« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――イリュージョン | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ »

2010年11月16日 (火)

殺意の瞬間。

今日もあのひとは、わたしの顔も見ずに家を出て行った。
朝の出勤前から夜の帰宅後まで、まったくわたしを見ようとしない。
最初はこんなじゃなかった。
調子がいいか、大丈夫かと細やかに声をかけてくれ、
気遣ってくれた。
それが今では、埃をかぶった関係。
いつからこんな状態になってしまったのだろうか。
わたしがこの家に来てからどれくらい経ってから、
こんなふうになってしまったのだろう。
わたしが、悪かったのだろうか。
これでも精一杯、できることはやってきたつもりだったのに。
それは独りよがりに過ぎなかったということだろうか。
あのひとは、もうこちらを見ない。
たぶん、二度とかえりみない。
ならば、いっそ、必ず視界に入るように、
棚に指をのばしたところでこの棘を突き刺して――。



以上、飼い主に放置されているサボテンの心境をお届けしました。
サボテンって必ず花が咲くらしいよ(咲かない種類がない)。
こういうホラはいいね、書きやすいぞ。

お気に召したら、下をクリック。

にほんブログ村 その他日記ブログ たわごとへ
にほんブログ村

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――イリュージョン | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新着から飛んできました。

騙されました…笑
 
てっきり中年夫婦かと!笑

コメントありがとうございます。
いや、なんというか、絶妙な切れ方で新着に載ってましたね。
まさかあんな風になるとは(火サス的になってた)
今後もここでホラ吹いてピーヒャラしてるので、
また遊びに来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50047215

この記事へのトラックバック一覧です: 殺意の瞬間。:

« この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――イリュージョン | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ »