« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月26日 (水)

迷子再襲来。撃破。

今日、家のキッチンでお手製キャラメル食べてたら、
ピンポンが鳴った。
普段、わたしが直接 ピンポンに出ることはないんだけど、
(メイドさんや執事が出る)
たまたま三時のお茶休憩のときで、
みんなでわたしが作ったキャラメル食べて、
キッチンのテーブルを囲んでまったりしてたから、
「いいよいいよ、近いし、わたしが出るよ」と言って、
ピンポンに出ました。
そしたら、見知らぬおばさんが立ってました。
誰だろう?
「はい?」と返答すると、
川の流れのようによどみなく、おばさんは話し始めました。
「はじめまして。あのう、最近、
いろいろなことが起きて、
頼りないと感じることはありませんか?
心細いとか。
生きていく以上、人間がどうしても確かなものを
求めてしまうのはしかたないことなんです。
聖書をご存知ですか。
聖書の中には、心のよりどころとなる素晴らしい言葉がたくさん」
あああああああ、またこのパターンか。
残念、わたしは神様を信じていないのだよ。
(※ わたしと神様について詳細は「男爵と神様。」をどうぞ
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2011/03/post-78fe.html

わたしは先回りして返答しました。
「聖書なら、もう持ってます」
「じゃあ、たまに開いて読まれることも?」
「ありますけど」
「素晴らしい言葉が書かれていますよね。
心を明るく照らす言葉が、たとえば」
「……破滅の預言も書かれてますよ」
「あ、あれは神様が人間に警告されているだけですよ。
罪を改めて生きなさいという道しるべで」
「いや、かなりマジ本気な滅びの預言が
けっこうな分量ありますよね。
警告にしては、念が入りすぎているような」
「心の支えになるような言葉もありますでしょ。
たとえばホラ、ローマ」
「ローマ人への手紙、ですか?
読んでますけど、心の支えにはしてません。
外典も持ってますけど、特に心の支えにはしません」
「あなたは教会に行かれているんですか」
「行ってません」
「キリスト教信者の方では?」
「わたしは神様を信じてません」
「神様はあなたを見ていらっしゃいますよ、
見守ってくださっていますよ」
出た、お決まりの文言だ。

「はっきり言わせていただきますと」
わたしは撃破モードに入りました。
「心の支えになる言葉があるのはけっこうですが、
人類全員に共通して心の支えになる言葉なんかありません。
なぜなら、ひとはみな取り巻く環境も違うし、
育った家庭も性格も好みも異なるからです。
あなたが持ってるその分厚い本は、
万能の一冊じゃありません。
量があるんで、薄い本より、心にヒットする可能性は高いでしょうが、
本は、しょせん本です。
いま苦しんでいるひとにとって、必要なのは、
言葉なんかじゃありません。
行動です。
あなた、タイの洪水に対して寄付とかしましたか?
東日本大震災が起きたとき、あなたはなにをしてましたか?
その本がどんな役に立ちましたか?
自分が何を心の支えとするのかは、
自分で選ぶべきなんです。
誰かのお勧めを検討するのはけっこうですが、
選ぶのは自分です。
あなた、自分の選択が絶対的に正しいと思って、
他人に押し付けていませんか。
それって、『善』なんですかね」
「え、ええと、それは」
「救世主が現れる前には、偽預言者が出てくると
聖書にありますよね。
あなたがその偽物じゃないという証拠はどこにありますか」
「わ、わたしはみんなによかれと……」
「残念、不正解です。方法論を再検討して、最初からやり直してください」
わたしはブチッとピンポンを切りました。

「なんだったんですか?」
メイドさんが不思議そうな顔してわたしを見つめたので、
わたしは返答しました。
「迷子だよ、迷子。
大人になっても、迷子になっちゃう人がいるんだよね。
自分が迷子になってる自覚がないから、困ったもんだよ」
わたしはキャラメルを食べながら、ダージリンを飲みました。
うん、うまい。

落ち込んでいるときは、あったかいお茶を飲んで、
おいしい物を食べるといいよ。
そうするとお腹があったまって、すこし頭が動くようになる。
頭が動くようになると、ちょっと違う物の見方ができるようになる。
だから、悩んでいるときは、心細いときは、一杯のお茶を。
わたしの経験談です。
強制じゃないよ。

