はない。
武器を探しなさい。
そんで、自分の手で、そいつをぶちのめしなさい。
わたしから言えることは、以上だ!」
「そ、そんなこと、いままで誰も……」
おどおどとこちらを見あげる硝子ちゃんの前で、
わたしは片膝をついて視線を合わせました。

「そりゃそうだよ、普通の人なら、
君の話にひっかかるかもしれないもんね。
病院っていうシチュエーション、
お姉さんが死んでるという事件性、
「少女性」ってやつが持っているどこか不思議な感じ……。
普通の人なら君の話を、たとえ、全部は信じなくても、
薄気味悪く思うだろうね。
この話そのものか、君を、ちょっと怖く思うだろうね。
でも、最初に言っただろ。
わたしは嘘つきなんだよ」
わたしはニコ、と笑って、硝子ちゃんの頭をわしわしとなでました。
「同じ嘘つきはわかるさ。
君の話は、将来性を考えても、四十八点だね」

硝子ちゃんは必死な表情でわたしに言います。
「わたし、嘘なんて」
「うん、意図的にはついてないかもね。
君は、たぶん
お姉さんの死からいろんなことを連想して、
考えて、想像しただけだ。
もしかしたら、そもそも、お姉さんなんていないかもしれないけどね。
病院でヒマでヒマだったんだろ?
だから、こんな話を考えて、いろんな人に話して回ったんだろ。
臨場感は素晴らしいものがあったから、
二十五点プラス。
話し方もよかった、実際に泣いたところは高得点で
さらに二十点プラス。
最後に、君の年齢としては話の完成度が高いので、
ご褒美に三点プラス。
マイナスとしては、ちょっとありがちな内容だったね。
あと、話す相手を選ぶべきだ。
わたしには嘘は通じないし、
わたしはやられっぱなしで怯える人間じゃない。
もし、鏡の女の子がわたしの背後に現れたら、
どんな手段を使ってでも、反撃する。
だから、恐怖小話になんてならないよ」
「怖くないんですか」
「怖くないね。わたしは戦うよ。
今までだって、戦ってきたし、これからだって戦うよ。
君も、戦えるよ。誰だって、戦えるさ--勝てるかどうかは別として」
「わたしも、戦えるんですか」
「戦えるよ。
君は、なにとだって戦える。
勝利する可能性を持っているんだ」
「じゃあ、もう、怖がらなくていいんだ」
「そうだよ、今度は、君が反撃する番なんだよ」
「よかった。ありがとう」
硝子ちゃんは涙の筋が残った顔で笑いました。
そして、目の前から忽然と宙に消えました。
彼女の頭にのせていたわたしの手が、すとん、と落ちました。




……っていう、長い、想像をしてました。
昨日ね。
あんまりにもヒマでヒマだったからね。
バラ色の萌え萌え話を思いつかなかったから、
病院という場所を生かして、
ちょっとひねりのある話を考えてみました。
いかがでしたでしょうか。
以上、ホラは九割ですね。
残り一割は適当に、そこらへんの怪談をねじ込んでると思います。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年4月27日 (金)

少女の悲鳴と男爵の絶叫。(上)

さて、現在 入院中のわたしですが。
ヒマでヒマで仕方がない。
こういうときは、
得意の妄想にひたって現実逃避するのが
お金もかからず、リーズナブルでいいのですが、
あんましそういう気分じゃないときもある。
今日はそんな感じでした。
雨も降ってて、気分がふさぎがち。
萌え萌えな雰囲気にならない。
今週のジャンプは合併号だったから、
来週の月曜日に発売はないしな。
あー、だるーい……。

ベッドにひっくり返って、
天井の模様を数えようとしたとき、
「……君、お名前は?」
逆転している視界に、
少女がひとり飛び込んできました。
正確には病室の入り口に、立っていました。
見たことない子ですが、
いま入院しているのは「斉藤君」(※わたしの入院仲間)が
いる、いつものホームグラウンドな病院ではないため、
知らない人のほうが多い。
別にその女の子に見覚えがなくても不思議はありません。

「人に名前を聞くときは、自分から名乗るんじゃないの?」
女の子は言いました。
「そりゃそうだね。君のご両親はしっかりした人たちらしい」
わたしは仰向けからうつぶせになって、
ベッドにだらっと垂れ下がって自己紹介しました。
「わたしは黒羊男爵。祖父の代から由緒正しい、
ホラ吹き男爵だよ。
たくさんの嘘と、たまに真実を言うよ。
タチが悪いから気をつけてね」
「嘘つきなの?」
「うん。とっても。
正確にはホラ吹きだけど、
まあ、君くらいの年齢の子から見たら、嘘つきだね。
たぶん、君が今まで会ったことないくらい
嘘つきだよ。で、君のお名前は?」
「各務硝子」
「かがみしょうこ? なんだか難しい名前だね。
君、この病院には長いの?」
「もうずっと入院しているわ」
「なんて病気なの? あ、ちなみにわたしは●●●病です」
わたしは気軽に自分の病名を告知し、
返事に少女の病名を聞いて納得しました。
そりゃ、入院するわ。
彼女の病名はそれなりに難病でした。
「実はわたし、お姉ちゃんがいたんだけど」
「うん」
「お姉ちゃんもおんなじ病気で、入院してた。
やっぱりここに」
「うん」
いったい何が言いたいのかな?
わたしはうつ伏せから横向きになって、
適当に相槌をうちながら話半分に彼女の言葉を聞きます。

