« フード・アサシンの旅立ち。そして伝説へ。 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒子のバスケ »

2012年2月26日 (日)

今日、簿記でボキボキになりました。

お久しぶりです。
ええ、ホントに、こんなに更新しなかったのは
ブログ作って、初めてじゃないかな。
バレンタインまでは十三歳のフード・アサシンを
真人間にしたりしてましたが、
それ以降はずっと、こもって勉強してました。
なんの勉強? それはね……。

今日、それも終わりました。
それとは、「簿記」です。
はい、今日が試験日だったので、
二週間弱の強行突破の日々がようやく終わりました。
毎日、練習問題と答練をやりました。
マンガも小説も読まずに、
トイレでも勘定科目読みながら、
頑張りました。
仕事でどうしても必要になっちゃったんだから、
仕方ないけど、地獄のよーだった。

で。はい、試験、受けましたけど。
ていうか、「受けた」だけでしたけど。
あのね、今までわたしのブログ読んでる人は
なんとなく想像できるかもしれないけど、
黒羊男爵さんは経済観念が乏しいんだよ。
お金は天下の回りモノ、右から左へ動くモノ。
そう思ってるから、あんまりお金に興味がないの。
お金で買えるジャンプや小説には
それはものすごく執着するんだけど、
某友人のように
「通帳の数字が増えていくのが
人生の至高の瞬間」とか思わない。
だから、さ、もう、わかるよね?
正直、簿記が扱う事柄に、てんで興味が持てませんでした。
なんなの、この数字が左側に入ったり、
右側に入ったりする、コレは?
え、規則があるの?
へえ、うまくできてるもんだねえ……。
わたしにはぜんぜん興味がないから、
よくわかんないけど、感心。
感心、感心。
そして無関心。
……受かるわけ、ないよね。
そりゃもう、フラグ、「ボキボキ」ですがな。
フラグ、折れまくりですがな。

たぶんねえ、五十点くらいは取れたかなと思うけど、
合格ラインの七十点には届かなかったと思うんだよね。
もういまは、簿記なんかどうでもいいよ。
明日のジャンプのほうが大問題だよ。
やっとマンガ読める……。
でも、六月にまた試験あるから、
また受けなきゃならない。
絶対に、簿記が必要だから。
資格と言うか、知識が必要だから。
財務諸表を読まねばならんのですよ。
めんどくさいことこの上ないが、
財務諸表がわかんないと、
お話にならない状態になってるから、
仕方がない。
ああもう、めんどくさいねえ。
生きてるって、めんどくさいねえ。
生きることに付随する事柄が、めんどくさいよ。

つまり、会社を買おうとしてるんですよ。
今後のために。
わたしは、社長になるわけですよ。
そしたら、財務諸表が分からないとダメだよね。
本当は、三級じゃなくて二級以上の知識が必要なんだが、
まずは三級から。そう思って受けました。
その結果、フラグが盛大に折れただけだけどな。

これで合格していたら、
わたしの引きが滅茶苦茶強いと思ってください。
これで合格していたら、
ずっと欲しかったあの本を買います。
合格発表は三月中旬? かな?
そのころ、またどうなったか載せますね。
今は何よりも!
ジャンプが読めるのが嬉しいですよ!!
フラグなんかもう知らねえよ!!!



以上、ホラ三割くらいで。え、むしろ真実なの? ってとこで。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« フード・アサシンの旅立ち。そして伝説へ。 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒子のバスケ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

簿記についてトラックバックをいただきました。
気にかけていただいて嬉しいです。
が。
たぶん、わたしが簿記できないのは、
教材の問題じゃないような……。
原因は性格の向き不向きでは……。
「数字大嫌いだお! 文系一直線だお!
でも楽して一問も解かずに努力せずに簿記とれたお!」みたいな
記事のトラックバックをいただけると更に嬉しいです。
そんな記事、ないですかね? ……ないですよね。
六月、頑張るしかないですね……。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/54083869

この記事へのトラックバック一覧です: 今日、簿記でボキボキになりました。:

» サクッとうかる日商3級商業簿記トレーニング |福島 三千代 [これどう?]
サクッとうかる日商3級商業簿記トレーニング福島 三千代ネットスクール出版 刊発売... [続きを読む]

« フード・アサシンの旅立ち。そして伝説へ。 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒子のバスケ »