« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――優駿 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――車輪の下に »

2011年2月22日 (火)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――おそろしくて言えない

以下、ネタバレを含むので、いやんな人はバックプリーズ。

今回は = おそろしくて言えない で。
これがタイトルです。間違いありません。


初めて読んだとき、転がりました。
転がって笑いました。
おそろしい。

思い出によるストーリー紹介。
主人公・新名は実は霊媒体質。
鬼のようにたくさんの悪霊を背負って
毎日暮らしている。
もちろん、物凄い量の霊障に見舞われてる。
そこへ目をつけたのが、同じクラスの御堂。
実は、御堂は凄腕の拝み屋(?)で
新名の背負っているものがすべてわかる。
わかった上で、いやがらせをする。
名づけて「オカルティック・ハラスメント」という
新しいハラスメントだ。
霊の存在を否定する新名 VS 霊を全肯定する御堂の
戦いが始まった。
もうこうなったら、二人の戦いから目が離せない――って話。

笑います。
新名の不幸っぷりが悲しくて笑える。
自分がなまじ病気を背負ってるので、
完全に他人事とは思えない。
とにかく、新名は掃除機のように
行く先々で悪霊を収集して背負っていきます。
でも死にはしない。
それは背後霊のお母さんや犬が頑張ってるから。
そんな新名は、自分を不幸とは考えない。
ちょっと他人より運が悪いかもしれない。
でも、それを見たこともない
(いや、実は見てるんだが、霊だと気づいてない)
悪霊のせいにするのは、いやだ。
ここんところの新名は、すげえカッコイイですね。
本当にカッコイイ。
だって、人間ってちょっとツイテないと、
すぐになんでオレばっかりって考えるじゃないですか。
人身事故のせいで電車が一本遅れただけで、
今日はツイテねえなあと考えるじゃないですか。
けど、新名は違う。
悪霊のせいでかなり悲惨な目に遭ってますが、
でも、絶対にそれを誰かの、なにかのせいにしない。
自分の人生は自分が造るんだって思ってる。
当たり前だけど、ちゃんとそう考えることができるってのは、
すごいよ。
こんなカッコイイキャラクター、そうそういない。
わかりやすくカッコイイキャラなら、
そりゃマンガにはいっぱい出てきますよ。
ヒーロー系ならいっくらでもいますよ。
でも、自分を見舞う不幸にくじけない、地に足着いてるキャラって
どれくらいいますか。
ヒーロー系だって、「オレの運命だから」とか、
運命のせいにしたりしませんか。
新名はそんなことはしないんです。
ヒーローじゃない、普通の男子高校生だけど、
でも彼の精神はとても強くて正しい。
だからカッコイイ。
わたしにはそう思えました。

でもねー、そんな新名を苦しめまくるんですよ、
御堂が。
御堂は本当は、新名の悪霊を全部祓えるくらい
霊能力が高いんですが(宗教を作れという声があるくらい)
すべてわかってて、それでも新名へのいじわるを
欠かさない。この根性曲がり。ひねくれモノ。
大好きでしたね。ええ、大好きです。
カッコイイ新名も好きですが、
根性がひん曲がってる、「クククク」笑いの御堂も
大好きです。
要するに、愛情表現が屈折して複雑骨折してるんだよね。
御堂は、とにかく新名が霊の存在を認めるように、
ありとあらゆる手段で、霊の存在を訴えていきます。
新名は御堂のことを意地悪なヤなやつだなあと思いながら、
その意地悪をことごとくスルーして、
霊の存在を信じません。
なんだかんだ言って、御堂は新名が大好きなんでしょうね。

恐ろしいことに、新名は御堂の妹と恋愛関係になってしまいます。
そして、さらに恐ろしいことに、御堂は新名の妹(幼稚園児)に
目をつけて声をかけてきます。
二人はそれぞれの妹の彼氏になるのか。
このあたりは、もう、原作を読め! ですね。
いろいろと恐ろしい事態が平行して進行するんです、このマンガ。

やっぱり、病気がちなわたしにとって、
新名はヒーローですね。
霊のせいにするのはイヤだ、ってのは、
自分に置き換えたら、
病気のせいにするのはイヤだ、ってことになると思う。
たしかに寝込んだり、倒れたりしてるんだけど、
でも自分の人生を作るのは、病気じゃなくて、自分。
病気だけの・病気しかない人生になったりは、絶対しない。
これは自分だったら、ですよ。
わたしよりもっとシャレにならん病気と闘っている人は、
もちろん、病気のせいってアリだと思います。
ただ、自分は、笑える余裕があるうちは、
ホラにユーモアと夢が詰まってるうちは、
病気のせいにはしません。
笑います。だってコーヒーで倒れるんだぜ?
笑い事だろ。

大学生のときにリンゴ病になって、医者に笑われたことがある。
リンゴ病って小学生がなる病気なんだって。
成人がかかるのって本当に稀で珍しいらしい。
わたしは、どんだけ永遠の小学生なんですかって話。
わたしを診てる医者がもう、笑顔なんだもん。
横の看護婦も笑ってるんだよ。
こっちは身体だるいし、ほっぺも真っ赤だというのに。
でも、おかしいよね。笑うよね。
笑えるうちは大丈夫だよ。
笑えるうちは大丈夫。
仮に死んじゃたっとしても、笑ってればね。
やりたいように生きられたんじゃないの。
後悔はしないで生きられたんじゃないの。
そう思います。

「おそろしくて言えない」はなにをおそろしくて言えないのか、
それはラストで明らかになります。
具体的には、新名が「●●●だなんて、おそろしくて言えない」と
思うのです。
霊にもくじけない新名が、おそろしくて言えないものはなにか、
確認してみるといいでしょう。ニヤリとしますよ。
楽しいマンガです。

では今回はここらへんで。ホラは三割くらいかな。
メインどころはホラ吹いてないからね。
今日も体調は相変わらずですよ。腹が痛いですね。
体調は今日のいい天気と反比例してますよ。
お天気いいし、いい機会だから、
これから神頼みに行こうと思います。
いえ、神様信じてませんけど、「夢をかなえるゾウ」に
課題として、お参りに行く、ってのがあったので、実行しようかと。
なにをお願いするかはナイショ。
あ、身体のことではありません。そんなのは後回しです。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――優駿 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――車輪の下に »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50940446

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――おそろしくて言えない:

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――優駿 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――車輪の下に »