「お姉ちゃん、まえ言っていたの。
鏡を見ると、赤い唇の女の子が、自分の後ろに見えるって。
その子がだんだん近づいてくるって。
わたし、信じてなかった。
でも、お姉ちゃんはすごく怖がってて」
「ほほう、で?」
わたしはとても興味をそそられて、
ベッドの上に座りなおして、初めて少女を正面から見ました。
彼女は痩せた、目の大きな少女でした。
「ある日、お姉ちゃんの肩に、女の子が手を置いたって。
「捕まえた」って口を動かしたって、泣きながら話してて。
そしたら、その日に、病気が急変して、
お姉ちゃんは死んじゃったの」
「……ふぅん?」
少女は涙をこぼし始めました。
「それからしばらくして、わたし、気づいちゃったの。
鏡を見ると、遠くに人影が映ってるって。
だんだん近づいてくるの。
そうなの、その女の子なの。
次は、次はわたしの番なの……!
お願い、男爵さん、助けて……!」
少女は小さく叫びます。

その叫びに、わたしはこらえきれない衝動に駆られて
思わず口を開きました。




以上、ホラ九割程度で。
(下)に続きます。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年4月23日 (月)

男爵、デビューし、現在 入院中。

やっちまいました。
ええ、またやっちまいました。

今までもいろいろやらかして、
七転八倒な人生でしたが、
今回は究極的にやっちまいました。
現在 我が人生史上もっとも重い賢者タイム中です。

事の発端は一本の電話。
「あー、今年の花見は間に合わなかったね。
代わりにちょっと渋谷でご飯食べようか」
長年の友人からの電話に、
わたしは否もなく、「行く行く!!」とつられてホイホイと。
ホイホイと、
「キャバクラ」というところへ連れていかれました。
言い忘れてましたが、
長年の友人の職業は社長です。
ちっさい会社ですが、社長は社長です。
領収書切れます。
「ここが渋谷じゃ一番美人がそろってるんだよ」
「へええ、美人、ねえ」
うん、まあ、ボン・キュ・ボンかなっ。
目の保養だねっ。
わたしは煙草を吸いませんが、
君が胸の谷間から出すライターになら、
火をつけられてもいいかな。
おねえさんは笑顔でわたしに「はい」とグラスを渡しました。
「これ、なに? 茶色いけど」友人に聞くと、
「茶色? ウーロン茶だよ」といわれました。
「なら、大丈夫」
わたしはくぴっと一気飲みしました。
あれ、なんか、ウーロン茶ってこんな味だったけ?
いぶかしく思いながらも、
「おねえさんは、本当にきれいですね。
肌もつやつやだし、
まつげも長くて」などとほざくと、
おねえさんはこれまた笑顔で、
「ナイショだけど、木曜日だけ、六本木の店に出てるの。
港区に来たら、寄ってね」
ケータイ番号の書かれた名刺をくれました。
「え、いいんですか。
嬉しいなあ、行っちゃいますよ」
わたしはおねえさんの「ウーロン茶」を飲みながら、
へらへら笑います。
ええ、わたしは同性愛に偏見はありませんが、
異性愛にも異議はありません。
美しいものは、性別を超えて、いい。
そう思ってます。

それにしても、この「ウーロン茶」、おいしいなあ。
なんだか、トイレが近いけど。
「りょ?」
わたしは男子トイレの床にへたり込んで、
「どうかしたのか」と様子を見にやってきた友人に手を振ります。
「大丈夫?」
「だいじょーぶ、だいじょーぶ、だってウーロン茶だから」
「おまえ、酒臭っ、アルコール飲んでるぞ!」
「へ? ウーロン茶らよ? 茶色かったよ?」
「茶色……って、琥珀色か?」
「こはくいろ? うん、そんな色」
「バカおまえ、それはウィスキーの水割りだ!
匂いで気づけよ!」
「そんなはずはないお、わたしはお酒は飲めないんだお」
「あーもうっ、立てるか?」
「なんだか、動悸がするお? 苦ちいお」
「「おい、男爵、男爵」」

