« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――超クソゲー | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――七つの人形の恋物語 »

2010年12月 9日 (木)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――少年魔法士

以下、ネタバレを含むので、いやんな人はバックプリーズ。

今回は = 少年魔法士 で。
祝・連載再開!(ちょっと遅れてのお祝いだけど)


これで、 少年魔法士 をお勧めできるというものです。
連載が停止状態だと、お勧めしづらい……。
なぜなら、おもしろいマンガほど、待つ苦痛はつらいもの。
しかもそれが年単位での待機になると、
書店で、今月の発行予定・来月の発行予定表をチェックしては、
ああ、まだだめか、ああ、まだ出ないのか、と
年数×十二回の落胆の繰り返し。(いまはアマゾンでもチェックするが)
特にわたしは基本、コミック派なので、
コミックが出ない限り、現状がわからぬ。
だから、待ちの姿勢のまま
(株で言うところの塩漬け状態)に。
待っていました。待っていましたよ、一生懸命に!(涙)
でもすぐコミックでないから、状況がわからなーい!
レヴィはどうなったんだ(私的に最重要項目)、
人王はどうなったんだ(二番目に重要項目)
そうまでしてでも読みたいマンガ・ 少年魔法士。
ストーリーはこんな感じだ!

悪魔喰いの能力を持った少年カルノが
神霊眼を持つ少年イブキと知り合い、
人王と戦う話。

すげえ短くまとめてみた。
これだけ読んでもまったくわからん。
詳しく知りたい人は自分で探せ!
探す価値はあるお宝だ!

新書館はたまに奇跡を起こしてくれるので、
年単位の塩漬けマンガでも希望は捨てない。
グラマラス・ゴシップだろ、
原獣文書だろ、
アーシアンは決着ついたしな。
源氏は……あれは、さすがにもう無理だな(あきらめ)。
奇跡にも限度があるもんな。

少年魔法士 とおなじく、なるしま様の 原獣文書 も
超お勧めだ。おもしろい、
とにかく なるしま様のマンガは第一話のつかみがすごい。
もう一話目で引き込まれる。
稀代のストーリーテラーという称号は伊達ではない。

実はさっき、書斎のデスク前に座ろうとして、
産卵していた神に(←間違い。散乱していた紙に)
足を滑らせて、後頭部を後ろの壁に強打した。
頭が痛い。ひさびさに、たんこぶできるかも。
つーか、たんこぶできないほうが問題だよな。
今回以上に強打したこともあるが、
それでも大丈夫だったんで、たぶん大丈夫。
風邪はひいてるし、持病はあるし、
頭部は強打しているが、
それでもわたしはノー問題。
少年魔法士 がまた読めるんだぜ!
それを考えれば、人生には まったく問題はない。

以上、相変わらず、不親切でホラ的な内容で。
ホラはええとそうだな、今回は少ないよ。
たぶん一割くらいじゃないの(頭うってるんで自信ない)。

お気に召したら、下記をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――超クソゲー | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――七つの人形の恋物語 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50254771

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――少年魔法士:

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――超クソゲー | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――七つの人形の恋物語 »