« サバイバルレースとチキンレース。 | トップページ | ファンクラブに入るぜ。同じ馬鹿なら踊るぜ。 »

2011年6月24日 (金)

おれぁ、百姓だ。

先週、テレビで鉄●ダッシュを見てたら、
農業指導の三瓶明雄さんが田んぼに稲を植えながら、
(稲植えるスピードについての話の中で)
「おれぁ、百姓だ」と言っていた。(たしか。記憶では)

かっこよかった。
めちゃくちゃかっこよかった。
三瓶さんは原発の影響で避難せざるをえなくて、
たぶん自分の田んぼには触れることもできなくて、
番組内で農業研修として他の地方の田んぼへ行って、
地道に農業研究を続けているのだが、
そんな逆境で、それでも手早く稲を植えながら、笑って、
「おれぁ、百姓だ」
と語った。
しかも、他地方へ行く前に、自分で予習までしてた。
ヤバイ、まじヤバイ、男気に惚れる。
何十年もお百姓さんやってきて、いまでも現役の気持ちで、
原発のせいで後ろ向きになってしまいそうな状況下で、プライドもって、
それでいて自然体で、さらっと、
「おれぁ、百姓だ」って、かっこよすぎるでしょ!!
なにこの光り輝くプライド! 誇り! 百姓=誇り!
かっこよすぎる。 涙目。後光がまぶしくて涙目だよ。

日本てさ、政治とか経済とかいろいろ問題あるかもしれないけどさ、
上層部の人間が迷走してたりするかもしれないけどさ、
この狭い島国の中に、自分にプライド持って、
「おれぁ、●●だ」と言える人間がいるんですよ。
百姓でもいい、サラリーマンでもいい、自営業だっていい、
逆境下で、くじけないで前を見据えて、胸に誇りもって、
自分は~って言える人間がいるんですよ。
そんなひとがいるから、この国は沈まないでいられるんだな。

すげえ、本当にすげえひとだよ、三瓶さん。
惚れるね。ていうか、惚れた。
なんだろう、なんていうの、生き様(いきざま)? って、
性格や容姿とはまた別に惚れるポイントになるね。
もちろん、性格がすごくよかったり、
容姿がずば抜けていたりってのも、惚れる要素になると思うが、
何十年もそれ一筋で生きてきた人間が放つ光がある。
真摯に、それに打ちこんできた人間の光。
そりゃ専門馬鹿になったらダメだけど、
生き様って、やっぱり人間として表面に出てくるよ。
三十歳以上になったら、生き様も容姿・性格同様、
重要なポイントだと思います。
わたしも、誰かを惚れさせるような生き様を歩みたいと思った。
もちろん、「おれぁ、ホラ吹きだ」で。

あれ? 話の初めはすごくよかったのに、
こんなガッカリな結論に至ってしまって、残念。
まあ、いいんじゃないでしょうか。
三瓶さんはかっこいいってことで。
ホラ吹きだって、極めれば、かっこよくなるかもしれないよ?
極めすぎると、詐欺罪で警察に捕まるかもしれないけどな。
よい子に極上のホラを届ける。そんなホラ吹きになりたいです。



以上、ホラ三割くらいで。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« サバイバルレースとチキンレース。 | トップページ | ファンクラブに入るぜ。同じ馬鹿なら踊るぜ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/52029758

この記事へのトラックバック一覧です: おれぁ、百姓だ。:

« サバイバルレースとチキンレース。 | トップページ | ファンクラブに入るぜ。同じ馬鹿なら踊るぜ。 »