« 異常気象の影響で。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――容疑者Xの献身 »

2010年11月13日 (土)

このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――カプセル・ヨードチンキ

以下、ネタバレを含むのでいやんなひとはバックプリーズ。

今回のこのマンガがおもしろい=カプセル・ヨードチンキ。


※2014年5月25日 遅まきながら、新装版にAmazon画像を張り替えました。
 信者のオレは旧版もめでていますが、新装版もお買い得だよ!

え、そんなマンガ、聞いたことないよ? という人が世界の99%。
もう絶版になってると思われるSF物(?)だが、
 →絶版にはならなかった。新装版が出た。神はいる。
SFマンガが好きでこれを読んでいないひとは
人生で損をしていると勝手にイエロー判定するくらい、おもしろい。
斬新な設定、緻密な伏線、イカす登場人物。
出版当時は「ネットワーク」、「ハッキング」なんて単語は
ほとんど一般人は知らなかった。それがこのマンガには出ている。
初版なんて1995年だ。(もちろん初版を持っている)
とても十五年以上前に描かれたマンガとは思えない。
2010年現在、読んでもおもしろい。
わたしは熱狂的信者なので、作者・石原様の作品はBL含めて
ほぼすべてコンプリートしてるが、
ぶっちぎりでカプセル・ヨードチンキを推す。
モズ最高、カラス大好き。でも一番クるのは克郎。
ウィザード最高!!  ダイブとかすげえ。
こういう男になりたいです。なりません。
続き描いてくれないかなーと思うマンガ・No1。
ちなみにNo3は「少年魔法士」。

ザックリしたストーリー紹介。
毎日がつまらない少年・克郎。
彼は人工子宮で育てられた天才だった。
同じく人工子宮で育ったシーナと一緒に、
ある会社の機密情報を盗むことにする。
ハッキングのエキスパートである克郎は
実行部隊である少年・モズやカラスたちに指示を出し、
見事、電脳の要塞と言われたビルを攻略、機密情報を奪取する。
実は、その会社は克郎の父が経営しており、
克郎は父の保護下から離れるために、
機密情報を手に入れたのだった。
こうして、人工子宮生まれの少年たちは
未来の電脳都市・トーキョーで生きていく――って話。
あくまでもざっくりした紹介ですよ、これは。
実際にはビルを攻略するときのパスワード解読や
監視カメラの映像をハッキングですりかえたりと、
ばんばんウルテク(ウルトラテクニック)が出ます。
手に汗握ること間違いなし。

カプセル・ヨードチンキが出たころ、わたしの将来の夢は「学者」だった。
その前は「魔法使い」だった。
そして現在は、「貴族」(男爵)。
ランクダウンしたかランクアップしたのかは、微妙なところ。
現代日本で貴族がどうやって生活しているのかは、秘密。
ヒントは「日本って豊かな国だよね、特にホテルのゴミ箱。」
さあ、考えてみよう。

以上、いま思いついた半分ホラ。真実もじゃっかん混じってる。

お気に召したら、下をクリック。

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村

« 異常気象の影響で。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――容疑者Xの献身 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50019205

この記事へのトラックバック一覧です: このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――カプセル・ヨードチンキ:

« 異常気象の影響で。 | トップページ | この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――容疑者Xの献身 »