« 新年会 at 武●館に行ってきたぜ! | トップページ | 男爵、レベル3のフード・アサシンの相談を受ける。 »

2012年1月11日 (水)

この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――光の六つのしるし

以下、ネタバレを含むので、いやんなひとはバックプリーズ。

ひさびさに本を紹介します。
今回は = 光の六つのしるし だよ!


これも児童文学なのかな?
でもオレの中ではクリスマス~正月(冬の話)っていうと、
これだ。
もしくは 喜びの箱 かな。あとは 冬物語 とか。
まさかと思うけど……光の六つのしるし を
知らない児童文学好きはいないよね?
それって、ゲド戦記知らないくらいのレベルだと思うよ!
光の六つのしるし はそんくらい名作・有名です。(オレの中では)

ほんじゃ、ストーリー紹介。
この本は「光と闇の戦い」シリーズの一冊目です。
いや、これに先立つ「コーンウォールの聖杯」という話もありますが、
知らなくてもなんとかなります。
シリーズ物だけど、単体でも読めます。
この物語はイギリスのある町の一冬の出来事なんだけど、
光と闇の戦い、というシリーズコンセプトどおり、
主人公 ウィル・スタントン少年は誕生日に
光側の「古老」として目覚め、
光を勝利に導くアイテム・六つのしるし を探すことになります。
このしるし、いろんなところに隠れている。
隠し場所はRPGが作れると思うくらい、バラエティに富んでるし、
またアイテムに絡んで切ない人間模様もあったりする。
切ないっても恋愛話じゃないです。
なんて言うか、「永遠に憬れる儚い人間」が出てくるんです。
光側の「古老」は永遠の存在です。
その古老のそばで生きてきて、自分の儚さに絶望し、
闇に組してしまう男が出てくる。
それを「弱さ」と言ってしまえばそれまでなんだけど、
わたしはあえて「憧れ」と言いたいですね。
とても人間臭い、その男は、人間だから、
永遠に焦がれて、切羽詰って、師を、主を売ってしまう。
その裏切る心の動きが、切ないですよ。
その男の最期も切ないね。
主人公ウィルは男の一部始終を見届けるのですが、
結局、男を憎むことはできませんでした。
ウィル自身がとても優しい少年だということもあるけど、
たぶんウィルの中の人間の部分が、
男の弱さ・憬れに共鳴したんじゃないかと思う。
この物語、光・少年であるウィルと
闇に堕ちた男の対比がとてもよく描かれていると思う。
結論として「人間」が描かれていると思います。

この物語はシリーズなんで、
どんどん続いていくんですが、
一冊目を読むと、もうとりつかれたように読んでしまうよ。
ウィルは今後、どうなるの?
光と闇の戦いの結末は?
巻を進めると新しい登場人物なんかも出てきて、
「えっ、あの超有名人の子ども?!」などと驚きもあり。
しっかりとしたプロットで読み応えがあります。
でも、一貫して「人間」が描かれている物語です。
主役のウィルは「光」だけど、
必ず対比になる「普通の人間」がいて、
その人間が物語を回します。
光も闇も、基本方針や行動は揺るがない、
ある意味 予定調和なんだけど、
光と闇の間で揺らぐ「人間」が物語を大きくリードしていきます。
人間の揺らぎが、迷いが、憧れが、切なさが、
物語に表出します。
光と闇の戦いシリーズは、だから、「人間」の物語です。
わたしは勝手にそう思ってます。

いい物語ってのは、「次は? 次は?」って訊きたくなる面白さと、
あと、「人間」が描かれているんじゃないかなって思う。
人間をひきつけるのは、人間なんじゃないかな。
自分の中にもある弱さに共鳴したり、
自分にはない崇高さにハッとしたり、
するんじゃないかと思う。
物語の中に、「人間」への共鳴と発見がある。
そうすっと、心に残る物語になるような気がする。
児童文学でも、ミステリーでも、ホラーでも、
なんでも、そうだと思う。
あ、もちろん、ウィスキー・キャット とか ネコ語の教科書 みたいな、
人間は出てくるけど脇役って名作もあるけどね。
あくまで、あるパターンとして、
「人間」への共鳴と発見がある物語がいいよ、ってこと。
他のパターンもあるよ。そりゃ。

光の六つのしるし はイギリスのクリスマス風景なんかも
出てくるんで、
冬にヒーターの前で、ミルクティーなんか飲みながら、
読みすすめると、とても楽しい物語です。
いいなあ、こういうクリスマスやりたいなあって思う。
ウィルの家は大家族なんで、プレゼント交換したり、
わいわい騒いだり、にぎやか。
ウィルは古老だから、特殊能力者なわけですが、
家族の中では末っ子。子ども扱いです。
ウィルの使命ある古老としてのキャラクターと
末っ子キャラクターのギャップも楽しいですね。
闇と対等に戦う古老が、実生活では兄貴にかばわれたりする。
ウィル自身も家族をとても大切にしているので、
よき家族像を見ることができます。
仲いい家族って、こんな感じなのかなって思う。

今日は、ひっさびさの本紹介だから、とても真面目に話したよ!
ホラはあんまり入ってないよ。
だって真剣に、読んで欲しい話だから、 光の六つのしるし は。
何度読んでも、何度たどりなおしても、また読みたくなる、
わたしにとって大切な、大好きな話です。
でも、人によっては受け付けないって人もいるかもね!
そういうときは、「畜生、騙された」って呟いて
そっと本を閉じて、忘れましょう。
相性ってのがあるからな、無理には勧めないよ!

以上、ホラは一割くらいで。一割って少ないでしょ?(当社比)
わたしとしては誠実だと思うよ!
あくまで、わたしを基準にした場合ね。
普通の人を基準にしたら……まあ、いい加減かもね!
でも、わたしは気にしないよ!
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« 新年会 at 武●館に行ってきたぜ! | トップページ | 男爵、レベル3のフード・アサシンの相談を受ける。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/53711662

この記事へのトラックバック一覧です: この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――光の六つのしるし:

« 新年会 at 武●館に行ってきたぜ! | トップページ | 男爵、レベル3のフード・アサシンの相談を受ける。 »