こういう風に書くと、
わたしはアンチ・キリストかと思われるかもしれないが、
アンチ・キリストではありません。
教会には十年以上通ってたし、
聖書研究会にも三年以上通ったし、
子供のころは詩篇の名言を暗記したりもしました。
わたしは、ただ、神様でも、心のよりどころでも、なんでも、
「自分で」探すべきだと思ってるだけです。
他人が選んでくれた救いは、そのひとの救いじゃない。
自分で、納得して、考えて、悩んで、選ぶべきだと思います。
真剣なひとは、真剣に救いについて考えるべきです。
それは他人が「これだよ!」って言ってもダメ。

わたしにはオーナーはいますが、神様はいません。
わたしはたまに、オーナーのところへ行って、
季節の移り変わりを報告したり、
お願いをしたり、
お礼を言ったり、
不満を述べたりしてますが、
それはわたしには「オーナー」が必要だからです。
でも、ほかの人には違うものが必要かもしれないじゃんね。
どんなに自分の支えがいいものでも、
「コレだよ、コレ!」って他人に押し付けるのはよくない。
自分で見つけないとダメだよ。
別に、なくてもいいもんだしね。
欲しい人は勝手に、自分で探せばいいんです。
家族が心の支えだ、友達が支えだって人だってたくさんいる。
それでもいいと思う。
分厚い本から、心の支えを選ぶ必要はないよ。



そんな感じで、ホラ三割程度で、今日は終わり。
いやー、一年以内に迷子が二人も来るなんて、
ウチの近所には困ってる人が多いのかな?
ごく普通の日本なんだけどな。
常に愛と平和を胸に生きていきたいと思います。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2011年10月25日 (火)

その選択肢はなかったぁあぁああ!

季節が過ごしやすくなりました今日この頃、
みなさま いかがお過ごしでしょうか。
※すでに日本語が崩壊している。

わたしはと言えば、先週はタイ関係で
普段 絶対 縁がないような
とてつもない公的な機関に電話したり、
メールしたりしてましたが、
だいたい一段落つき、
改めて寝込んでおりました。
首がおかしいの。
首と肩がおかしくて、
回らないの。激痛が走るの……。
春~夏場は腹が痛くて泣きましたが、
夏~秋口は肩と首ですね。
で、冬になると、肋間神経痛が降臨します。
病人は年中無休です。
二十四時間営業です。
いえ、営業できないので、
二十四時間無営業です。
絶え間なく、病人ですね。

さらに、今週はまたジャンプにやられました。
心をイグナイトされました。
ほとばしる感動、うおおおお、大盛り上がり中。
え、意味がわからない?
わかるひとにはわかります。

あと、裸エプロン先輩。
「対立する二つの陣営があった場合」
「どちらも選べないときは」
「自分が第三勢力になって、
ぐッちゃぐっちゃにしてしまえばよい」
「動機はできるだけくだらない理由がよい」
さすが、さすが、わが師・裸エプロン先輩。
その選択肢はなかったぁああ!
両陣営を潰すために、第三陣営を作る、
その発想はなかったぁあああ!!
今後の人生のために、
(いざというときは)「第三勢力を作る」として
ポケットに入れておきます。
たぶん、確実に、一生使わない人生訓だけど。
感動したから、それでいいのさ。

あとはなんですかね、
近況と言えば、
わたしの妹らしき娘から手紙が来ましたよ。
「妹らしき」というのは、父が認知しているのかどうか
本当に血縁なのかどうか、
わたしにはわからないため、「らしき」ということです。
五ページくらいに渡ってびっしりいろいろ書かれていましたけど、
内容はざっくり言えば、こういうことでした。

即刻、屋敷・財産を明け渡して無一文で出て行け。

この選択肢はなかったなァ。
この発想はなかったわ。
妹だから財産分与を求めるとか、
ぜひ一度会いたいとか、
そういうことを想像してましたが、
そういうことがキャッキャウフフなお花畑に思えるくらい、
具体的で高飛車な要求ですね。
もちろん、応じるわけがないんですが、
そうなった場合が心配です。
つまり、「わたしが応じるわけがない」ということを前提に、
次の手をすでにむこうが打っている可能性がある。
ええええ、妹さんはそんな子じゃないよ、
きっと優しい女の子だよ、という方。
うちは祖父の代から男爵家なんですよ。
わたしと妹はホラ吹き男爵直系なんですよ。
ろくでなしに決まってるじゃないスか。
かく言うわたしも、もちろん、ろくでしなしです。

