« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――アルジャーノンに花束を | トップページ | 次は節分だけど、恵方巻、もう買った? »

2010年12月31日 (金)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――桃花流水

以下、ネタバレを含むので、いやんなひとはバックプリーズ。

今回は = 桃花流水(煌如星シリーズ) で。

本格チャイニーズ推理物シリーズです。少女漫画ですが、
男性だって十分に読める推理物です。
中途半端な推理物より、レベル高いです。

ストーリー紹介。
煌如星は超秀才で頭の切れる知事。
当時(清朝)の知事は、
警察も裁判も一手に引き受けていた。
彼は任地で遭遇する殺人事件を
鮮やかに解決していく――って話。
如星は美形で秀才。謹厳実直。
が、わたしが思うに、ちょっと性格が変(幼馴染に対する態度など)。
そのほころびが逆にいい味を出していると思う。
冷たくて、人間味がないキャラクターではなく、
時には殺人を犯さざるを得なかった犯人の心情に
共鳴しつつも、裁いていく。
読後感がいい推理物です。

このシリーズ、けっこうな冊数が出てますが、
事件のクオリティが落ちていないのは、
作者・藤田様の努力と才能ゆえと思いまする。
きっとすっごい量の時代考証と資料調査を行っている。
中国史が苦手な人は、このマンガのシリーズを
読んでみるといいのでは。
漢詩や、清朝に対する苦手意識が
薄らぐのではないかと思う。
絵もとてもきれいだしな。
内容、絵、ともにお勧めのマンガである。

世界史が苦手、というひとは、
マンガでいいから、どこか好きな国、好きな時代を
ひとつでも作ってみるといい。
少なくとも、そこだけは問題が解けるようになる。
そうするとたぶん、関連して前後の時代や
周辺の国の動きもとっつきやすくなるのではないか。
わたしは歴史に特に苦労はしなかったけれど、
苦手な子はもう本当に頭を抱えていたからな。
とにかく「覚えられん」と言っていた。
歴史物って、ひとによっては頭に入りづらいんだなあ。
おもしろいのになぁと思うのは、
つらくない人間側の一方的な意見で、
キライな人は
おもしろくもなんともないわ、単純につらいわ、って感じ。
だったら、まず入り口だけでもとっつきやすく。
マンガでいいのではないだろうか。

ちなみに、わたしがやっていた勉強法(?)は、とりあえず、
教科書に出てきた書物を本当に読んでみるってやつだった。
正直、お勧めしない。これは一般向きじゃないね。
実際に世界史に出てくるような本は中世くらいまで、
だいたい読んでる。西洋、東洋。日本もまあ、そこそこ。
だから、「イリアス」がなんで「イリアス」っていうか、
わかってるので、間違えたりしない。
「イリアス」は古典ギリシャ時代の叙事詩だが、
舞台はトロイの町。トロイの話なのに、
なんで「イリアス」っていうかというと、
トロイの町は別名「イリオン」とも言ったから。
こういうことを知ってると、間違えないよ。間違えようがない。
でも、この方法はあまり一般向きじゃないよな。
犠牲も多い。
つまり、歴史関連の本を読むあまり、
そのほかの教科はおろそかになる。
家庭科とか保健体育とかはもう、ボコボコである。
内職して本ばっかり読んでるんで、
授業なんて聞いてねえ。
いま思えば、かなりな犠牲を払っていた。
ていうか、もう趣味のレベルだよな。
「カンタベリー物語」を読んでる高校生なんて
滅多にいねえよ。
「ラーマーヤナ」にいたっては、
本が図書館に納入されて以来、借りたのはわたしだけだった。
こんなの、もう勉強法とはいえないかもな。
趣味だな。趣味だから、つらくなかっただけで、
歴史苦手な子には拷問のようなもんだよな。
苦手な子、頑張れ。苦しいと思うが、頑張れ。
ちなみにわたしは「頑張れ」という言葉が大嫌いである。
いかにも、上からの目線だ。
いかにも、他人事って感じ。
だから言い直して、「頑張れ」ではなく、「どうにかしろ」。
大丈夫、学校なんて普通は二十二、三歳で終わるから。
なんとかどうにか、つぎはぎでかまわない。最低ラインでいい。
乗り切れ。マンガ読んでもいい、音読してもいい、
なんとか乗り切れ。
そうしたら、大人になったら、勉強はしなくていいから。

つうか、大人になったら、別の勉強が必要になってくる。
(真面目に仕事する会社員をやろうとしたら)
時間管理術とか、マインドマップ的なものとか。
間違って出世なんかしちゃうと、
さらにマネジメントのための自己研鑽の勉強が必要になる。
ドラッガーみたいなものとか。
こっちはこっちで、苦手だとつらい。
いやもう、日本人は一生勉強ですわ。
あとはいかにして乗り切っていくかですわ。
わたしは、学生時代から、
はったりとホラでなんとかしている。
君なら、優秀だからなんでもできるよ、
事務でも営業でもできるよ、と言われたことがある。
人の目って意外と節穴よ? はったりとホラ、大事。
※ただ、そうやって買いかぶられた挙句、地獄を見たこともある。

では本日のお言葉はここまでで。
まあ、ホラ九割で。真実の一割は「本を読んでたよ」くらいで。
お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――アルジャーノンに花束を | トップページ | 次は節分だけど、恵方巻、もう買った? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50454956

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――桃花流水:

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――アルジャーノンに花束を | トップページ | 次は節分だけど、恵方巻、もう買った? »