« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――タランと角の王 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――レッド・ドラゴン »

2011年2月 9日 (水)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――ヘタリア

以下、ネタバレを含むので、いやんな人はバックプリーズ。

今回は = ヘタリア で。


ついに取り上げちまった。オレの最終兵器。
映画も見に行きました。女子度の高さに仰天。
でも男子もいて安心。それにおもしろいから。
おもしろいから、いいのだ。

へたったストーリー紹介。
基本的に読みきりの話がいくつも載っている形式。
だから、ストーリー紹介はあまり意味がない。

ので、キャラクター紹介。
このマンガ、短編の話は違えど、
出てくる登場人物は共通です。
みんな「国」です。
そう、「国」を擬人化したキャラクターたちが
画面上を暴れまわるのだ。
古くはジョン・ブルとかありましたけど、
ヘタリアは今日の擬人化モノでは元祖かつ最高峰。
「日本」もいるよ。おとなしめな性格だけど、
いざというときは、ポスターソードで戦う日本男児。
ヘタリアの基本設定は連合国と枢軸なので、
日本はドイツ、イタリアと仲がいい。
「ヘタリア」というタイトルは「ヘタレ」+「イタリア」の意味で、
つまりメインはイタリアなのかなあ。
イタリアと愉快な仲間たちって感じだ。

わたしは、イギリスが大好きですね。
妖精が見えるっていうファンタジーにくわえて、
魔術を行うというオカルティック、
さらにもちろん飲み物は紅茶、
マーマイトは食事に欠かさないという
元ヤンで今紳士な国です。
眉毛がかわいい。
イギリスとアメリカがわいわいやってるのが、
ヒッジョーに楽しいですね。
イギリスはいまだに、アメリカの独立記念日付近になると
体調を崩すのだが、日常的にはまあ、犬猿の仲的な。
なんだろう、一時期は家族だったんだから、
根底には家族意識があるのかなと思うけど、
イギリスは素直じゃないので、ツンツンしてます。
アメリカはあまり物事を深く考えてないっぽいので、
ツンツンするイギリスをおちょくって笑ってます。
そんなイメージ。わたしの抱く、勝手なイメージです。

あとイギリスとフランスの関係もいいですね。
なにせ百年戦争を行った当事者たち。
取っ組み合いの喧嘩も辞さない。
でもフランスはかつて「イギリス領に入れてください」と
言ったことがあるらしい。
無理だろ、それは。いまわたしが考えても無理ですね。
でもフランス兄さんは愛の国なので、
いろいろ風紀的な問題を巻き起こします。
まあ、本人が楽しそうだから、いいんじゃないの。

そのほか、ロシアとか北欧とかトルコとか、
中国とか、いろんな国が出てきます。
みんなかわいいよ。
わたしはヘタリアは基本的に、
どの国も、その国の「プラス」面を見てくれていると思いますね。
マイナス面はあまり出てこない。
プラス面同士で、ギャグをやったり、
世界史でこんなことやってたんだ的な事件の紹介があったり、
とっても楽しいマンガだよ。
世界史好きにはたまらない。
スイスとリヒテンシュタインの関係とかいいね。
あとシーランド。驚異の最小国家。
このあたり、イギリスの子育てのダメさ加減がかわいいです。
イギリスって、いっぱい植民地持ってて、
アメリカだって育てたのに、なんで子育てが下手なんだろ。
そこがかわいい。
イギリスファンのわたしは、イギリスのCDも聞いている。
今度、また買う予定。
イギリス、いいよなあ。また行きたい。

ヘタリアを読んでいると、楽しく、いろいろな国の
「へぇぇ」「ほぉぉ」って情報がわかるよ。
知らないことを教えてくれるのが気持ちいい。
だって、せっかくこの星に何億人もいるんだからさ、
ちょっとはどんな国があるのか、知りたいじゃないですか。
じゃないですか。
その国の知らなかった顔を知るのは楽しいよ。
こういう国があるんだ、行ってみたいなあって思う。
いま行きたいのはイギリスとスウェーデン、
それからドイツかなあ。
ドイツのクリスマス市は有名だよね、行ってみたい。
スウェーデン(スーさん)は外見も内面も、
すごい好みのタイプなので、
どんな国だか、知りたいし、行ってみたい。
ヘタリアのスーさんは無表情で(でも内心はとても表情豊か)、
すっごく頼りになるけど、いざというときのアキラメのよさが異常。
どんな国なんだ、どんな人が住んでるんだ。
行ってみたい。
ヘタリアを読んでいると、いろいろなところへ旅に出たくなります。
まずは第一巻から。ためしに読んでみれば。
基本は四コマくらいの読みきりです。
たまに長いお話もある。
だいたいイタリアがなんかやらかしてますね。
かわいいですね。イタリア、なんか憎めないんだよなあ。

本物のイタリア人ってどういうタイプの人々なんだろう。
イタリア人の友達もほしいな。
いま、わたしは家に閉じこもってなかなか外に出られないから、
積極的に友達を増やせない。
(スカイプって手があるが、そういう友達じゃない)
黒羊男爵家では、いま、親友を募集中。
わたしの虚言癖についてこれて、
ユーモアのセンスがあって、
たいていのことは笑って許せて、
本とマンガが好きな人、国籍を問わず募集中。
って、これ、ほとんど恋人募集じゃない?
まぁ恋人も友人も、似たようなもんだよ。
要するに、気が合えばいいんだよ。
ただ、結婚するかしないかって違いでしょ。
あんまり違わないから、もうこれでいいわ。

てな感じで、なげやりな前向きな感じで、
今回は終わり。
ホラは五割くらいで。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――タランと角の王 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――レッド・ドラゴン »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50816620

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――ヘタリア:

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――タランと角の王 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――レッド・ドラゴン »