むこうは次はどんな手段をとってくるのかな。
やだなあ、骨肉の争い。
あ、そうだよ、こういうときこそ、
裸エプロン先輩直伝の
「第三勢力を作る」を実行してみればいいんだよ。
って、オレ自身が対立する陣営の片側だから、
不可能じゃんか!
あああああ、先輩、すみません、
わたしはまだまだ修行が足りない……。

そんな感じで、ちょっと先行き不安な感じで、
今日は終わり。
妹君は、つぎはどんな手段をとってくるんでしょうかね。
合法、非合法、いろいろ考えられるけど、
共通して断言できるのは、
「ろくでもないこと」に違いない、ということです。
本当にね、ウチのDNAは腐ってるからね……。



以上、ホラ四割くらいで。
今日のところは近況報告で終了。
またなにか進展があったら、アップしますね。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2011年10月17日 (月)

タイ・洪水救援募金先のまとめ。

みなさま

このたびはご協力ありがとうございます。
さまざまな方から義援金先について
情報をいただくことができました。
下記に本日10/17現在、黒羊男爵邸で把握している
義援金の募金先をまとめておきます。
よろしければ、ご利用くださいませ。
どの情報をご利用されるかは、
みなさま よくよくご検討ください。
(お金が絡むことですので、
 このブログのキーワードで検索・調査などしていただき、
 詳細をご自身でご納得いただいたほうがいいと思います)
まずはご納得いただき、それから
「動くこと」が大切だと存じます。

---

●日本国際ボランティアセンター様
幅広く「タイを援助する(農村系の活動)」です。
こちらへの募金詳細は下記になります。
活動内容については、ホームページをよくご確認ください。

http://www.ngo-jvc.net/jp/perticipate/fundraise/

※募金時に通信欄に「タイ」と明記すると、
 タイの活動へ割り振られるようです。

●タイ王国大使館様
現金書留で寄付金を送付します。
タイ政府による洪水支援に使われるとのことです。
「アユタヤの洪水支援に」とのレターを同封してください。

●タイ王国大阪総領事館様
現金書留で寄付金を送付します。
「義援金送付希望用紙」を同封の上、
「洪水被害への義援金」と明記してください。
詳細は、
「タイにおける洪水被害への義援金募集のお知らせ」を
グーグルにて検索してみてください。
(直接リンクは貼れませんので、お手数をおかけします)
「義援金送付希望用紙」が必要ですので、
こちらをお忘れなく、お願いいたします。

●AMDA様
特定非営利活動法人様です。
こちらは幅広く多国籍で活動されている団体ですが、
現在 タイ洪水緊急支援活動実施中です。
明日 詳細をブログにアップしてよいか
確認します。
取り急ぎ、名前だけアップしておきますので、
お気にかかられた方は、検索していただければ幸いです。
→→→10/18 確認を取ることができました。
    リンクOKのご許可をいただきましたので、
    下記に貼っておきます。
http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=185
現地状況もホームページに記載してくださっています。

●楽天銀行
楽天銀行は、被災者の方々に対する義援金受付口座を
開設されています。
「楽天銀行 タイ洪水の義援金について」を
グーグルにて検索してみてください。

●その他、募金先をまとめてくださっているブログ様

とても詳しく、いろいろな募金先を
まとめてくださっています。
http://thainaka.seesaa.net/article/229699713.html

ぜひご確認ください。

---

わたしは、寄付先はご自身が納得できるのであれば、
どこの団体様でもよいと思っております。
個人的には、
ペットボトルのきれいな水一本、
乾いたTシャツ一枚、
タイの方にさしあげたいと考えております。
大きなことはできませんが、
ホントに、瑣末な、些少な志になってしまうのですけれど、
タイの方に「ありがとうございます」と伝えたいです。
東日本大震災のとき、
タイの方は本当に日本のために、よくしてくださいました。
ありがとうございます。
日本は、日本人は、世界でひとりぼっちではないと伝えてくださって、
心強い応援をくださって、
本当にありがとうございます。