フェードアウト。

……いっさい、以降の記憶がございません。

気づいたら、病院で、入院で、
持ってたバッグの中にはキャバ嬢の名刺が
十枚以上入ってました。
いったい、わたしは何人のキャバ嬢と
どんな約束をしたのでしょうか。
ぜんっぜん、覚えてない。
ただ、目覚めたら、医者が額に青筋を立てて、
「こんな数値になるまで、なにしていた」
「死にたいのか」
「こんな遠回しな自殺は迷惑だ」
「自制しろ」うんぬんかんぬんと、説教しました。
ごめんね、リナちゃん。
名刺もらったけど、六本木のお店には、行けそうもありません。
入院しちゃったから。

もともと、アルコールは体質的に弱いんですよ。
さらに、病気持ちなんで、飲んじゃいけないんです。
別にソレを苦に思ったことはなかったけど、
こんなに大量の名刺をもらって、もらいっぱなしじゃね。
悪いことしたな。

それにしても。
本当に、わたしはどんな約束をして、
名刺をもらったんだろう……。
いや、十枚以上あるんですよ。
それぞれにキスマークだの、
携帯の番号だの、
非番の日付だの、
いろいろ記入があるんです。
どう考えても、親しくならないと教えてもらえないような
情報が記載されていました。
全部 執事に没収されたから、
もう連絡取れないけど。
この場でキャバ嬢さんたちに謝ります。
二度と会えなくて、ごめんね。
わたしのキャバクラデビューは一日目で入院となり、
終了となりました。

てなわけで、今回のブログ更新は病院の公衆電話前から
携帯電話でお届けしております。
いろんなところの数値が異常なんで、まだ退院できません。




以上、ホラ五割程度で。
ある程度 真実で。
最近のキャバ嬢の名刺ってかわいいよね、
凝ってるし。デコってるし。
ぜひとも連絡したいけど、もう無理だな。
ドクターストップが出たし、
お酒が飲めないから、キャバクラ行っても仕方ないよね。
ブログランキング参加中にて、
こんなしょーもないキャバクラデビューアンド終了でもいいよって、
思われたら、クリックをお願いいたします。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年4月15日 (日)

年年歳歳。桜散る。

先日、お花見に行ってきました。
もう桜は散り始めていて、
暖かい風が頬を過ぎるたびに、
薄紅の花弁が紗幕のように頭上から降ってきました。
きれいだな。
手を伸ばすと、掌の上で花弁が踊ります。
きれいだな、きれえな花だな……。

わたしが一番好きな花は椿ですが、
一番きれえだなあと思うのは、
桜かもしれません。
思わず写真を撮りました。
あんまりよく撮れていませんが。

20120415

この前、珍しく歩いて帰宅途中に
夜桜を見かけました。
暗い海の中で、ぼんやりと月光をうつす
白い珊瑚のように見えました。
「桜はきれい、でも怖い」
たしか 東京Babylon で昴流君が
そう言っていた気がする。
「桜の下には死体が埋まっているんだよ」
そういう言葉を完全否定できない、
夜桜の妖しい美しさ。
昼間の暖かな美しさ、
圧倒されて感動して息を呑む美しさとはまた違う
妖艶といってもいいような美しさを感じます。
この花には艶がある。
桜に宿る神は女神ですが、まさにその通り。
きっと童女のようにあどけなく、
悪女のように微笑む女神様が
宿っているんだろうなあ……。
やっぱりあんまりうまく撮れなかったけど、
夜桜の写真です。

120409_2005002

年年歳歳とはよく言ったもの、
来年も花は咲くでしょう。
けれど人は老いていきます。
年年歳歳、
花は処刑場の鮮血の上にも散り、
遊ぶ童子の頭上にも散るのでしょう。
桜の下の光景は変わっていきますが、
桜のある景色は変わらないのでしょう。
わたしもいずれはいなくなります。
その春に、やっぱり桜は咲くのでしょう。
願わくは、とびきり美しく、妖しく、あでやかに
咲いてもらいたい。
「花の下にて死にたい」とは贅沢な願望ですが、
西行のように叶うひともいます。
わたしの生来の願いも叶うといいのですが。




今日は、なんとなく自堕落な感じで、
適当な感じで、流しました。
「あ、桜が咲いている」と思うと、
それだけでなにもかもどうでもよくなるよね。
一瞬、気持ちがうわずるよね。
日常と非日常の間の、不思議な花だ。
以上、センチメンタルにホラ八割で。
うん、適当だよって言ったじゃないですか?
だから、ホラが多いですよ?
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年4月 8日 (日)

男爵、ボコボコ(×間違い)ボキボキ、指導(×間違い)始動する。

さて、三月に驚異のヒキの強さを見せて
無事に(?)簿記三級をゲットしたわたしですが、
次は二級をゲットしなければなりません。

二級と三級ってどう違うの?
内容が深くなるとか?
愛用のLECの三級の教科書と問題集に別れを告げて、
二級の教科書と問題集をLECから取り寄せました。

あれ?
……合計四冊、あるよ?

