« もうスーパーはバレンタイン色。あせるわたし。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――フリスビーおばさんとニムの家ねずみ »

2011年1月20日 (木)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――とめはねっ! 鈴里高校書道部

以下、ネタバレを含むので、いやんなひとはバックプリーズ。

今日は = とめはねっ! 鈴里高校書道部 で。

新年になって、お小遣いが出たので、買いました。
予想通りおもしろい。
熱い書道&青春。うん? ちょっと違うかな?
「熱い」というほど、
主人公のテンションが高くないか?

まあまあ、以下、ストーリー紹介。
帰国子女の大江(男)は人付き合いがあまりうまくない。
いわゆる「帰国子女」っぽい輝きもあまりない。地味。
そんな彼が騙されて(?)、高校の書道部に入ることに。
個性的な先輩たち、
頼りになるんだかならんのだか微妙な顧問、
つんつんしているようで優しいようでもある同級生と
書道を始めることになった――って話。

大江が帰国子女で書道を一回もやったことないってのが、
ポイント。書道のイチからマンガでやってくれます。
読んでると、「へええええ」「ほおおお」って感じで、
知ってたはずの書道で知らなかった事実が頻出。
自分は日本人だけど、
あまり書道を知らないということが判明。
中国の書家の話もちょっと絡むので、
世界史好きには嬉しいエッセンスもある。
(漢字嫌いな人はダメかも……)

うん、あとは盆栽くらいだよね。
マンガになってない和風文系のものって。
囲碁、将棋、書道、カルタはもうマンガになった。
盆栽はまだマンガになっていない、よな?
(入門書的なマンガはもうある、らしい)
「これぞ文科系、クールで熱い!」ってマンガを
作るとしたら、盆栽か、華道か、茶道。
……地味な気がするのは気のせいか。
さすがに残ってるのは、
マンガとして盛り上げにくいな。
しいて言えば、華道は、流派の大会とかありそうだし、
画面栄えもしそうだから、
和風で次に誰かおもしろいマンガを描くとしたら、
題材は「華道」がいいんじゃないかと思います。
わたしはマンガが描けないので、思うだけです。
でも。 とめはねっ! くらい、おもしろく書けたら、
アニメ化も夢ではないよ。

マンガ描けるけど、話がかけないという人へ。
なんだったら、わたしが華道をテーマにマンガの原作書くよ。
(選択授業でジャパニーズ華道はやってたことがある。
 小原流だけど)
(見てきたようなホラ話なら書けるよ)
一緒に、 バクマン。 みたいにビッグヒットめざしませんか。
がんばればなんとかなるかも。
――いや、ならないって。そんなうまく簡単にならないって。
シュージンとサイコーですら、
三回も連載しててアニメ化できないのに、
そんな簡単に、華道のマンガでアニメ化までいけるわけが……。
うーん……。
やってみないとわからんね、これは。
可能性の問題だから。
でも少なくとも、わたし一人ではだめですね。
絵が描けないので。いや、絵なら描けるけど、マンガは描けない。
水彩画とかなら描けるよ、ってこと。
動きがあるマンガは描けないし、描いたことないしな。
無理だねえ。

とりあえず、黒羊男爵邸は、
これから華道のマンガを描くマンガ家様を応援します。
頑張れ。 ちはやふる のような、 とめはねっ! のような、
おもしろくてページめくるのが待ち遠しくなるマンガを
待ってます。
あれ、 とめはねっ! からずんぶん話が脱線しちゃったな。
まあ、いつものことですね。
むしろ脱線が本線ですからね。

今回はホラ四割で。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« もうスーパーはバレンタイン色。あせるわたし。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――フリスビーおばさんとニムの家ねずみ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50637100

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――とめはねっ! 鈴里高校書道部:

« もうスーパーはバレンタイン色。あせるわたし。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――フリスビーおばさんとニムの家ねずみ »