« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒執事 »

2010年11月18日 (木)

この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――女二人のニューギニア

以下、ネタバレを含むので、いやんなひとはバックプリーズ。

今回は =女二人のニューギニア である。

たぶんけっこう有名な本。
他人にお勧めは、って訊かれると勧める本・二冊目。
この本は、秘境冒険小説である。わけはなく、旅行記(?)だ。
作者が友達の人類学者に「今度機会があったら、遊びに来れば」と誘われ、
「じゃあ、行こうかな」といってたどり着いたのが、
ニューギニアのもんのすごい山奥。
飛行場から山をいくつも踏破しなければならないような秘境だった。
もちろん、そんなの作者の想定外。
その人類学者のフィールドは、とにかく、絵に描いたような、
日本人がアニメとかで想像するような秘境。緑・ジャングルしかない。
インディ・ジョーンズがいそう。
そんな場所で人類学者は女ひとりで(!)現地民族とコンタクトをとり、
地道に調査を進めていくのだ。
こういう人がいてくれるから、人類の進歩ってあるんだ、と思うぜ。
利便性とか、報酬とか、そんなの度外視して、未知なるものに挑んでる。
ただ、そういう場所に気楽に「遊びにおいでよ」なんて言うのはどうかな……。
あまりにも軽い誘いだったから、作者も行っちまったわけだし。
どうも人類学者のほうは「秘境」という認識をあんまりしてないっぽい。
ものすごい環境への普通人の作者の絶叫を、
「あれまあ」みたいな感じで流しとる。
とにかく、普通人の秘境への反応が、腹が痛くなるほど笑えておもしろい。
日本の常識がことごとく瓦解する環境なので、
作者の足は「壊れて」しまう。というか、足以外のすべても壊れてしまう。
さあ、こうなるといったいどうやって日本へ帰国するのか。
もうあんな山を越えることは無理。
オチとしてはきれいにオチているので、作者はちゃんと日本へは帰国します。
(帰国できなかったら、この本、出版されてねえ)
帰国どころか、後日、日本で帰国してきたあの友人の人類学者に会い、
人類学者が「日本はやだよー、ニューギニアがいいわー」という言葉に
半笑い。心情的には「二度と行かない」だよな。

この本を読んで、「快適」が一番好きな言葉であるわたしは、
絶対にジャングルには行かないと決意。
まあ、行きたくない場所はジャングル以外にもたくさんあるけどな。
深海だろ、北極だろ、南極だろ、
暑い国だろ(暑いの駄目)、
寒い国だろ(寒いのも嫌い)……。
だが、こうやって考えていくと、実は行動範囲がとても狭められて、
たぶん視野も狭くなって、日本から絶対出ないみたいに
なってしまうんじゃなかろうか。
もしかしたら、たまには冒険したほうが、
いろいろな事柄を理解できるようになるのかもしれない。

そういや、最近、冒険してないな。
最後に冒険したのは、竜を探しに行ったのが冒険かなあ。
いや、死ぬ前にドラゴン見ておこうと思って。
やっぱゲームのラスボスだし。
日本各地に竜の伝承はあるけど、
日本の竜は=自然の精霊みたいなところがある。
人質のお姫様とって、騎士と対戦したりしねえからな。
日本風の竜にはなかなか会えないらしい。
で、西洋風の人質を取るタイプの竜に会ってきた。
やっぱり騎士に刺し殺されてたぞ。
思ったよりデカかったし、あ、これ竜イケるんじゃね? と思ったけど、
あえなく撃沈。竜って弱いのかな。ちょっとがっかりだな。
ちなみに、竜に会ったのは千葉にあるのに
名前は東京とつく夢の国のお城の中だった。
本当に本物の西洋風の竜って、イギリスで聖ジョージが殺しちゃったのが、
最後の一頭だったんだって。
人間が乱獲するから、絶滅しちゃったんだね。

日本風の竜はまだいるみたいだけど、
深山幽谷に隠れ住んでるみたいなんで、なかなか会えない。
地脈が読めれば、竜に会えることもあるみたいだから、
そっちから勉強することにした。
まだまだ勉強中。

以上、まあ、半分ホラですな。

お気に召したら、下記をクリック

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒執事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568051/50063509

この記事へのトラックバック一覧です: この本がおもしろい。わたしが勝手に思うに。――女二人のニューギニア:

« このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――っポイ! と シグルイ | トップページ | このマンガがおもしろい。わたしが勝手に思うに。――黒執事 »