商業簿記二級って教科書二冊なの?
そんなに内容深いの? 当社比二倍?

――違いました。
二級には「商業簿記」と「工業簿記」二科目があるのでした!
聞いてないよ、そんなん!
二科目? 工業簿記? ナニソレ?

工業簿記の教科書をペラ見してみる。
ぜんっぜん、わからん。
結論:工業簿記と商業簿記はモノの考え方が違う。
ほとんど一からやり直しに近い。

でも、もう六月の試験、申し込んじゃった。
こんなことになるとは思ってなかったので、
見切り発車です。
やべえ、999は旅立ってしまったよ!
シュッポッポと駅から出て行ってしまったよ!
わたしは車窓から身を乗り出して
渾身の力を込めて駅のホームにむかって叫ぶ。
「●ーテルぅぅうう!!」
だってわたしの999の乗車券持ってるのは
メー●ルだから。
このままだとわたしは無賃乗車で車掌さんに捕まっちゃうよ。
メーテ●はひらひらとこちらへ手を振って、
笑いながらホームから出て行きました。
なんでやねん、なんで満面の笑顔やねん。
ていうか、わたしの乗車券、乗車券を返して!

という、長い妄想をしてしまうくらい、
工業簿記は衝撃的でした。
前回はテスト前の二週間、
本もマンガも読まずにトイレでも勘定科目読んで
詰め込みましたが、
今回は、もう勉強始めないと間に合いません。
グッバイ、オレの青春の日々。
これから二ヶ月はジャンプも購入した日だけにしか読めない。
(それ以降は封印される)
簿記のテストまで、オレの戦いに休みはないのだ……!

これでまた受かったら、すごいよなー(棒読み)。
これでまたなんとか受かったら、
欲しかったあの本を買います。(注:前回とは違う本です)
ていうか、誰か、わたしを賛美するコメントをつけてください。
言っておきますが、わたしは大学は
文学部出身で、数字とはまったく縁がありません。
活字人間であり、文字の人であり、数字は守備範囲外です。
簿記なんて三級の勉強始めるまで、存在すら知らなかった。
そんなわたしがこれから勉強始めて
六月のテストで二級とったら、褒め称えられてもいいと思うんだ。

ていうか、誰か、褒めろ。
二級をとったら、いまこの記事を読んでいるあなた!
あなたが、わたしを褒め称えてください!

ちなみに、落ちた場合はそっとしておいてください。




以上、ホラ一割くらいで。
まあ、ケツに火がついたってところはノンフィクションですね。
勉強しないとなあ。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2012年4月 1日 (日)

今日はオレンジ・デー。

今日は4月1日です。
世間的には「エイプリル・フール」ですが、
「オレンジ・デー」でもあります。

「オレンジ・デー」ってなに?
と思われるかもしれません。
まだまだ認知度の低い日ですからね。
この日は「記念日」のやり直しの日です。
たとえば、「バレンタイン・デー」になにかをもらったものの、
「ホワイト・デー」にお返しができなかったり、
お返しを忘れてしまったりしたひとが
改めてお返しができる日。
または、「結婚記念日」を忘れてたり、
「誕生日」をスルーしてしまったりした場合に、
「ごめんね、おめでとう」ができるのが、
「オレンジ・デー」です。
つまり、「やり直しの日」です。

「オレンジ・デー」はもともと、フランスの習慣で
「オラニエ公ウィリアム」が始めたといわれています。
ウィリアムが妻・ルイーゼの誕生日をうっかり忘れてしまい、
それをわびたのが百三十年位前の「4月1日」、
つまり、今日です。
そこから、「記念日のやり直しができる日」=「4月1日」に
なりました。
フランス語の「オラニエ」というは英語で発音すると「オレンジ」ですが、
「オレンジ・デー」の「オレンジ」は色の名前じゃなくて、
ウィリアムが統治していた地方の名前なんですね。

わたしも、今日、やり直ししたいことがあります。
今年のバレンタイン、わたしのブログにコメントをつけてくださる
junさんからチョコをいただいたのですが、
ホワイト・デーにお返しすることができませんでした。
まあ、いつものように寝込んでいたからですが。
だから、今日junさんのお手元に着くように
ご希望のホワイトチョコのトリュフを手配いたしました。
junさんは喜んでくださるでしょうか。
喜んでいただければ、嬉しく思います。




以上、ホラ十割で。
え?
うん、そうですよ、全部まるっとホラですよ?
完璧なフィクションです。
だって、今日はエイプリル・フールじゃないですか。
この日に、わたしのブログを信用するなんて、
精神的にどうかしてますよ、ええ。
「畜生、だまされた!」もしくは
「こんなことだと思っていたぜ!」という方は
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »