« メイドガイの件は記憶から強制消去することに。 | トップページ | おばあさまのために、ケーキを焼くはめになった。 »

2011年1月 6日 (木)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――バクマン。2

以下、ネタバレを含むので、いやんな人はバックプリーズ。

前回 = バクマン。 が異常にコンパクトになっていたのは、
体調が悪かったからです。(腹が痛かった)
なので、もう一回やります。
タイトルに「バクマン。2」とありますが、
そういうマンガがあるわけではない。
単純に二回目なんで、「2」です。
今度は長いです。
語ります。

ストーリー紹介は前回やったので、
かってな語りから始まります。

そもそも、「少年ジャンプ」で
「少年ジャンプのマンガ」をやるというのが、
もう盲点的ですごい発想。
わたしのあいまいな記憶によれば、
ONE PIECEの尾田様は
「ジャンプのマークって海賊なのに、海賊マンガ見たことないから」
っておっしゃられていた。気がする。
そんな記憶。
で、ジャンプで漫画家を常に募集してるのに、
ジャンプを舞台にした漫画家のマンガ見たことない、ってのが、
まずすごい。それに気づくのがすごい。
さらに、そこでジャンプの読者層をがっちりつかむ
キャラクター設定をするところがすごい。
これ、需要と供給がちゃんと計算されてるよね。
よくバクマン。 内で「天才型」と「計算型」の漫画家がいるって
出てきますが、
原作者の大場様はおそらく「計算型」。たぶん。
山場も意識して作られている。
だから唐突な展開はあまりない。
ちゃんと伏線があって、理由があって、話が回る。
(最近の平丸氏の活躍は、人気投票を反映しているのかな、
 と思いまするが)
このまま、サイコーとシュージンが「PCP」でどこまでいくのか、
果たして、サイコーの「アニメ化なったら結婚」がかなうのか、
注目ですね。
個人的には、「PCP」をやめるとき(おわるとき)が
次の山場かなと思います。
これって、きっとアニメ化前提の次作への伏線にもなるよね。
先の展開が楽しみです。

こんな感じで、前回+今回でだいたい一回分の分量になった、
バクマン。 でした。
ある意味、バクマン。 も邪道の漫画だよね。
別に戦うわけじゃないし、でっかい敵がいるわけでもない。
それでもおもしろいし、人気あるし、すごいと思う。
これが物語の力です。作者様(大場様、小畑様)の力量だよな。
ものすごくファンです。

以上、ホラ一割で。今回はホラ少なめで。
作者様をほめたたえる方向で。
すごいひとは素直にすごいと言おう。

お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« メイドガイの件は記憶から強制消去することに。 | トップページ | おばあさまのために、ケーキを焼くはめになった。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50513170

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――バクマン。2:

« メイドガイの件は記憶から強制消去することに。 | トップページ | おばあさまのために、ケーキを焼くはめになった。 »