わたしも、今度はタイの方に伝えたいです。
わたしは、タイの味方です。
小さなことしかできませんが、
でも、タイの危機に「なにもしない」ということは
絶対にしません。
どうか、これからも、仲良くしてください。
仲良くしてくださったら、とても、嬉しく思います。



以上、三回続けてホラ抜きで!
この上なく真面目にお届けいたしました。

ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2011年10月13日 (木)

タイ・洪水救援援助はなかなか難しいようだ。

すみません、また寝込んでました。
薬酔いしてしまって、気持ち悪くて
吐きそう。

タイの洪水への義援金については
公的機関に問い合わせを行いました。
10/07現在 募金目的を「洪水救援」とした
公的募金は日本国内にないようです。
外務省の「ご意見・ご感想」のページも
見に行きましたが、タイ系のものはない。

幅広く「タイを援助する(農村系の活動)」という
NGOはあります。日本国際ボランティアセンター様です。
こちらへの募金詳細は下記になります。
活動内容については、ホームページをよくご確認ください。

http://www.ngo-jvc.net/jp/perticipate/fundraise/

※募金時に通信欄に「タイ」と明記すると、
 タイの活動へ割り振られるようです。

ベッドの上での執念深い調査の結果、
公的機関では、在タイ日本人会様が
現地で 募金を募っていらっしゃることが判明。
……現地か。
どうやって日本からコンタクトをとればいいのだ?
正直 もどかしい。
タイの人たちは、東日本大震災のときに、
日本をあんなに助けてくれたのに……。
こんなひどい洪水が起きているのに、
日本国内では直接的な救援はなにもできないなんて。
てか、まあ、寄付と言ってもたいした金額は
寄付できないけど……。
ぽーんと、百万くらい、現金書留で「洪水救援」として
大使館に送ることができれば、事態は変わるのかもしれないが、
そんなことはわたしにはできない。
でも、なにかしたかった。
きれいな水のペットボトル一本でいい、
乾いたTシャツ一枚でいい、
洪水で家を追われた方に届けたかった。

うぬぬぬぬ……。
あきらめきれない。
まだもうちょっと調べてみます。
本当に、なにもできんのか。
自分の非力さを確認するだけかもしれないけど、
でも、タイの人たちがくれたものは
とても大きなものだったと思うので、
あがけるだけ、あがいてみます。
もしかしたら、上記の在タイ日本人会様へ
日本国内から送金する方法があるかもしれない。

なにか進展・情報があったら、
またブログに載せます。



以上、ホラ抜きで。今日は真面目で。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

2011年10月 7日 (金)

タイが大変。自分になにができるか考えてみる。

ちょっと前のことになってしまうが、
タイが大変なことになっている。
(Y●hoo!で知った)
川が氾濫して洪水が起こっているらしい。
なにか、わたしにできることはないだろうか。

そもそも、なぜに経済的に非力なわたしが、
タイの危機に反応したのか、だが、
それは、東日本大震災のときに、
タイの人々がくれた「こころ」が、
とてもとても尊いと感じたからである。
震災のとき、タイの日々の糧にも事欠くような立場の人が、
顔も知らない日本の被災者のために、
進んで募金をしてくれた。
身を削って援助してくれた。
正直、わたしはそのありがたさに泣いた。
(※その日の日記:
http://blacksheep.txt-nifty.com/blog/2011/03/post-ebf0.html

このことから、わたしはタイが気になるようになり、
ニュースでなんとなく見るようになっていたのだが、
洪水が起きているとは。
これは大変である。
タイは日本を、被災者を助けてくれたのだ、
今度はそのタイの危機だ、
なんとかなにかできんものだろうか。

現在、自分に何ができるか、模索中。
いろいろ問い合わせたりしてる。
具体的になにかできることが見つかったら、
またブログにあげます。

自分が非力なのは、よく知っている。
お金持ちじゃないから、どーんと援助もできない。
有名でもないから、世界中に呼びかけたりもできない。
でも、「なにもしない」と「非力」はイコールではない。
ほんのちょっとでも、
あのとき、タイの人々がくれたものに対したら、
もう本当に、何千万分の一くらいの微々たることだが、
なにか、したい。
お礼の気持ちを伝えたい。
素直にそう思います。



今日はホラ抜きで。
珍しく、超珍しく、真面目に援助方法を調べてます。
ブログランキング参加中にて、
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »