« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――月下の棋士 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――ヒカルの碁 »

2011年1月15日 (土)

この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――こころ

以下、ネタバレを含むので、いやんなひとはバックプリーズ。

今回は = こころ (夏目漱石様) で。

わたしは、おもしろければ、文学も読みます。
おもしろくなければ、マンガでも読まない。
そういうスタンス。
自分勝手・自分基準スタンスです。
基本、毎日、そんな感じ。

この本は、たしか高校生のときの厳酷、
間違い、現国の教科書に載っていたと思う。
全部じゃなくて、抜粋だったかな?
オチがわかる程度には載っていたはず。
ここでこのブログ、全部読んできた人は、
「あれ、男爵、スイスのお貴族の
一貫教育の学校に行ってなかったっけ?」
と疑問を抱くやも。
まあ、そんなコアなひとはいないと判断して、
続けると、わたしは帰国子女です。以上。
これでつじつまは合うわな。だいたい。
だいたい合ってれば、人生、ノー問題。

で、肝心の こころ の内容ですが。
基本的には、 貧しき人びと と同じ匂いがする。
つまり、「薄幸」の匂いがする。
どうなんですかね、そのへん、夏目様。
やっぱ考え抜かれて、こういう構成、
こういう内容にされたんですよね?
たぶん、夏目様にもいろいろ
考えることがあったんでしょうな。
ストーリー的には、
話中で現在の「上」「中」の物語があって、
最後に、過去の物語である「下」が続きます。
「上」「中」は、サスペンスの雰囲気が漂います。
何気ない日常なんだけど、
薄皮一枚下に地獄がありそうな。
なにか、とてつもない謎がありそうな。
その内容は、「下」で明かされます。
「下」は主人公・わたし宛の「先生」からの手紙という形式です。
この「先生」は、主人公・わたしがつけたあだ名です。
先生、と呼ばれたときに、この男はどんな気持ちがしたでしょう。
自分のことを、人殺しだと思っていた彼は。

先生は、手紙につづります。
自分は、かつて、友人と同じ女性に恋をして、
ある意味、ズルい方法で友人を出し抜き、婚約した。
それを知った友人は、先生を祝福した後、
自殺したのです。
その自殺現場を見た先生は、
自分のこれからの人生が
どうしようもなく呪われていること、
不幸で終わることを知ります。
愛していた女性と結ばれたにもかかわらず、
いや、結ばれたがゆえに、
自分は生涯、友人に許してもらえないだろう、
自分で自分を許せないだろう、と悟る。
先生は自分の過去を赤裸々に手紙に記し、
主人公・わたしに託して、自殺します。
友人の死から、かなりな年月が経っていました。
それでも、先生は、自分自身を許すことが
できなかったのです。
手紙の最後の一文で、先生は、
すべての秘密はあなただけに託したので、
妻には内緒にして欲しい、と付け加えます。
妻を傷つけたくはない。
先生は、奥さんを愛していました。
奥さんも先生を愛していました。
でも、幸せになることはできませんでした。
友人の死を、忘れることができなかったのです。

タイトル・ こころ はあえて平仮名にされたと思います。
(当たり前ですね)
漢字の「心」ではなく、仮名の「こころ」。
なんだか、仮名のほうが漢字のものよりも、
もろそうに見えませんか。
やわらかくて、もろくて、はかない。
でも人間が肉体の奥に持っているのは、
「心」ではなく、「こころ」なのかもしれません。
それが壊れてしまったら、
もう、幸せにはなれない。

わたしは、夏目様は彼の日常のどこから、
この物語を思いついたんだろうと不思議に思います。
それくらい、この物語は独立して、
浮遊しているように見える。
友人の自殺現場の描写など、
まるで見てきたかのように記されています。
物語の力がとても強い。
「本当にあったみたいなお話」なのです。
友人を出し抜いた先生のずるさも、
自殺を選ぶ友人の覚悟も、
すべて知らされてしまって呆然とするだろう「わたし」も、
みんな夏目漱石様の周りで実際に起きたんじゃなかろうかと
思ってしまうくらい、真実味があります。
だって、本当にありそうだから。
恋愛で友人を騙してしまう弱さも、
間接的にズルを強く責めることになる自殺を選ぶ覚悟も、
死ぬ前に、誰かに真実を話さずにはいられなかった弱さも。
全部、人間が持っているものじゃないですか。
全部、こころにしまってるものじゃないですか。
タイトルの こころ は、登場人物みなのこころでもありますが、
読み手のこころでもあると思います。
読み手が問われている。
あなたのこころにも、こういうものが、あるんじゃないですか。
あなたも、持っているでしょう?

わたしは、ここに、夏目漱石様を
偉大なるストーリーテラーとして、表彰いたします。
夏目様は立派なホラ吹きだった。
こんな、真実に迫る、真実よりも真実らしい虚構を描いた。
素晴らしい。
やっぱり、夏目様に捧げる祭壇を作らねばなりません。
夏目様に捧げる祭壇を作り、歌を歌い、褒め称えます。

今日はホラを入れる余裕がありませんでした。
あっても、1.5割くらい。
ブログの前半がちょっと適当でしたからね。
わたしの経歴のあたりとかね。
でもそんなもんですよ、だってホラブログなんだもん。
わたしは、つまらない現実より、おもしろい真実を取ります。
夢とロマン。ホラにはいっぱいつまってる。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――月下の棋士 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――ヒカルの碁 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50587805

この記事へのトラックバック一覧です: この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――こころ:

« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――月下の棋士 | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――ヒカルの碁 »